【恐怖】女友達に「絞め落とし抜き」をしてもらった結果・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】変態性癖の男を上回るとんでもない女だった・・・

投稿者男性は柔道部出身なのだが、「絞め落とし」されるのが快感という危険な性癖を持っていた。しかし柔道を辞めてからそんな機会もなく悶々としていた。そしてバイト先に入ってきたガタイのいい女の子を気に入って飲みに誘う。そう、あわよくば「絞め落とし」してもらおうとしたのだが・・・。

shimeotoshi

俺は柔道部でした。

毎日の練習の中で普通に「絞め落とし」されるんですが、その快感が忘れられずにいました。
なんというのか・・温かいお湯の中に浸かっていて漂ってる感じというのか・・・

柔道を止めてから、絞め落とされる機会なんてまったくなくなってしまいました。(そりゃそうかw)
絞め落とされフェチっていうのは俺だけじゃなくて普通にいるんです。
というか結構多いはずです。

そんなわけでそういう風俗へ行こうか悩んでいました。
でもフリーターの俺はそんなに金は使いたくないなぁと悩んでいました。

そんなある日の事です。
俺のバイト先(某〇オンのスーパー)に逞しげな女のアルバイトが入ってきました。

あ、あの人みたいな感じです。
ダルビッシュと結婚した女、あの人にそっくりでした。
体型もあんなに抜群ではないけど、似ています。

その子の教育係りが俺になりました。

普通に性格もいい子で、仲良くなりたいし、何よりも何でそんなに「ごつい」のか聞いてみたかったのですが、今はセクハラとか色々ヤバイんであんまり込み入った話をするには勇気がなくて・・・・。

でも、バイトが同じ時間に終わった日、「ちょっと飲んで行かない?」って聞いてみたらOKだったんで、その場で聞こうとワクワクしていました。

その日のうちには無理でも完全に下心はありました。

安い居酒屋で飲みながら、色々な会話をします。

その子は下の名前が「まきちゃん」だったので、思い切って「まきちゃんって呼んでもいい?」と聞いてみました。

ちなみにこの時点でまだ一杯目のビール(発泡酒)です。
まきちゃんは「何でですか?」と言いました。

俺はちょっと「ヤバイ」と思いながら、「ごめん、馴れ馴れしすぎだよね」と言いました。
「いや、そうじゃなくて、何でまきちゃんなんですか?」
と、言ってきます。

「え・・いや、意味なんてなくてさ、親しくなりたいと思って、軽いノリで」
俺は言います。
めんどくさ・・・と思いながら。

「いいえ、そうじゃないんです。どうして、まきちゃん、なんですか?」
と言ってきます。

「下の名前がまきちゃんだから・・・」
と俺が言った瞬間、まきちゃんは爆笑しました。

「下の名前って聞くといつもマンコの名前って思っちゃうんですwwww」
と言いました。

俺、どん引きです・・・。
それ以降もひたすら下ネタ連発なんです。

なんつうか、あまりに言われるとこっちも乗れないというか、ただ愛想笑いをしていました。
そんな流れの中で、俺は思いきって聞いてみました。

「まきちゃんって何か部活やってた?」
と、聞いてみます。
「やってましたよ」
とまきちゃん。

「何部?」
「砲丸投げです」
「・・砲丸?」

「そうです。通称、玉投げ」
「・・タマ」
「金玉じゃないですよ。がはは。だから私、タマに精通してるんです。射精じゃないですよ!だはははは」

そんな感じでした。
全然エロスを感じられない子だと分かったので、俺たちはそんなに長く飲むことなく店を出ました。

帰ろうとすると、まきちゃんは「部屋、寄っていきます?」と言いました。

まきちゃんの格好はグレーのスエット上下。
良く見ると股のドテ部分がもっこり、くっきり「ω」のカタチをしていました。

だんだんムラムラを取り戻しました。
で、まきちゃんの部屋へ行くことにしました。

まきちゃんの部屋には「人体解剖」とか「凶悪犯罪者事件DVD」とかちょっと物騒な感じのものがたくさんありました。

女の子らしさがなく、何だか男の部屋みたいな感じで・・・・・。

でも、スエットの上を脱いだまきちゃんのTシャツ越しの胸は・・・・爆乳でした。
最高です。

あの胸に抱かれて首を絞められて落とされたい・・・と思いました。
ただ、気になるのが殺人事件とかのDVDなわけで・・・。
しかも解剖でしょ・・・・・・・・・・。

俺は悩みましたが、まきちゃんに性癖を打ち明けてみました。

まきちゃんはすぐに興味を示しました。
で、「落としてみたい!」と言います。

俺的には落とされた後、フェラか手コキをお願いしたいのだが、それは言えず・・・。
ひとまずその爆乳に抱いて貰いました。
これだけで勃起しました・・・・。

で、俺が教える通り、首に肘をかけ、力を込めて貰います。

「・・・・・・?」

俺が目を開けるとまず、胸が見えます。
誰の胸・・・・?
その後、あれ・・・まきちゃん?

「落ちましたよwwwwいびきかいてましたwwww」

まきちゃんが嬉しそうにはしゃいでいました。
俺は・・・ぼんやりして良く分かりませんが、落とされたみたいです。
チンコも勃起していました。

「気持ち良かったwww」
俺は言いました。

まきちゃんが「もう一回やりたい!」と言うのでやって貰うとまた、落ちました。
そんな感じで、まきちゃんと絞め落としプレイをやっていました。

数回目で、まきちゃんに手コキをお願いしました。
「俺が落ちてるあいだにシコって抜いて欲しいんだ」
と言うと簡単にOKしてくれました。

で、落ちて、その後目を覚ますと丸めたティッシュが置いてありましたw
「抜いてくれた?」
と聞くと、
「はいwww二回擦ったら出ましたwwww」
と言いました。

「でも・・・この皮、このままで大丈夫ですか?」
とまきちゃん。

恥ずかしい・・・言わないで(照)
俺はかなりの包茎なんです。

その話題はスルーして、「もう一回落としてくれる?」とお願いしました。
もう、頭クラックラで最高です。
ラリラリ~です。

で、まきちゃんに落として貰う体勢になり・・・胸をちょっと舐めちゃいました。
服越しですけどw

で、目を覚ますと、何だか・・・・赤いティッシュが・・・・大量!?
しかもアソコが・・・・・痛いような・・・・・・いや、痛い、痛い痛い!!!!!!!!

ふと見上げると、瞳孔が開いてにやにやしているまきちゃん・・・・。

「皮、ハサミで切っておきましたwwwwwwww」

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ホラーやん・・・

コメントを書く