【驚愕】大手メーカーの美人リケジョ営業による特別接待が凄すぎた・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】大手企業には大口契約用の接待要員がいるらしい・・・?

投稿者男性は医療・製薬会社で働く30歳。研究者から営業へ転職したのだが、専門知識と人柄で他社から逆営業をかけられるように。そして大手医療機器会社から夢のような接待を受けるのだが・・・。

settai
医療・製薬関係の会社に勤めている30代男です。

元々は研究者だったのですが、転職に伴い総務・営業関係に移動になってしまいました。
自分が志望した部署・部門とは異なるために転職後は多少気落ちしていたのですが、外の会社の営業さん等と関わるうちに、営業も面白そうだな、と思うようになりました。

今現在の自分の仕事は多岐に渡り、元々研究者だった専門知識もあり、人当たりも悪くないという事で様々な会社の方との折衝や機器導入の相談、その他雑務をこなしています。
そのうちに売り込みを「かけられる方」になりました。

医療関係者ならご存知だと思いますが、医療機器、研究機器はかなりの高額です。
ですので他会社の方はある程度便宜や接待を図り、なんとしても取引しようと躍起になってくれて、かなりいい思いが出来ます。

営業の女の子、まだ若い、理系、高学歴、そういう子が個室で二人っきりになって、
「隣、失礼しますね」
と言って、密着した状態で機器や取引の説明をすることはザラにあります。

元々女子が少なく、さらに美人が少なく社会経験が少ない理系の男なら、正常な判断を失うこともあるでしょう。

なので、一部の高額・大手メーカーの営業は若くて高学歴、美人ぞろいです。
男なら誰しも「美人」「高学歴」な女とセックスしたいという欲望はあると思いますから。

自分も転職で受け入れてくれた会社のために、正常な判断、会社の利益になるための判断をしようと考えていたのですが。

大手A社の営業と、打ち合わせをすることになりました。

普段私の相手をするのは私より少し年上、40代のやり手営業なのですが、その日は、若い女の子の営業でした。

「はじめまして、及川(普段のやりて営業の名前)の代理の坂口(女の子)と申します、ご連絡もなく代理で申し訳ありません」

二十代半ば、薄いメイクにほっそりとした体、「女性」というより「女の子」といった雰囲気が似合う子です。
ああ、これは色仕掛けで来たか、と思い警戒していました。

打ち合わせは個室形式の和食店、案内されたのはリラックスできる掘りごたつ席でした。
軽く食事をしつつ、お互いの自己紹介を交えて歓談していました。

若いのにしっかりと勉強をしていて、業界の現状や最新の医療機器の話、出身大学の話(彼女は某国立大学の理系、医療関連の学部でした、かなり偏差値が高い大学です)、私自身も理系に頭が良くて綺麗な女の子はいないな、とずっと不満を感じていた人間なので、話しているうちに目の前の女の子にとても好感を持ってしまいました。

無理に営業の話をせず、こちらを楽しませようと話題を振ってくれることも好感を持てたひとつです。
しかし、そのうちに、
「ちょっと熱くなりました……ごめんなさい、失礼ですけど、スーツの上着を縫いでもよろしいですか?」

丁寧な口調で坂口さんは聞いてきました、もちろん上着を脱ぐことくらいは問題ないのですが、上着の下が問題でした。

白い清潔感のあるシャツ、その下からは、はっきりと赤い下着、ブラジャーが見えていました。
普段の自分なら色仕掛けで来たか、と思うのですが、楽しい時間を過ごして、目の前の営業女性が魅力的に見えていたので、完全に視線を奪われてしまいました。

そのことに気付いた坂口さんは、さっきまで可愛らしい年相応の笑顔だったのに、いきなり艶やかな笑みへと変化し、
「隣に座ってもいいですか?」
と聞いてきました。

その時、自分はうなずいたのですが、ごくり、と唾を飲んでしまいました。
完全に見透かされていて、少し笑って、坂口さんは密着して掘りごたつの私の真横の席に座ります。

柔らかい腕の感触とか、柔らかな香水の匂いにくらくらして、恥ずかしながら勃起してしまいました。
今考えると、まだ少女のように見えて、坂口さんは百戦錬磨だったのでしょう、テーブルの上の箸を、わざと掘りごたつの中に落としました。

