【愕然】クラスで一番かわいい女子のスク水や私物にイタズラしまくってたら・・・・・・・・・・・・

【体験談】誰もが憧れる女子の私物にイタズラをするということは・・・

投稿者男性が小学3年の頃、クラスで一番かわいい女子の臭いをかぐのが好きだった。親に頼んでその子と同じ柔軟剤を買ってもらったりしていた。そしてある日、彼女が教室に忘れていったスクール水着を盗んで変態行為をしてしまう。、それが癖になってしまったのだがある日とんでもない光景を見てしまう・・・。

小学校三年の頃です。

クラスに香奈ちゃんという可愛い女の子がいました。
いい家のお嬢さんみたいで腰まであるロングの髪にパッツンの前髪、お人形さんみたいな女の子でした。
今でいえば橋本環奈ちゃんみたいな感じの子です。

クラスはもちろん、学校内でも一番人気のある女子でした。
俺は香奈ちゃんとすれ違うときに匂いを嗅ぐのが好きでした。
柔軟剤の匂いがしました。

俺は家族とドラッグストアへ行くと、いつも香奈ちゃんの匂いの柔軟剤を探して片っ端から柔軟剤ボトルを開け、クンクンしていました。

ある日、香奈ちゃんの匂いを発見しました。
ダウニーというブランドのブルーのやつでした。
俺はそれを買って貰いました。
自分のパンツをその匂いにすると香奈ちゃんと同一化する感じがして夢精したりしました。

ある日のことです。
放課後、図書館を利用し、その後教室に戻りました。
香奈ちゃんの机を見ます。
香奈ちゃんはビニールバックに入れたまま、スク水を忘れていました。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

俺はすぐさま辺りを見回し・・・香奈ちゃんの水泳バッグを盗みました。
机の下に隠れながら・・・アソコの部分をくんくんしました。
全体的にプールの塩素の匂いでした。

何度も舐めたり吸ったりした後、ズボンのなかに入れておチンチンをこすりつけました。
先生か誰かが歩いている音がしたのでスク水を洋服の内側に隠し、男子トイレの個室に入りました。

個室の中で香奈ちゃんのスク水を着ました。
肩ヒモは外したまま・・・無理矢理着たので金玉やチンコがきつかったです。
お尻にも食い込んでいました。

香奈ちゃんのスク水の股の部分に何度も何度もチンチンを押しつけました。擦り付けたりもしました。
俺はそのまま洋式の便器に座り、おしっこをしました。
香奈ちゃんが好きだし憧れているんだけど汚してやりたいという衝動がわき起こったんです。

俺の尿が染み込んだ香奈ちゃんのスク水をもとあったように戻しておきました。
翌日も水泳の時間があったので香奈ちゃんはその水着を着ました。
「濡れてて気持ち悪い」
と言いながら・・・。

 

その出来事以来、俺は味をしめました。
香奈ちゃんの色んなものを舐めたり、チンチンにこすりつけたりしました。

香奈ちゃんのノートや教科書にチンコを挟んだり、椅子にチンコを押しつけ、腰を振ったり、ハンカチやティッシュにチンチンの先から出る汁を染みこませたり、香奈ちゃんが箸を忘れた際には舐めまくったあと、自分のアナルに入れてみました。

痛かったので止めましたが。
香奈ちゃんのフルートも舐めました。
唾の匂いが最高です。
フルートを持ち帰り、穴のなか目がけて射精しました。
入口を拭いたまま、もとに戻し、翌朝、香奈ちゃんの机に戻しておきました。

香奈ちゃんの荷物はたまに唾の匂いがしました。
俺は香奈ちゃんの唾の匂いで興奮しました。
何度もクンクン嗅いでいました。
香奈ちゃんの唾に俺の唾を重ねるように・・・何度も舐めました。

そんなある日のことです。
放課後・・・いつも通り誰もいなくなった教室に侵入しようとすると・・・
急に掃除用具入れが「ガタガタッ」と揺れて、ぎぃっと戸が開きました。
「・・・?」

中から同じクラスの洋二が出て来ました。
俺はしばらく教室のドアに隠れ、洋二のことを見ていました。
洋二は香奈ちゃんの椅子に顔をくっつけ「クンクン」と匂いを嗅いだり舐めたりしています。
ずっと見ていましたが・・・ほぼ、俺と同じことをやっていました。

「どいつも考えてることは同じなんだな・・・」

と思いました。

以降、香奈ちゃんの唾の匂いを想像するとどうしても洋二の顔が浮かんできてしまいました。
洋二の唾の匂いだったのかも知れません・・・。
そして洋二も俺の唾の匂いを嗅いでいたのかも知れません・・・。

なので、もう香奈ちゃんのものを舐めるのは止めました。
香奈ちゃん自身を・・・・・・・・・・・

 

管理人の戯言(´・ω・`)
自身を何?!

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    小3で夢精って早すぎないか?
    水着が濡れてて気持ち悪いってw
    持って帰って洗わないのか?
    全体的にリアリティがないからシコリティもない

コメントを書く