【アナル】肛門科の看護師の彼女のとんでもない性癖・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】お嬢様で可愛らしい見た目とのギャップが凄かった・・・

投稿者男性はコンパで知り合ったお嬢様系の彼女と付き合うことに。看護師の彼女は意外にも肛門科に勤めていた。なぜだろうとは思っていたが、しばらくして彼女の変態的な性癖が明らかになる・・・。

peniban

半年前に合コンがあって、友人に呼び出されて僕はその合コンに参加しました。

25歳、ごく普通の会社員をやっています。
幸いにして僕は両親からもらった外見がある程度整っているので、恋愛でさほど苦労せずに人生を過ごしてきました。
自慢っぽくなってごめんなさい。

四対四の合コンで、友人Aと女の子の参加者Bさんが同じ会社の同僚で、お互い友達を集めて、名目上は「食事会」として、その会ははじまりました。

相手の中に、「美優」という子がいました。
美優は二歳年下の、背が低くてやわらかい雰囲気の女の子、外見は可愛らしいお嬢様系の服装です、年齢より幼く見えます(大学生、下手すれば高校生に見えます)。

でも適度にカジュアルで、近寄りがたいという雰囲気ではなく、派手な感じではなく、かわいらしい、育ちがいいんだろうなと思わせるような女の子で、合コンに参加した瞬間から彼女のことが気になって、合コンの終わり際にラインを聞いて、それから少しずつ仲良くなって付き合うことが出来ました。

彼女の職業は看護士で、なぜか肛門科でした。
若い、美優みたいな女の子が肛門科なんて大変だろうな、なんてことを思っていたのですが。
美優は、「男の人のお尻の穴が好き」という変わったフェチの持ち主でした。

最初はそれを知らず、美優と付き合い始めてから、普通にエッチをしていました。
しかし、ある時、美優はフェラをしてくれている時になぜか僕のお尻の穴をさわって、
「ここ、ユウ(僕の事)も気持ちいい?」
と、お尻の穴をいじり始めて。

「じゃあ、ユウが気持ちよくなれるように、ここ舐めてあげるね?」
と言って、フェラや手コキの最中にお尻の穴を舐めるようになりました。

マニアックなプレイですが、美優みたいなかわいい女の子に舐められて、嬉しくないはずがありません。
でも、少しずつプレイはエスカレートして、美優は僕のお尻の穴に舌を突っ込んだり、指を少しずつ入れてこようとしたり。

僕もその行為に興奮してしまって、美優にされるがままで。
気付いたら完全に調教されていました。

今はエッチのときは、セックスも何もせずに、お尻の穴だけをいじられるということも少なくありません。
いや、最近ではもうお尻の穴をいじられることがメインです。

美優がいたずらっぽく笑って、僕のお尻の穴を舐めた後、指を入れてぐちゃぐちゃってお尻の穴をかき回します。
「ユウ、気持ちいーい?」

お尻の穴をなめられたり、指を入れられながら、甘い、かわいらしい声で聞かれて興奮して、僕は美優に気持ちいいことを告げます、そうすると美優のSの部分が刺激されるみたいで、
「気持ちいい? じゃあ、『美優様、もっと僕のケツマンコいじって、気持ちよくして下さい』って言って」
と命令されて、僕は美優の望むままの言葉を言いました。

美優は、
「よくできました~、じゃあ、お望み通り、ケツマンコたくさん気持ちよくしてあげるね?」
と心から嬉しそうな表情になって、指につばを垂らして。

ずぶっと、二本を一度に僕のアナルへと突っ込んで、乱暴にアナルをかき回され、前立腺を刺激されます。
頭が狂いそうなくらい、痛くて、気持ちよくて、恥ずかしくて。

ペニスはさわられてもいないのに、ぎんぎんに勃起してしまっています。

「ユウ、女の子みたい♪」
「お尻の穴しかいじられてないのに、そんなに勃起して恥ずかしくないの?」
「びくんびくんしてるね♪ このまま、お尻の穴だけでイかせてあげるね?」

言葉責めと同時に、乱暴にアナルをいじられて、僕はイきました。
アナルしかいじられてないのに、すごく濃いザーメンを出してしまって恥ずかしくて死にそうです。

でも、彼女はそんな僕を褒めてくれます。
「よく出来たね……射精できたご褒美に、お尻にたくさんキスしてあげる♪」

心から褒めてくれて、やわらかい唇で僕のお尻にキスしてくれます。
お尻の肉の部分だけでなく、彼女の唇はアナルも容赦なく舐めて、お尻の穴に舌を突っ込んできます。

お嬢様で可愛い雰囲気の美優からそんな攻めをされて、僕は射精した後も性欲が止まりません。

もちろん、そんな風に調教されているんですから、時折、僕のお尻やアナルは痛んでしまいます。
しかし、さすが肛門科だけあってか、市販のものでもよく効く薬、痛みを和らげるクスリを知っていて、すぐに僕のお尻の穴を治療してくれます。

その治療する時も、尻肉にキスしてもらいながら、ゆっくりと、エッチにお尻やお尻の穴の周辺をさわられて、ぎんぎんに勃起してしまいます。

そんな僕をからかうように、美優は、
「お薬塗ってるのに、ユウはなんで勃起してるのかな~」
と、いたずらっぽく囁きながら塗られて興奮して。
お尻の穴をいじってくれとお願いしてしまいそうになります。

その行為は、最近ではどんどんどんどん、本気でエスカレートしてきました。
ペニスには触れられず、お尻の穴をいじられてぎんぎんに勃起させられた後、美優がスマホを手に取って、僕にある画面を見せました。

「ほら、見て、これでユウのお尻の穴、いじめてあげようか?」
スマホの画面にはアダルトグッズの通販サイトと、ペニスバンドの画像が載っていました。
くらくらとしました。

美優がペニスバンドを装着して、僕のアナルをえぐる光景を想像してしまったからです。
想像して、ついお尻をきゅって締め付けてしまうと、美優の指にダイレクトにその締め付けが伝わってしまって。

「あはっ、ユウのケツマンコ、ヒクヒクしてるね? そんなにわたしにユウのお尻のバージン、もらって欲しいんだぁ?」

耳元で囁かれる美優の声に、僕は興奮してしまってガマンができなくなって、射精してしまいました。
今はもう、お尻の穴だけで簡単にイってしまうくらい、僕の身体は調教されています。

きっと、ペニスバンドを装着した美優にアナルをえぐられると、またみっともなくイってしまうことでしょう。
でも、残念ながら僕はその光景を想像して、興奮してしまっています。

そして今日、そのペニスバンドが美優の手元に届くようです。
さっきラインが入ってきて、
「届いたよ~、今日はユウのお尻の穴、たくさんいじめてあげるね?」
と入ってきました。

美優と付き合ううちに、僕は変態になってしまっています。
今から美優にお尻の穴を貫かれることを想像して、勃起が止まりません。

僕の初体験は、またこのサイトに投稿させていただこうと思います。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
Mじゃないのに、何このちょっとやられてみたい感じ・・・。

コメントを書く