出会い系サイトでゲットした処女がとんでもないメンヘラ女だった・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】因果応報・・・

まだ出会い系サイトが出始めた頃のこと、投稿者男性はメル友を探している女性をカモにして女性をハンティングしていた。そしてとある女性と会うことに成功。その後、その女性が闇を抱えた処女だということが分かった。あくまで紳士的にふるまっていたのだが、心の中は処女をいただける喜びだけだった。しかし・・・。

shojo

まだ出会い系サイトが出始めの頃は、無料で利用できるサイトが数多くあった。

出会い系と言うとエッチなことを連想してしまうかもしれないが、始めはメル友を作る目的の人も多く意外と相手を見つけやすかったんだ。

さらに、チャットサイトなどもあって素人女性をハンティングするための狩場がいっぱいあったんだよね。
とりあえずサイトに登録して手当たり次第にメールを送ってみたんだ。

すると、数日後にサイトで知り合った女性と仲良くなり週末に会ったんだ。
彼女はちょっと闇を抱えている女性で、彼女の悩みを聞いたり相談に乗っている間に仲良くなったんだよね。

こまめにメールをして彼女の心に寄り添うと、意外と簡単で落ちるのも早かった。

俺「ホテルに行きたいって、いいの?初エッチは好きな人とした方がいいよ」
女性「うん、俺さんにそばにいてほしい、ずっとギュっとしてほしいの」
俺「ギュッとしているのはいいけど、我慢できなくなっちゃう」
女性「痛くても我慢するよ、私の初めての男性になって」

本当は下心満載でどうやって処女を料理しようか妄想しまくってたけれど、紳士を装っていたんだよね。
心の中では何度もガッツポーズして、じっくり処女をいただくことにした。

ホテルに着くとすぐに彼女の服を脱がし、処女の体を散々舐めまわした後に勃起したものを無理やり口に突っ込む。

女性「んーーー、もうちょっと優しくして・・・苦しいよぉ」

きっとエッチをしてる時の俺はすごく悪い顔をしていただろうなぁ。
何度もイマラチオをすると、途中で彼女は吐いてしまった。

それでも気にせずにマンコを軽く舐めてから、処女マンコをいただくことにした。

女性「やっぱりやめるーーー、ごめんなさい」

そういって体勢を変えて拒もうとしてきたがすでに遅し。
お尻を無理やり掴んで逃げれないようにしてから少しずつ挿入。

女性「痛い、痛い、やめて」

この叫び声を聞いていると、心の中に悪魔が宿るんだよなーー。
たまにプチプチと何かの音が聞こえていたけれど、さらに深く挿入していった。

女性「俺さん、どうしてーーー!あんなに優しくしてくれたのに・・・、私のこと大切にするって言ってくれたよね!」

彼女の訴えを完全にスルーして、俺は何度もまんこの中にチンポを立て続けた。
なんて気持ちいいんだ、処女マンコはやめられないなぁ。
でも、処女を奪ったはずなのに出血してない。

俺「本当に処女?何で出血してないの?」
女性「知らないーーー、いいから抜いて」

抜いて???あぁぁ、気持ち良く射精してってことか。

俺「わかったー、女性ちゃんのマンコで気持ち良くなってほしいってことだね」
女性「え?バカ!何言ってるの?ふざけないで」

彼女のマンコを30分くらいかけてじっくり味わい、最後は胸に思いっきりかけた。

 

エッチが終わってから彼女は何も言わないで泣き続けた。
射精をして冷静になった俺も、さすがにこの重い空気には参った。

そのため、苦し紛れではあるけれどこの場を乗り切るために彼女に愛の告白をした。

俺「女性ちゃん、ごめんね。でも、始めから責任取るつもりだったんだ。俺は一生変わることのない愛を女性ちゃんだけに注ぐよ」
女性「えっ!?でも、でも・・・、こんなひどいことする人信じられないよ」

俺「俺が踏みとどまったら、女性ちゃん前に進むことできた?俺も辛かったんだ」
女性「・・・、前に進めなかったと思う。ごめんなさい、本当はすごく嬉しいの」

彼女を後ろから抱きしめ、何度も涙を手で拭って熱い口づけをした。
次第に彼女は笑顔を取り戻し、何度も「にゃぁぁぁ」と言って甘えてきた。

よっしゃー、これで一気に形勢逆転!
これで、好きなように遊べる性欲処理肉奴隷ゲットだな、ガハハ。

 

しかし、彼女はとんでもない女性だった。
とにかく一緒にいることを強要してくるし、メールもすぐに返さないと何度も電話をかけて泣いてわめいてくる。

女性「私のこと大切にするんでしょーーー!、もっと相手してよー」

俺の休日はすべて彼女の予定でつぶれた。
しかも、些細なことで情緒不安定になるし、喧嘩をしたらリストカットをするようなとんでもない女。

何度も捨てようと思い着信拒否にしてみたが、職場にまで来て泣きわめく。
職場ではいい笑いものになり、それ以来彼女を粗末にできなくなった。
だって、俺が彼女を粗末にしたら上司たちにレイプされたというって・・・。

なんか、これって俺の方が脅迫されていないか?
せっかく肉奴隷を使って快適なセックスライフを楽しむ予定だったのが、とんでもない女性に監視される監獄生活になってしまった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
自業自得ですな・・・。
で、結局結婚したのかな?

コメントを書く