【後悔】性欲に負けてブスだが爆乳の女子をレイプしてしまった結果・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】巨乳に弱い男子の悲しい性・・・

投稿者男性は高校の時に転校した先でブスでぽっちゃりした女子に出会う。最初は嫌悪感しかもっていなかったのだが、その女子の胸があまりにも大きいことに気づき、転校後しばらくして彼女に告白することに。そして・・・。

kokuhaku

親父の転勤で引っ越した先は、少しばかり中心市街地から離れた、住宅の周りに田畑がちらほらと散見される地域だった。

そこは過疎化が年々進み、俺の転入した高校も、一学年に一クラスしかないという状況だった。

「はじめまして、今日からこの学校に転校してきた○○です。これから、よろしくお願いします」

教卓の前から、生徒数が二十にも満たないクラス内を見渡すと、窓側の一番奥の席に座っていた女子が、少しむくれたような表情でこちらを眺めていることに気がつく。

遠目で見ても、その娘はかなりのブサイクで、まぶたは両端に大きく垂れ下がり、あごが前方へ鋭く突き出しているというありさまであった。
そして、体型のほうもかなりぽっちゃりしていて、ますます受け入れがたかった。

「じゃあ、○○くんの席はあそこだからね」
内心で、彼女に対する嫌悪感が渦巻いていた中、担任が俺の席を指名してきたが、指を差した先はなんと、クラスの女子の中で一番ブスであろう、彼女の横であった。

「これから、よろしくね」
「……うん。よろしく」

根暗な感じで、返事も不愛想だったが、そんなことはどうでもよかった。
席に近づいてくるときから気になっていたが、その娘は胸が異常に大きかったのだ。

横に座って改めて見てみても、腹の上すべてが乳房という爆乳っぷりであった。
その日、授業を受けながら横目で、彼女の胸についた巨大すぎる脂肪のかたまりを何度見たことであろうか。

そして、それから二週間後に俺は行動に移した。
休み時間中に、彼女の下駄箱にラブレターを入れたのだ。

おそらく、異性から告白されたことなどない彼女にとっては、まさに驚愕の出来事であっただろう。
俺は指定した体育館の用具室に、手紙に書いていた時間通りに行くと、彼女はすでに待っていた。

「待ってたよ××」
「えぇっ!?この手紙書いたの○○だったの?」
「あぁ、そうだよ。単刀直入に言うけど、俺と付き合ってくれないか?」
「……うん、いいよ」

あっさりOKしてくれたので、俺はさっそくとばかりに彼女にキスをかましてやった。

「んぅぅぅっ!!ん……ん……」

キスをするうちに、彼女のほうもだんだんと気持ちが乗ってきたので、俺は大本命であった爆乳に手をつけた。
触った瞬間、むぎゅぅぅぅっとした非常に柔らかな感触が手に伝わってきた。

「ちょ、ちょっと!?や、やめてよ!!」

さすがに急すぎる俺の行為に抵抗を見せたので、彼女を無理やり黙らせることにした。
あらかじめ用具室に入ったときから、逃げられないようにドアを閉めきって逃げ道を塞ぎ、そのまま犯すつもりで嫌がる彼女を強引にマットの上に寝転がせ、裸に引ん剥くことにした。

「いやぁぁぁぁぁぁっ!!」
「うるせぇっ!」
「あうっ……ぐす……ぐす……」

悲鳴を上げ、俺から逃れようと必死に抵抗しようとしたので、顔面を一発ぶん殴ってやると急に大人しくなり、あとはもうやりたい放題であった。

ブラウスのボタンを引きちぎって、ドでかいブラジャーを引っ張って爆乳を露出させ、気が済むまで堪能してやった。

舌が疲れるほど乳首を舐め回し、手が痛くなるほど揉みしだき、思う存分に爆乳を味わってやった。

「あぁ~……あぁ~……」

目から涙を流し、うめくような喘ぎ声を上げる彼女を見て、俺は最後の行動に出た。
スカートの中に手を突っ込み、パンツを引っ張り下げて股を豪快に開かせ、そこにギンギンなった息子を挿入してやった。

「あぅぅっ!!」

こうして彼女の処女を奪ってやった。

その後、俺はまるで獣のように荒れ狂い、夜遅くまで何十発も中出ししてやった。
それから卒業するまで関係は続き、卒業式でこう言われた。

「責任取って!」
「……わかった」

そしてそれが今の嫁です。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
何十発って・・・。

コメントを書く