診療時間ギリギリに医者に行ったら看護師さんだけだった結果・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者女性が喉を壊して病院へ行った時のこと。診療時間ギリギリに行くと、すでに医者は帰ったと言われ、女性の看護師が診てくれることになったのだが・・・。

kangoshi

これは私が喉をこわして病院にいったときの話です。

私は高校時代バンドのボーカルをやっていたので
喉を大切にしていました。
でも風邪をひきはじめには必ず喉にくるんです。
高校2年の春、季節の変わり目に私は風邪をひき
近くの小さな病院にいきました。

丁度診療時間終わりぎりぎり
(もしかしたら時間すぎてたかも)で、
いつもより病院内は静かでした。

診察室にはいると看護婦さんが1人いて
お医者さんは帰ってしまったとのことです。

町の小さな病院だし、診療時間内にいっても
終わりのほうだとすでに閉まっていることも
あったくらいの病院でしたからしかたないと思いました。

看護婦さんに風邪をひき喉が痛いことを伝えると、
ライトと小さい鏡を使って喉の奥をみてもらいました。

看護婦さんは
「一応聴診器あてますから上の服だけ脱いでもらえます?」
といいました。

私は上の服だけ脱ぎ
ちょっと恥ずかしい気持ちがあったので
ブラジャーを腕を組むようにして隠しました。

すると「女同士なんだから大丈夫よ」
といって私のブラジャーを喉の位置までたくしあげたのです。

いきなりだったのでびっくりしましたが
優しい声に安心してそのたくしあげられたブラジャーをおさえました。

看護婦さんは聴診器をゆっくり胸に近づけました。
ひんやり冷たい感触に自分の乳首が立ってしまったことを
感じました。

診察器を滑らせるように動かずたび、私の立ってしまった乳首を
つつくように動きます。

コメントを書く