【自業自得】「エロばなちゃんねる」のせいで学校で変態扱いされることに・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】このサイトの話に影響を受けて犯行に及んだ結果・・・

投稿者男性は当サイトの「マンコ臭選手権」に感化されて、学校のプールの時間に女子更衣室に忍び込みことを決意する。そして狙いを定めたのは水泳の授業を合同で受ける2クラスの女子のうち、選りすぐりの3名。そして当日、学校を遅れる旨を連絡し、見事女子更衣室に忍び込むことに成功するが・・・。

kouisitu

やりたい盛りの思春期の男です(年齢はとある事情で伏せます)。

それなりに女子と話せるし、外見・コミュ力については普通程度あるので普通に彼女はできるのですが、チキンなので彼女が出来てもラブホに誘えません。

女の子とデートとかして、ムラムラとはするのですが、そこから先、拒否られるのが怖くて彼女、デート相手をラブホに誘えないです。
なんで、このエロばなちゃんねるとか動画サイトとか見て性欲処理してます。

ちなみに、いちばん好きな話は「マンコ臭選手権」の話です。
ちな童なので女の子のマンコの匂いを嗅いだことありません、同じサークルとか部活の女子のマンコ臭を匂い比べできるとか、天国のように思えます。

仲間とわいわいやりながらマンコ臭比べ、やってみたいですが、友人とかにそういう話をする度胸はないです。
なので一人マンコ臭選手権をすることにしました。

詳細はこうです。
うちの学校、水泳の授業は自分のクラスと隣のクラス、2クラス合同であるのですが、その中にカワイイ子は3人います、学年トップクラスのモテ女子です。

なんというか、高校のかわいい女子って男子の性欲のはけ口みたいなところがありますよね。
よく、「麻衣で今日オナニーした」「ゆうの足、マジたまんねぇ」「のあとやりてぇ、あの可愛さ、何なん?」とか男子の中で話題になります。

その三人の制服、ブラ、パンツ、マンコ臭を嗅ぎたい、周囲の男子が口だけでガマンしていることを実行に移したいとか思いました。

もう自分は三年なので、このチャンスを逃したら「一人マンコ臭選手権」はできないと思ったので、チキンな俺でも一生懸命がんばりました。

予め今日は病院に行くから学校に遅れると電話しました(病院に行くなら自分で電話しても怪しまれないと思ったからです)。

問題なく担任から「おお、そうか、お大事に」という言葉をもらい、下準備は済ませました。
三時間目、水泳の授業前に駅で時間をつぶして、授業開始と同時に学校に入り、周囲を確認。

見学者がプールサイドにいることを確認、他の教師が周囲を歩いていないことを確認して、女子更衣室に入りました。

ここからが問題でした。
目当ての三人の女の子の棚を捜し当てないといけません。

目の前の棚には40人前後の水泳参加者の脱ぎたて制服と下着が並んでいて、ある意味パラダイスなのですが、制服の上、名札をひとつひとつチェックして、麻衣、ゆう、のあ、三名の着替えを探し当てないといけませんでした。

幸い、麻衣とゆうの棚はすぐ見つかりました。
しかし、のあの棚は見つかりません。

のあはチビ巨乳の美少女で、推定E~Fカップ、高校三年生としてはかなりの発育です、夏のこの季節なので登下校でも汗をかくだろうから、のあのデカパイの汗臭いブラを嗅ぎたかったのですが、先に麻衣とゆうの棚を見つけてしまったので、早く二人の着替えを確認したいという衝動に負け、のあの着替えを見つけるのをやめてしまいました。

しかし、もうはち切れそうなくらいズボンの中は勃起しています。
耐え切れなくなって、まずは麻衣の棚を漁りました。

麻衣は、バドミントン部のスポーツ少女です、身長は160cmくらいだと思います、Cカップで健康的な小麦色の肌、体育会系の明るい美少女です。
顔がかわいいのはもちろん、さばさばした明るい性格で人気者でした。

