医師ですが、休日に十代の女の子が下腹部の痛みを訴えてやってきた結果・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者は大学病院の医師。経済的理由で週末は民間病院でアルバイトをしていたのだが、その病院でのこと。17歳の少女が下腹部の痛みを訴えてやってきたのだが、日曜だったので一人で診察することに・・・。

isha2

大学病院の医師のほとんどはしばしば経済的理由からアルバイトに他の病院に行って診療を行うことがあります。

私も土曜の夕方から月曜の朝まで200床ほどの民間病院で当直のアルバイトをすることがあります。
この事件はある初夏の日曜日、早朝当直室の電話が鳴ることから始まりました。

電話は当直婦長からのものでした。
17歳の女性が右下腹部痛を訴えて来院しているとのことです。

生活保護の患者さんだけれど診るか?との問い合わせでした。
私は「診ましょう」と伝え、外来診察室に向かいました。

患者さんは身長160cmほどの肩まで髪のある可愛い女の子でした。
母親らしき女性と一緒に中待合いの椅子に腰掛けていました。

昨夜から右の下腹部が痛くよく眠れなかったとの訴えがあります。
病歴を聴き、一通りの腹部の診察(シャツを胸の下までまくり、スカートのホックを弛めておなかを診る)を終えて排卵痛の可能性が高いとの結論を導き出しました。

鑑別診断としては他の婦人科の病気(卵巣出血や卵巣嚢腫の茎捻転など)や尿路の病気、虫垂炎(盲腸)の可能性も否定できないから、詳しい診察やレントゲン、超音波検査、尿検査、炎症所見をみる血液検査も必要なことを説明しました。

母親から詳しい診察の内容について尋ねられましたので、直腸診や外陰部の診察、内診について話しました。

女の子はちょっと当惑したような顔をしましたが、母親は即座に「お願いします」と言い、女の子にむかって、病気だからよく診てもらわないといけないとのことを言い女の子の表情を窘めました。

さて、困ったのは当直婦長です。
日曜の朝ですのでレントゲン技師もいない、診察や検査の介助につける看護婦もいない訳です。

当直婦長もこの外来の患者さんに早く帰って頂いて、一刻も早く病棟に戻らなければならないのでしょう。「先生、どうしましょうか?」
事情を察して欲しい、と私に訴えました。

「僕一人でできるからいいですよ」
私がこう答えると、自らが多忙な日曜の朝の外来診察から解放された喜びに満面の笑みを浮かべながら「エコー室とレントゲン室の鍵を持ってきます。」
「診察室は今から掃除ですのであとの診察はエコー室を使って下さい。終われば詰め所に電話して下さい。」
といいました。

コメントを書く