DQN嫌いの俺がAIDSになった女友達を使ってDQNたちに復讐した結果・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】因果応報。とんでもないしっぺ返しが・・・

投稿者はDQNが大嫌い。今までも何度も女性を奪われ、芸能人まで元DQNがほとんどだと病的に恨んでいた。そんなある日、女友達がエイズにかかってしまったと泣きながら電話してきた。そこで投稿者はとんでもない策を思いつくのだが・・・。

sex

女ってバカじゃないかと思うほどDQNが好きですね・・・。

俺も何人女をもっていかれたか・・・。

マジでむかついています。絶望です。DQNがこんなにも幅をきかせているなんて・・・。

芸能人だってほとんどDQNだし。

今の俺が信用出来る女は妹くらいです。妹は処女で男ぎらいです。

俺は妹に散々、世のDQNたちの話しを聞かせ、軽蔑させる洗脳をしています。

ある日・・・女友達が電話をしてきました。

友達、と言ってもヤレればいいな・・・と思っていたけど機会がなくて結局一度もヤレなかった女なのでそんなに思い入れはありませんでした。

今頃何の用だ・・・?と思いましたが、出ました。

「もしもし?」

「・・・しくしく」

泣いているようです。辛気臭くてイヤだなぁと思いながら「どうしたの?」と聞いてみます。

「ようせいだったの・・・」

「ようせい?」

「うん・・・」

俺の頭のなかでは「妖精」に変換されていました。なんのことだ。メンヘラか?

「エイズ・・・」

女友達は消え入りそうな声で言いました。

「エイズ!?!?」

「エイズ・・・の、検査で・・・陽性だったの・・・」

げえ・・・汚ねえ・・・と思いました。電話からうつるわけではないけど・・・

正直、そう思ってしまいました。

電話を切るに切れず、話しを聞くとなんでも近所のDQNたちに集団レイプされて感染したらしいのです・・・。

「マジか・・・」

そんな重い話しをされても・・・ねえ。

でもいいことを思いつきました。

「あのさ、残った人生、楽しく生きる気、ない?」

と、聞きました。

女友達をあれこれ説得しました。

女友達は見た目が冴えません。

ある計画を実行すべく、

「明日、会おう」

と、言いました。女友達もかなり弱っているらしく「うん」と乗りました。

俺は女友達に会う前にATMで有り金全部おろしました。

マ〇イに入り、化粧品一式を購入、服も購入、女磨きをさせました。

「香水はこの匂いがいいんじゃない?」

ア〇スイというブランドの香水を購入し、つけさせました。

お金は俺が払いました。

貯金を使い切りました。

・・・いいんです。

その女友達を、六本木のクラブへ連れて行きました。

ジャ〇ーズや芸能人が酔ってナンパしまくっていることで有名なクラブでした。

片っ端から関係を持たせ、女友達にベッド写メを撮らせました。

「ピル飲んでるから生でいいよ・・・」

と、言わせました。

で、エイズをバラまかせました。

 

俺はしばらくメシウマでした。

「ざまぁ・・・」

DQN死ね死ね!片っ端から死んじまえ!!!!!!!!!!!!!!!

女友達は自分で考えることが出来なくなっている思考停止状態だったので面白いように言うことを聞きました。

その後、女友達は風邪で一気に状態悪化。亡くなりました。

「自分だけで死ぬのはムカつかない?巻き込んじゃいなよ・・・」

エイズ報告の一報を受けたあの日の電話で、そう囁いた俺。

女友達を利用してDQN成敗(エイズ感染)してメシウマだった俺・・・。片っ端から死ね死ねと思った俺。

「でも、ちょっと悪かったかな・・・」

少し反省します。

俺の部屋のドアが開きました。

妹でした。

「どうした?」

妹は下を向いたままでした。

「どうしたんだよ。抱っこしてあげようか?」

俺は聞きました。

妹は泣き始めました。男を知らない華奢な身体を震わせています。

妹は何も言いません。

「ひっく・・・ひっく」

「どうしたんだよ。お兄ちゃんに言ってみな」

「好きな・・・好きな人が死んじゃったの」

「・・・え?」

 

妹の話を聞きました。

道で声を掛けてきたキレイなお姉さん・・・。

お姉さんはいい匂いの香水をつけていた。

「お姉さんっていい匂い」と言うと、そのお姉さんは香水をくれたそう・・・

妹は部屋へ戻り、持って来て俺に見せました。

ア〇スイだ。見覚えがある・・・。

妹は話しを続けました。

そのお姉さんは毎日、学校帰りに公園のトイレでエッチなことを教えてくれた。

「ここと、お姉さんのここをこすりつけたの」

妹は自分のおマンコを指さします。

俺は血の気が引いていくのを感じました。

「そのお姉さんが・・・死んじゃったの」

「もういい」

俺は妹を黙らせました。

「お姉さん、エイ・・・」

「言わなくていい」

俺は妹を抱きしめました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
さすがに無理がある展開ですな・・・。

コメント

  1. 1. 匿名  

    クッソおもんない創作すんなよバーカwww

  2. 2. 名無しさん J  

    でもさ、全国のDQN嫌いの人達にとってはとても愉快で楽しろ可笑しい話だったやん。実際なまじめに誠実に生きても結局は世の女どもは正にテレビのようななはっちゃけたDQNな芸能人が好きで、同じ一般DQNに尻を振ってんやん、股を雑誌の袋とじのように簡単にカパッと開いていく程アホやんか。せやから、エイズなんてモンでDQNらに死をばらまいていくその姿はな大変ゆかいやないかぁ~~~!!(満面の笑み)それにな、いくら創作ゆうてもレイプされ、エイズを感染された女は可哀想やけどもな、世の報われないDQNじゃない男達は心のもやは、南の島の海のように透き通って晴れるやないかい。

  3. 3. 匿名  

    じゃあまとめるなよ、と。

コメントを書く



post date*