【肉便器】いざとなると拒否りだす独身アラフォー女に「挿れて」と言わせる方法・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者男性は小さな会社を経営をしている独身のアラフォー女性と飲んでいた。彼女に前からなんとなく好意を持たれているのを感じていた投稿者は酔っぱらった彼女の家に押しかける。やる気満々だった投稿者だが・・・・。

kongan

今から数年前、38歳のとき。
趣味の飲み会があり以前から顔見知りの女と隣席になりました。

相手はタメ年で小さいながらも会社経営、多忙なせいか独身というのは知っていた。
酒が入るとノリがいいというか、酒乱の一歩手前ってレベル。

顔はそんな美人て訳じゃないが細身で身なりはパンツスーツ、ショートカットと俺的ストライクな感じ。

飲み会も終わりに近づき徐々に人が減り始めても、彼女(裕子としておきます)はまだしゃべり足りない模様。
この日は俺が初めから相手していたこともあり、じゃ後は頼むって雰囲気で流れ解散に。

「終電なくなるから帰ろうよ」
「だめ! もっと付き合ってよ」
「もう閉店だからひとまず出よう」
「うー・・・仕方ないなぁ」

と外に連れ出すことに成功しました。

この時点で俺は抱く気満々、ひとり暮らしって聞いたし。
すぐにタクシーを拾って裕子の家に向かいました。

前々から裕子が俺に好意があったことは漠然と察していたし、まぁヤレるならヤッてみたい相手ではある。
たぶんエロいだろうなとは酔ったときの会話で想像していた。

タクシーの中ではガッチリ手を繋ぎ、時おり潤んだ目で俺を見る。
俺も酔ってたしチンポはビンビン、今夜は絶対にヤッてやる!

裕子の家に着いてヒーターのスイッチを入れる。
「寒くてゴメンね、すぐ温まるから」
コートを着たままヒーターの前に寄り添って座る。

「家まで来ちゃったよ、彼氏にバレないの?」
「彼氏ね~、一応は別れたことになってるから平気。しかもアイツ週末は奥さんとこにいるし」

ああ不倫ですか。
聞いたら10年以上のズブズブ関係。
なおさら後腐れなくヤレそうだ。

コメントを書く