【唖然】ブサメンの俺がサブカル女にフェラさせるのが簡単だった理由・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】ブサメンにもチャンスが訪れる可能性あり・・・!?

投稿者男性は自他ともに認めるブサメン、そして童貞。そんな彼がある日、見知らぬ女性に声をかけられる。見ると最上もが似のサブカル女だった。なぜその女が投稿者に声をかけたのかというと・・・。

sabukaruonnna

俺はまじで沼です。

笑えない感じなのでとても「www」とかかけない深刻なレベルだった。
人生もクソみたなもので家族もクソだし学校も何もかもがクソでした。

就活も失敗。その後、バイトをしてたんだけど客に「もろみざわに似てねw」とか小声で言われて笑われて完全にトラウマになりバイトも途中で辞めました。
火を放ってやりたいと思ったくらいです。

まじで残念無念の人生を送って来たある日、常磐線の改札口で
「すみません」
と女の声が。
俺はいつも人の声を聞くのがイヤでデカいヘッドフォンをしているのだが、その声は聞き取れたのでちょっときょろっとしたした。

やっぱ、俺に話しかけてました。
女は・・・ヴィレヴァンにいそうな・・・でんぱ組のもがに似た感じの・・・おおづかみに言えばサブカル女でした。

にこにこしてるからまた俺をバカにしてるに違いないんで無視したら、
「スカートさんですよね?」
とサブカルが言ったんで、完全にむかつきました。

俺は沼だ。
だがスカートを盗むほどには落ちぶれていないし、そんな精神で生きてはいない。
けしからん。
このクソ女め。

俺は再び無視しました。
「え~。絶対澤部さんでしょ~?一緒に呑みませんか~?」

俺は足を止めた。
澤部ってあの芸人か。またバカにしやがって。このサブカルクソ女。
お前はもが気取りかも知れないがもがでは通用しないもがの劣化もが気取り女だぞ、って言ってやろうかと思いました。

でも・・・呑む・・・だと

俺は一旦ヘッドフォンを外し、話を聞いてみることにしました。
サブカル女「スカートの澤部さんでしょ?」
俺「それって何ですか?」
サブカル女「インディーズでめっちゃ売れてますよね」
俺「知らないな」
サブカル女「そこに居酒屋とかイタリアンとかあるんですよ。良かったら行きませんか?ちょっと話がしたいんですよ!私も音楽やってるんで」

ってことでサブカル女に強引に腕を組まれ、店に入りました。
そこで込み入った話をしたら俺がそのスカートの澤部って奴じゃないってことが分かったらしいんです。

「でもいいんですっ!私はあなたが澤部さんに見えるから、あなたを澤部さんって呼びます!」
と言いました。
似てるからってそれはあんまりじゃないか・・・と怒ろうと思ったんですが、サブカル女が胸をくっつけてきました。

小柄なのにむにゅうっとした白い胸・・・で、でかい・・・。
Tシャツの谷間と、Tシャツの盛り上がりばっかり見てしまう・・・。

二人でレモンサワーとかを三杯くらい呑んだあと、病院近くのまあまあ大きな公園があって、そのベンチで座ってました。

俺はサブカル女の細い首とうなじ、おっぱいと尻、ショートパンツから伸びる足ばっかり見てました。
完全に発情してました。
普段女と接さないからこのレベルの女に欲望を抱くのだと自分を恥じましたよ。

でもしょうがない・・・
サブカル女から手を繋いできてキスして来ました。
手の指ほそっ、手ちっちゃ、とか思いました。

しかも顔を近づけるといい匂いすぎでしょとかも思いました。
俺はもちろん、誇るべき童貞だしキスも初だから会った日にキスして来るようなドスケベ女の方に全てを任せました。

女はキスだけで蕩けそうな顔をしています。
「んもう、だめ・・・」
と甘えたような駄々をこねるような言い方で俺の腕を掴み、ぐいぐい引っ張りました。

「なに?」
「だぁかぁらぁ~、もう、ほちいのっ」
「なにを?」
「だっこして」

そう言って俺の身体に抱きついて来ました。
で、女の身体を抱きしめるとちいせえええええええええええええ!!!!!!!!!

女は華奢なのは分かっていたがこんなに華奢だとは!!!!!!!
女ってめっちゃ骨が細いのねえ。

で、胸だけはぐにゅうっと当たって潰れている。そればっかり感じてしまう・・・。
するとそのままサブカル女は俺の股間に顔を埋め、
にこにことイタズラな顔で俺を見上げ、ジッパーを下ろしていく・・・

「汚いと思うよ」
と言ったのに続ける。

そして半立ちになっているチンコを引っ張り出し、玉にもう片手を当てながらチンコの先をパク、パクっと咥え始めた。

俺は包茎だから臭いと思うのだが全然そんなことを言わない。
黙ってフェラしていく。
じゅっぽ、じゅっぽ、とよだれを垂らしながら美味しいものを食べてるみたいな感じでやっていた。

めっちゃ気持ち良くなって・・・かなりヤバイ。
一分くらいでイキました。
口の中で出したけど、サブカル女は地面に吐き出してました。
飲むとかではないのね。

「澤部くん、また会えるよね?」
と言われたから「いいよ」とは言ったものの、やっぱり俺はその人ではないわけで。
LINEも交換したけど消してしまったわけです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
もろみざわ?

コメントを書く