【愕然】高校の時、レズの先輩に無理やり体を愛撫され続けた結果・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】女子校にはレズビアンが多いと聞いていたが・・・

投稿者女性が女子校に通っていた時、所属していた吹奏楽部にやたらとボディタッチの多い先輩がいた。少し警戒していたのだが、同じパートだったので、ある時、二人で残って練習することになってしまう。帰ろうとしたとき、先輩に「彼氏はいるの?」と質問され、つい正直に「いない」と答えてしまう・・・。

les

私が女子校に通っていた時の話です。

女子校にレズが多いと言うのは聞いていたのですがまさか自分がその餌食になるとは思ってもいませんでした。

私は吹奏楽部に所属していたのですがその際二つ上のお姉さまに食べられちゃったのです。
お姉さまはそこまで美人というわけでもないし演奏が物凄くできるわけというわけでもなく至って目立たない存在でした。

ところが同じパートだったということもあり一緒にいる時間が長かったのです。
最初はなんとなくタッチが多いなと思っていたのですが、周りからも
「桜先輩って理依奈に対してボディタッチ多くない狙われてんじゃないの?」
と同級生に言われてしまいました。

それ以降なんとなく警戒してしまうようになりました。
ある時私達のパートだけ遅くなった時がありました。

そんな時私は桜先輩に「ちょっと合わせよう」と言われ二人きりで残ることになりました。
大丈夫かなと不安だったのですが一時間ほどは真面目に練習していました。

さて帰ろうかと思ったくらいのことです。

「理依奈は彼氏いるの?」
桜先輩のいきなりの問いかけにいないと答えてしまったのです。

いないと知った桜先輩は隣に座り手を握ってきていきなりキスしてきました。
突き放すことも声を上げることもできずなされるがままです。
一度痴漢にあったことがあるのですがその時と全く同じ状況でした。

「怖がらなくていいよ。気持ちよくしてあげるから」

そう言って先輩は舌を絡めてきます。
気持ちよさはなくただ怯えていたように思います。
目を必死につぶって早く終われと思っていたのですが先輩の攻撃は酷くなる一方です。
私の前に座り太ももを舐めてきたのです。

「理依奈のここおいしい」
そういって太ももを何往復も舐め始めました。
くすぐったいのと変な感じなのとで「んっ」という声を出してしまったのですがそれが喘ぎ声と感じられてしまったようです。

「理依奈はここが感じるんだね」
そういってさらに太ももを舐め続け付け根の方まで舐めてきました。
そして下着越しにあそこまで舐めてきました。

濡れてはいなかったのに
「こんなに濡らして悪い子。そんなに気持ちよかったんだね」
と言ってまたキスをしてきました。

ここまでくるともうどうでもいいやと言う気分にしかならずただ早く終わってくれることを祈っていました。
しかし耳を舐められながらクリをいじられた瞬間物凄い衝撃が走り
「あっんっやばいです」
と喘いでしまったのです。

桜先輩は嬉しそうに
「そう、これが感じるのね」
と満面の笑みを浮かべながら呟き私を抱き寄せるようにし、クリを爪でカリカリいじってきました。

認めたくなかったけどかなり気持ちよく腰がガクガクしてきました。

「やめちゃやだって言ってごらん」
「桜先輩、やめないでください」
「そんなに気持ちいいんだ」
「凄い気持ちいです。おかしくなっちゃいます」

「毎日してほしい?」
「毎日してください。理依奈のこと毎日犯してください」
「私のこと好き?」
「桜先輩のこと大好きです」

「彼女にしてくださいって言ってごらん」
「桜先輩、彼女にしてください!毎日可愛がってください」

やがて先輩の指が中に入り気持ちよさの絶頂を迎えました。
出し入れが早くなり声を我慢するのでやっとです。

「だめ、先輩、いっちゃう、いっちゃうの」
「まだだめ。理依奈の可愛い声もっと聞かせて」
「桜先輩、気持ちいいの、大好き!」

そういった瞬間自分でも驚くほどの潮を吹いてしまいました。
オナニーでも味わったことのない快感でした。

「気持ちよかった?」
私は頷くことしかできず恥ずかしさのあまり桜先輩にくっついてしまいました。

「いい子ね。これからお姉様と呼びなさい」
それからしばらく付き合ったもののお互い浮気を重ね自然消滅しました。

私はそこで女を覚えたのですが二年後に彼が出来てようやくその道から足を洗うことができました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
極道かよw

コメントを書く