女友達の家に泊まった時、女友達「私、時々記憶喪失になるの」→結果・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者男性は終電を逃してしまったとき、泊まるお金もなく近所の女友達に連絡すると来てもいいとのこと。喜んで行ってみるとやけにサービスがいい。しかも最近よく記憶喪失になると言い出す。投稿者の中に邪な考えが浮かび・・・。

ero

バイトが終わると終電を逃してしまいました・・・・・。
漫画喫茶にでも泊まればいいのですが・・・・・今日に限って(いやいつもw)金が限界です。
近所に住んでいる女友達の靖子にLINEを送ってみました。

「なにしてるん?」
靖子から返事が来ます。
「家で、ぼー。」
「マジ?行っちゃダメ?」
「イーヨ。カモン」
「神!」

持つべき者は友達です。

靖子の家には何度か行ったことがあります。
靖子は彼氏なしなので便利です。
俺も彼女がいないですが・・・・・靖子を彼女にしようと考えたことはありませんでした。
性欲はフツーにありますが・・・・。
靖子ともヤレと言われればヤレますが・・・・・・・。

靖子の部屋に到着しました。
手ぶらで「ごめんね」と突撃します。
「いいよ。貧乏人くん」
靖子の言葉にむかつきましたが・・・・仕方がない。上がります。
靖子はアルコールとおつまみを用意してくれていました。


「ねえ。相談していい?」
靖子があらたまった感じで座り直します。
「私さー、最近ね・・・・」
悩んだ顔で言います。
「記憶喪失になるっぽいの」
「記憶喪失?酒の飲み過ぎとかじゃなくて?」
「違うの・・・・・。記憶がなくなるの」

俺はちょっと悪酔いしているのが分かりました。
靖子の部屋着姿を見ていると変な気持ちになってきました。
ケツがぷりぷりしているし、太ももがむっちりしている。しかもノーブラっぽいな・・・・・。
「記憶が飛ぶ」ということにエロスを感じました。
というか単に都合がいいというわけですが・・・・・。

コメントを書く