【愕然】ピンサロで働いてたら、ママ友の旦那が来た結果・・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】受付で偶然顔を合わせてしまい・・・しかも自分を指名してきた!

投稿者女性は子供の養育費のためにピンサロで働く人妻。そのピンサロにやってきたのはなんとママ友の旦那。最初は脅してこようとしたのだが、逆に強気に出てこっちから脅してみることに。ボス的存在のママ友だったので、彼女の弱みも聞き出そうとするが、事態は思わぬ方向へ・・・。

pinsaro

ピンサロで働いている人妻です。
ついこの間、職場というか私が在籍するピンサロにママ友の旦那「坂本さん」が来ましたw

たまたま受付にようがあって行くと、そこに坂本さんがいたんです。
坂本さんは、私を見てとても驚いた顔をしていましたが、私を指名してきたんですwww

二人きりになると、坂本さんは
「ママ友に知られたくないだろ?」「夫に知られると困るんじゃないか?」
と私を脅してタダでセックスできる相手にしようとしていたようですが、

「加賀さんですよね?」
「そうですよ」
「こんなところで何してるんですか?」
「仕事ですけど」
「子供に悪いと思わないんですか?」
「それより、坂本さん出張されてるんじゃ?」
「…」

「好きで働いているわけじゃないですけど、これも子供の教育費稼ぐためですからね」
「…でも、他にも仕事なら」
「稼げる金額限られてますからね。それよりいいんですか?奥さんのこと」
「妻には内緒にしてくれないか?」
「…」

「少しだけど、お金なら支援するので」
「いくらですか?」
「プラス1万」
「稼ぎいいのに?」
「妻が財布握っているので…」
「ふーん」

「じゃ、お願いします…」
「え?」

「え?ここ、ピンサロですよね?」
「あ、はい」

てな感じで、アッサリ1万払うことを決めてくれましたwwwwww弱っ!

坂本さんの奥さんは、ママ友の中でもボス的存在なんですよね。
旦那さんがいくら稼いでいるか、自分はどんなに裕福で愛されているかをよく自慢されるんですけど、実は旦那さんに嘘つかれて、これから私とエッチなことをしてプラス1万の口止料を支払ってるなんて思ってもいないでしょうねww

坂本さんの粗チン相手に、私もサービスしましたよ~w

ここで、坂本さんをぞっこんにさせれば、かなり優越感なんじゃないかな~と。
おかげで、坂本さんは私のリピーターとなり、聞いてもいない奥さんへの愚痴とか変な癖を教えてくれましたw

もし何かあっても、この弱みさえ握っていれば安心という保証というかなんか決め手?が欲しかったので、坂本さんに「奥さんが絶対に知られたくない秘密が知りたい」とお願いしました。

条件は、坂本さんに生セックスを許すことでしたが。

ま、子供を守れて、ママ友を牛耳れるのならと生セックスを許可しました。
すると、突然坂本さんは

「君はそんなことしなくていいんだよ」
「え?」
「僕が君を指名するのは、秘密をバラされたくないとか気持ち良いからとかじゃない」
「気持ち良くないんですか?」
「いや、気持ち良いけど、それだけじゃないんだ…」

と、告白してきたんです!

私の夫はそんな真面目な男ではないし、自分の妻がピンサロやってても
「お前の方が金持ってるんだから、それはお前が払え」とか言う自己中男。
いくらちんちんデッカくてもさすがに愛情なんてなくなっていました。

坂本さんは粗チンだけど…いや、普通のちんちんですが、私を指名してくる他の客とは違い、とても丁寧に私を扱ってくれるんです。

時々、奥さんの弱みを握ろうと利用している自分が恥ずかしくなることもありましたが、気のせいだろうと自分を誤魔化していました。

坂本さんの告白に、私もピンサロをやめようかと思いましたが、お金がないので止めれませんでしたが、私たちの愛は本物になっていきました。

その後、私たちは何度もラブホや車、色々なところで愛を育んでいきました。
「君ともっと早く出会っていたら」「早く離婚したい」なんてありふれたセリフも、坂本さんから言われると心の底から信じられました。

が、実は今日、坂本さんの携帯を盗み見したら
「前話してたピンサロ人妻、タダマンになりましたー!そのうち共有しような!wwwww」
と男友達らしき人間にメールしていたのを発見してしまいました。

これから、ママ友に旦那である坂本さんがピンサロに通っていることを打ち明け、私に送ってきた「早く離婚したい」「あんなブスと結婚したのが間違い」メールも見せようと思います。

ママ友に嫌われようが、ピンサロで働いていることがバレようが構いません。

坂本という男の人生を壊して、私の夫と同レベルのクズ人間になってもらいます。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
男なんて皆そんなもんだよw

コメントを書く