「あっ………ごめんなさい……」
坂口さんが掘りごたつの中にもぐり込みます。
「すみません、少しだけ足を開いていただいていいですか……?」

箸を取るためなのか、それとも別のことをするためなのか。
どちらにせよ、もう彼女の魅力に絡められている私は抵抗できません。

「こういうのが嫌だったら、おっしゃって下さいね?」
掘りごたつの中で私の開かれた足の間に入って、坂口さんはベルトを取り外して、巧みな様子でパンツの中から×××を取り出しました。

私の×××は、彼女の魅力で勃起しています。
それをみて嬉しそうに笑って、
「私、男の人の洗ってない匂い、大好きです……んんっ」

笑顔で私のアソコの匂いをくんくんと嗅ぐ坂口さん。
高学歴の女性がいやらしい行為、しかも初対面の女の子が×××の匂いを笑顔で嗅ぐといういやらしい行為に、もう夢中になりました。

しかし、それからが彼女の真骨頂でした。
愛おしそうにキスをして、口紅の跡が×××に残ります。

「ごめんなさい、よごれちゃいました、綺麗にしますね?」
そして、自分で汚した口紅を、舌を使って綺麗にします、綺麗にした後は、
「これで綺麗になりました……」

笑顔で、愛おしそうに、まるで恋人にするように、ほっぺたで×××に頬ずりします。

子供ではなく、大人なのでこの行為が契約と引き換えにされるものだとは理解しています、最後までされたら、坂口さんの会社と契約しなければならない、多少私の会社に不利な契約でも呑まなければならない。

そのことは理解しつつも魅力的な彼女から与えられる快楽に抵抗することは出来ません。
ぺろぺろと舐めた後、頬をすぼめて、ゆっくりとしたディープフェラでこちらを責めて来ます。

まだ若い、かわいらしい顔がまるでAV女優のように頬をすぼめて初対面の相手の洗ってない×××を咥えていると思うと、それだけで射精しそうになります。

しかし、驚いたのはその先です。
フェラをしながら、坂口さんの鼻息が荒くなります。
「んんんっ、んんんんっ……」
よくみると、ディープフェラと同時に、彼女は自分のアソコを右手で弄っていました。

魅力的で頭脳明晰な理系美女が、まるでAV女優のようなゆっくりとしたディープフェラとオナニー。
そんな状況でもしゆっくりしたディープフェラでなかったら、すぐに果ててしまうことでしょう。

ゆっくりしたディープフェラも、彼女の計算の内のようでした。
しばらく彼女の唇の感触と痴態を楽しんでいたのですが、さすがにこんな魅力的なシチュエーションで長持ちはしません。

「すみませんっ……そろそろ射精しそうですっ……」
そう彼女に告げた瞬間、坂口さんのフェラチオは勢いを増して、右手で自分のアソコをかき回す速度も増しました。

射精した瞬間、たまらず彼女の頭を抑えて喉奥まで突っ込みました。
しかし、彼女は無抵抗で×××の根元を唇で咥えるようにしながら、喉奥で精液をすべて受け止めます。

初セックスより、初射精より興奮していたのか、彼女の喉奥で長い長い射精時間とともに、たっぷりと射精しました。

その全てを坂口さんは受け止めて、射精が終わると×××から口を離し、掘りごたつの中から出てきて、艶やかな笑みを浮かべながら私と目を合わせて、ごっくん。

「つき合わせてごめんなさい……おいしかったです」
笑顔でそう言いました。
信じられないくらい、いい女だと思いました。

大手A社がトップクラスを誇っているのは、彼女のような人材がいるからなんだな、と改めて思わされて、後日、かなり不利な条件で私は契約を結びました。

結んだ理由は、契約すればまた坂口さんにフェラチオしてもらえるかもしれない、という見え見えの助平心です。
しかし、残念ながら彼女に連絡をとっても、「すみません、その時は別の接待がありますので……」と、断られました。

彼女が出てくるのは、大口の契約の時のみのようです。
しかし、また私の会社に大口の契約、発注先を探す際は、多少不利な条件になろうとも、大手A社を選んでしまいそうです。

交渉次第、話の展開では、また坂口さんにしてもらえるかもしれないので。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
投稿者は転職したてでどんな立場なんだ?

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    くだらん話すんな

コメントを書く