【大惨事】処女喪失したばかりの熟女マンコ(43)をクンニしまくった結果・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】セックス初心者の43歳の暴走が止まらない・・・

投稿者男性は31歳のガソスタ店員。お客さんの元ヤンキャリアウーマンの紹介で知り合った、43歳にして処女だった百合枝さんとセフレになったその後のお話・・・。

jimikyonyu

2016年10月27日に投稿させていただきました『【驚愕体験】43年間未使用だった美熟女処女マンコに挿入した結果・・・・・・・・・・・・』の続きです。

元ヤンで大手建設資材会社のキャリアウーマン・石関園子次長の勧めで彼女の部下の43歳になって初めて一回り年下の俺に処女を捧げたお局様OLの五十嵐百合枝さんともセフレになり週3~4回、内訳1セット4~8回のセックスを楽しむようになった。

魅力は正直、彼女の成熟したナイスバディとエキサイティングにそそる剛毛とくさマンなんだが、セックスをするうちに俺は次第に彼女に人に見せない気丈さを覚えるようになった。

地味な彼女はそういったしたたかさを秘めたキャラで、それがセックスにも生かされているのだなとつくづく思った。

ある晩、エアロビクスを終えた百合枝さんにお相手を頼まれて彼女のマンションへ行き、そのまま買ってきたお酒で乾杯した。

飲みながら仕事上の愚痴やその他たわいもない話の中で俺は改めて処女喪失の感想を聞いてみると、
「痛かったけど、普通に考えれば全うに家族を作るためには乗り越えなきゃならない試練なんだよね…?」
と一般論を述べたかと思ったら、
「遊びで考えれば快楽のコミュニケーションだよね♪ただ、思いやりは大事だと思ったね…。さしずめ男女の無い物ねだりを満たすゲームかも知れないよ。」
と何かおっさん臭く淡々と悟るように語る彼女も滑稽には見えたが、やはり「年の功」だなと思った。

すると彼女は突然、電気ポットのコンセントを外して俺に見せて「(セックスって)これだよね!?」と微笑みながら問いかけた。

俺も「なるほど!!そりゃ上手い例えだねぇ(笑)」と頷いた。

「でも、嬉しかった!!あたしはホントに男に向かって気持ちを伝えること、全然できなくて、ましてエッチをお願いするなんて…。」
と再度その悦びを表した。

「俺も偉い事は言えないけど、要はタイミングでしょう…。後は決断。ユリさんはそれだけ堅実でコツコツと物事を進める生真面目さがあなたの良いところなんですよ!!まあ、普通遊びじゃなかなか踏み込めないからね、セックスばかりは…。」
と何だかしっくりこないかも知れない俺の回答に百合枝さんはウズウズしていたのか、
「堅い話は抜きにして、お風呂!!お風呂!!」と誘った。

百合枝さんのプリンプリンしたちょっと安産型の豊満な肉付きの良い女体がさらけ出されて、興奮モードの俺も直ぐに真っ裸になる。

いきなり彼女はクンニをリクエストする。

「優しく激しくね!!」と無理な注文だが、ようやっと処女を捨てたばかりの百合枝さんの天然の剛毛が黒々と生い茂ったまんこは「そそる磯臭さ」を持ったくさマンである。

園子次長のマン臭もけっこうな珍味の匂いだがそれよりは遥かにキツく匂う。

おまけに彼女はエアロビで汗をかいた後…。

海草と魚介類の入り交じった激烈な匂いが彼女ならではのセックスシグナルなのだ!!

ざらざらした剛毛な陰毛と濡れかかった彼女の陰部をこれまた粗めの俺の舌で掻き回す。

この磯臭さは何か酒の後には良いかもと思う。

彼女の膣内にはネットリとした粘着質のある精液が込み上げていて時折陰毛を伝って垂れ落ちる光景もイイ!!

「好きでしょ?年増女の臭~いまんこ…。」

彼女の口からこういった卑猥な言葉が出たのは初めてで、俺は「うん!!最高にgooだよ(^o^)v」と絶賛した。

濡れれば濡れるほどマン臭が強まっていく。

百合枝さんはとにかくクンニがお気に入りのようだ。

それから、俺の唾液と彼女の精液で汚れきった臭マンを徹底的にクリーニング!!

俺も丹精込めてしっかりとクリトリスを刺激するように擦っているうちに百合枝さんも気持ちよくなったのか突然おしっこを漏らした。

まるで鯨の噴水のような刺激的な熟女の放尿姿!!

百合枝さんも前回とはうってかわって開き直ってか、堂々と恥じらうこともなく小悪魔っぽくゲラゲラ大爆笑しながら放尿し続ける。

こうして平然と放尿できるってことはもはや信頼している証拠だ。

意地悪そうな顔をして「舐めて~。」と彼女のリクエストでおしっこまみれの剛毛まんこを再び舐めたが、園子次長のそれよりは遥かに塩辛い。

風呂から上がってベッドイン。

この年齢で男の身体をろくに経験していない熟女にはもったいないくらいの彼女のロケット豊乳を愛撫して揉むことからスタート!!

スライムのように流動的で柔らかい乳房だがちょうどいいサイズの乳首の感触はコリコリしているのがこれまたイイのだ。

ギャーギャー喚いていた前回よりはだいぶ落ち着いており、吐息も喘ぎ声も低くなっており、やっぱり年相応の大人の女性を見せていたのも彼女のプライドなんだろうかと思った。

「噛みつくように舐めて。」と願う彼女に俺もエンジン全開でむしゃぶりつき、彼女は渾々と濡れて激しく部屋をマン臭で充満させる。

ストレートな正常位の好きな彼女にいよいよ挿入。

彼女の名器は俺の巨根をキャッチしてまだまだ不器用ながら無意識のうちに締め付けた。

亀頭はまだGスポには到達していないのに…。

ちょっと横着したのか俺はそのまま強引に巨根を押し込むと彼女は痛いのだろう、絶叫した。

「ごめん!!」とすかさず謝って抜こうとすると「いいの!!続けて…。激しく続けて!!」と流す。

お言葉に甘えてさらに続けようとすると彼女もわかったのか反射的に膣圧を弛めて俺の肉棒を通りやすくしてくれた。

到達したのか彼女の喘ぎもいよいよ本気モード!!

ハイエナのような低い声を上げる百合枝さん。

息を殺すように痩せ我慢気味だった彼女も次第に耐えられなくなったのか最終的には爆発するように吠えた。

「ウア~ッ!!アアア~!!」

ピシッと俺の肉棒を固定したまま仰け反り返った。

聞いたところによると、これが彼女にとって初めて「マジでイッた瞬間」だそうだ。

感激した俺は彼女を優しく抱き締めてキスをして甘いラブラブモード。

百合枝さんは明らかに園子次長よりは「クールなセックスフォーム」でやはりこれも「年の功」だな。

この夜は計8回と捗り、ラスト1回は彼女にふざけてがぶりと肉棒を噛まれてしまい、笑われながらの痛い幕引きとなったが、彼女の成長ぶりが見られたこととそそるマン臭を今一度堪能できて大満足であった。

紹介してくれた園子次長にも改めて心から感謝だ!!

 

管理人の戯言(´・ω・`)
潮吹きじゃなくて放尿なんだね・・・。

コメントを書く