【愕然】サークルの巨乳ちゃん「この中に好きな人がいる」→男俺だけ(ドキドキ)→結果・・・・・・・・・・・・

【体験談】かわいくて大人しくて巨乳な後輩が・・・

投稿者の大学のサークルの後輩にかわいくて巨乳な後輩が居た。もちろん男子から人気があったが、なぜか彼氏はいなかった。ある日、サークルの用事で投稿者の家に集まった時にその後輩もなぜかやってきた。そして男は自分しかいない状況で「この中に好きな人がいる」と言い出したのだが・・・。

ともかく巨乳、おっぱい、肉付きいい。

しかもあやちゃんは顔も可愛い、篠崎愛と紗綾だったら紗綾に近いかも。

二重でかわいいと美人のミックス。

巨乳、服の上からでもおっぱいが丸わかり。

ただ本人はおとなしい性格で引っ込み思案な感じ。

もちろんむっちゃモテてたけど何故か彼氏はいない。

というか、エロいからだしてるのに下ネタとか言われるとものすごーく困ったように笑う。

言ってるこっちが罪悪感みたいな感じ。

ある時にサークルの一年の活動計画を立てるために、俺のマンションで部長のゆうって子とあやちゃんの三人で集まった。

元々は部長のゆうと俺、二人でやるつもりだったんだが、あやちゃんが「私も手伝います」とか言って来ることに。

さすがに俺のことが好きだからとか勘違いはしなかったものの、なんでこんな面倒なこと手伝うとか言い出したんだろうなーとは思った。

ちなみに、ゆうはショートカットでボーイッシュな美人格好いい系女子。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

ある程度今年の計画が立ったところで休憩することに。

なんとなく、あやちゃんの恋愛関係の話になった。

「こんなにかわいいのに彼氏いないとか、本当にもったいないよ? 気になる人とかいないの?」

ゆうがあやちゃんに質問すると、純情なのかあやちゃんはみるみるうちに顔真っ赤になっていく。

「あ、やっぱいるんだ? どんな相手?」

「ちょっと、言えないです……」

「えー、なんでー?」

「あの……」

あやちゃん、顔真っ赤になった。

「もしかしてだけど、好きな人がこの場にいるとか?」

アホか、この場にいる男って俺しかおらず、数々の男を振ってきたあやちゃんが俺のことを好きとは思えない。

しかし、ゆうの言葉であやちゃんは顔真っ赤。

「え、もしかしてあたり?」

あやちゃんが下を向く。

え、嘘、あやちゃんって俺のこと好きなの?

マジか!?

テンション高くなりすぎて、それを表に出さんように努力しまくった。

しかし……

 

「ゆう先輩……好きです……」

 

とか、完全にメロメロになってる表情。

「ふーん、私のこと好きなんだ」

別に意外とか同性愛者ってことに驚いてないっぽい。

どうやらゆうは薄々気付いてたみたいだった。

一方俺はぬか喜び、こんなオチとは予想できず、上がりまくったテンションをどうすればいいんだよ状態。

まぁ、数々の男を振ってきたあやちゃんが俺のこと好きとかありえねーよな。

「わたしでエッチなっこと考えたりとかするの?」

ゆうが俺の目の前であやちゃんを攻めまくる。

「…………………と、時々」

「そっかあ、そういう目でわたしのこと見てたんだ」

「ご、ごめんなさい……」

「ううん、謝らなくていいよー、ぜんぜん嫌じゃないし」

ぎゅーっとゆうがあやちゃんを抱きしめる。

「////」

あやちゃんは顔真っ赤。

「あー、だめ、可愛すぎてだめ、えいっ」

そう言ってゆうはあやちゃんのおっぱいを揉み始めた。

「////」

嬉し恥ずかしって感じであやちゃんはされるがまま。

ゆうはそういうことするキャラだけど、あやちゃんもゆうに好意があるので、恥ずかしそうにしながらも嬉しそう。

やばい、レズってる光景とか初めて見るがエロい。

そのうちにゆうはあやちゃんの服の中に手を入れてもみ始める。

あやちゃん、直接おっぱい揉まれて嬉し恥ずかしみたいな表情、途中で俺と目が合った。

「だめぇ……見ないで下さいっ、はずかしい、ですっ……」

俺が見てる前で、ゆうにおっぱいをむちゃくちゃに揉まれて、あやちゃんは顔真っ赤。

一方、ゆうは俺をちらちら見ながら、挑発するようにしながらもっと手つきを大胆にする。

「ブラずらして、直接揉んじゃうね」

「恥ずかしいっ……あああっ……」

「ね、ね、すごいよ。めちゃくちゃ大きいし柔らかい。手とかすごいおっぱいに沈み込んじゃう」

どんだけ柔らかいんだよ、つか浦山氏。

しかも、調子に乗ったゆうは、あやちゃんのスカートの中に手を入れたっぽい。

テーブルが邪魔になって見れないが、テーブルの下でもぞもぞ。

「アソコ、すごいことになってるね、あやちゃん」

「ああああああっ…………」

もう言葉にならずに、恥ずかしそうに首を横に振るのみ。

面白がってるのか、レズっ気があるのか。

あやちゃんのアソコを弄りまくって、ゆうは濡れた指を俺にみせつけてきた。

「ほら、見てよ。この子こんなに濡れてる」

ゆうの指、糸引きまくりだった。

あやちゃんのアソコは相当感じまくってるっぽい。

最終的に、こたつの中で、小刻みにゆうの指が動いてた。

「あ゛あああっ、あーっ、あーっ」

やばいくらいに喘ぎまくるあやちゃん。

あっという間にイった。

顔真っ赤にして、女同士で気持ちよくなれるところを的確に弄られて、しかも弄られてる相手は片思いの相手、そこまで条件が揃ったらいつもは真面目なあやちゃんでも、こんなエロい顔してイきまくるんだって思った。

それから顔真っ赤にしてずっと恥ずかしそうにしてるあやちゃんと、ゆうが目の前でいちゃいちゃ。

いいモノ見させてもらった感もあれば、生殺し感もあったりでちょっと複雑。

結局、サークルの予定立ては途中で終わった。

後であやちゃんからラインが入ってきて、

「ゆう先輩と付き合うことになりました、できれば内緒にしてください」だって。

あの巨乳と付き合えるとか、ゆうの奴、マジで羨ましいんだが(涙)

 

管理人の戯言(´・ω・`)
二次元の世界かな?

コメントを書く