【親子丼】家庭教師先のJKの処女を頂く→その日に母親にも誘われた結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者男性は少女が小6の時から家庭教師をしていた。彼女が中学の時に彼女の部屋でレディコミを発見してから彼女と少しづつ距離が縮まり、高3になった時についに彼女の処女を頂く事となるのだが・・・。

hahaoya

何年も家庭教師を続けていれば、それなりの出来事がある。

大学入学時から社会人になってからも、家庭教師を続けている家があり、 おかげで事欠かない暮らしをしていると言える。

その家の娘Aは小学校6年の頃から、俺が勉強を見てきている。
すでに今年の春で高校3年生になった。

Aは幼児体型だが、顔のつくりがハーフかと思うくらいで、人形みたいな感じがする。
Aが中学に上がった夏休みにレディコミを部屋に隠していた。

それを俺が見つけてしまったのが良い機会になり、思春期ならではの好奇心に花が咲いた。

Aは真面目に宿題をこなしていたおかげで、学校での成績も特別良い方ではなかったが、中の上くらいを維持していたので、親にはばれなかった。

時間も経つと下ネタは話だけでは終わらず、服の上からではあったが、スキンシップを図るようになっていた。


夏休みが終わる頃には、服の中に手を入れるくらいだったら、お互いに何も言わなくなっていた。
2学期にはいると、また学校で仕入れてきた悪い情報によって、Aの好奇心は加速していった。

そして、2学期が始まって1ヶ月くらいした日に母親には「友達の家で中間試験の勉強」と言って、
一人暮らしをしている俺の部屋に来た。

Aとの幼い駆け引きをして、Aを全裸にした後、俺は自分のモノをAに見せた。
始めはお互いに立って、観察していたのだが、ベッドに連れ込み、Aの全身を愛撫してやった。

初体験はしばらくは取っておこうと思い、Aを焦らしたが、Aはそれにはまった。
それからAとの勉強の時間はAに対する愛撫の時間になった。

コメントを書く