軽く適当にたたまれた制服と、透けブラ防止なのかちょっと厚めのタンクトップ、その下には麻衣のブラジャーとパンツが!
心臓ばっくんばっくん、やばかったです。

興奮しながら麻衣のブラパンをチェック、クリーム色のかわいらしいおそろいのブラとパンツでした。
直接パンツに行くともったいないので、まずはブラをチェック。

予想通りCカップのブラ、しかし部活でも使用してて汗の匂いが染み込んでるのか、それとも今日たくさん汗をかいてしまったのか、めちゃくちゃ汗臭かったです。

むわっとした汗の匂いに興奮してしまいました、これがブスなクラスメイトなら吐きそうなのですが、麻衣みたいなかわいいスポーツ少女のブラが汗臭いとなると興奮します。

ブラの汗臭さで興奮した後は、メインの麻衣のクリーム色のパンツに。
くしゃ、とした小さなクリーム色のパンツ、うっすらと麻衣のアソコの形に汚れていました。

顔を近づけると、夏だからなのかこれまたむんむんとしたマンコ臭が。
これが麻衣のマンコ臭なのかと、麻衣の小麦色の肌とか、かわいい笑顔、ぷっくりとしたピンク色の唇とかを思い出しながら、夢中で嗅ぎました。

夢中になって、どのくらいの時間が経ったのかわかりません。
失敗したことに、携帯は教室に置き忘れた上に、更衣室の中には時計がないので。

名残惜しかったのですが、ゆうの下着もチェックしたかったので、次はゆうの棚を漁りました。

ゆうとは中学が一緒で、中学の時は陸上をやっていたスポーツ少女でした。
しかし高校に入ってから髪を伸ばして、黒髪ロングの美少女になりました。

元々可愛かったのがさらに可愛くなり、学年一かわいいと言ってもいい少女です。
麻衣のマンコ臭に興奮して、さらにゆうのマンコ臭まで確認できると思うと、さすがに手が震えました。

ゆうは、麻衣の適当にたたまれた制服と違って、きっちり丁寧にたたまれていました。
制服も、タンクトップもたたまれていて、ガードが硬いのかスカートの下に短パンを履いていたようです、パンチラ防止のためでしょう。

そして制服の中に隠すようにブラとパンツが、これまた畳まれて置かれていました。
しかし、ゆうのブラとパンツを見た瞬間、卒倒しそうになりました。

ゆうは、水玉模様の、黒のTバックでした。
可愛さと、セクシーさを併せ持った黒のTバック、黒髪ロングの美少女のゆうが、こんなエッチな下着を着用しているなんて。

手の震えが止まらなくなりました、Tバックなので、アソコにもお尻にもたっぷり食い込むと思います。
ゆうのお尻に食い込んだパンツを、ゆうのアソコに食い込んだパンツを、Tバックを、いまからたっぷりと確認できます。

……その興奮に包まれた瞬間、更衣室のドアが、がちゃんと開いて、水着姿のクラスメイトが入ってきました。

もちろん叫ばれました。
その叫び声で騒然となり、だだだだだ、と誰かが女子更衣室に駆け寄ってきました。

駆け寄ってきたのは、三十代マッチョの体育教師でした、天国から地獄に真っ逆さまに叩き落されて、マッチョな男の体にはがいじめにされて。
そのまま連れ去られました。

……もちろん職員会議です、もちろん停学です。
もちろん噂になりました。

停学自体は二週間でした、しかし女子更衣室に侵入した変態が、思春期男子の中で噂にならないはずがありません。
持っていたのがゆうのTバックだということも災いしました。

学年一の美少女は俺の姿を見ると隠れるようになり、廊下を歩いていると、「よっ、変態っ」と男子からからかわれ、歩くだけで女の子の敵みたいな目で、今、見られています。

進学校なので夏休みも課外があります、毎日が地獄です、親にも知られていますし、自業自得だらと学校を休むことも許されません。

これは全部、エロばなちゃんねるの「マンコ臭選手権」の話のせいです。
あの話さえ読まなければ、こんな目に遭わなかったのに。

このサイトを見ている方は、くれぐれも体験談の真似をしないほうがいいと思います。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
いや、とんだとばっちりだろ・・・。

※この話は作者の創作で実在の事件とは何の関係もありませんのであしからず…。

コメントを書く