【絶望】女ですが、図書館からHな本を盗んだのが先生にバレた結果・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者女性は小学校の時、図書館でHな小説を見つけてこっそり読んでいた。しかしある日、その小説の場所が変わっていたことから、誰かにとられる気がして盗んでしまう。しかし、家に母親がいるようになり、見つかるといけないので返そうとしたのだが・・・。

toshositu

小学校高学年の時、学校の図書館で本を選んでいたらエロ本を見つけました。

見た目はエロ本じゃないです。
表紙の絵がかわいかったので読んだら、女の子向けの官能小説だったんです。

最初はいけないとは思いつつ、コッソリ読んでいました。
前から図書館によく通って、本を一生懸命読んで偉いねって先生にも褒められていましたが、読んでいる本がエッチな本だなんて。
誰にも知られたくありませんでした。

最初はドキドキして怒られたらどうしようって怖かったのですが、そのうちそのドキドキがやめられなくて、本を読みながら「お尻を触ると気持ち良いんだ」とか学んでは、家で自分の体を触ってみたりしてました。

ある時、いつものように本を読もうと図書館へ行くと、あの本がなくなっていました。
慌てて探すと、ただ下の段に移動されていたんです。
他の子も読んでるんだ、と思ったら「他の子に取られる前に」と本を盗んじゃったんです。

誰かにバレないか、本当に怖かったです。

部屋の端でコッソリ読んでは、お尻を触ったりして興奮してました。
クラスで好きな男の子を思い出したり、その子を相手役にして自分が主人公になった気分で妄想の中でたくさんえっちなことをしました。

とってもいけない、悪い子だとわかっていても、どうしてもやめられませんでした。

習い事を行く時や遊びに行く時は、お母さんに見つからないよう隠すのも大変でした。
お母さんの仕事は不定期で時間もバラバラだったので、いつ帰ってくるかわからないのも嫌でした。
お母さんにバレたら、怒鳴られるどころじゃないし、警察に突き出されてしまうかもしれません。

でも、読むのをやめられませんでした。

何度も何度も読み返して、もっと別の本も読んでみたいなと思うようになりました。

でもそんな時に、お母さんが仕事をやめてしまったんです。
体調が悪いのは心配しましたが、家でいつものようにエッチなことができない、エッチな本が読めなくなるのはとても悲しかったです。

コメントを書く