【因果応報】近所に引っ越してきた独身熟女を酔った勢いでレイプした結果→彼女はまさかの・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】投稿者は長年連れ添った妻と別れたばかりだった。ある日自宅マンションに帰宅すると同じ階に中年女性が引っ越してきたところだった。挨拶もしっかりとしてくるその女性に好印象をもつ投稿者。しかしその時は思いもしない事件が後日起こるのだった・・・・。

rape

長年連れ添った妻と別れて間もない38歳の時。
会社から自宅のマンションに帰宅すると、一台の引っ越し業者のトラックが停車してあった。

様子を窺うと新しい住居人と思われる中年女性の姿があった。
茶髪にピンクのカーディガンに白いパンツという格好の、清らかで品のある雰囲気を醸し出していた。

「どうも、こんにちは」
「ああ、どうも。今日から引っ越してきました、山本と申します。これからどうぞよろしくお願いします」
山本さんは礼儀や挨拶もしっかりした人当たりのいい性格で、俺ともすぐに親しくなった。

彼女は44歳で、普段はパートをしながら、介護士の資格を取るために勉強をしており、母親の死をきっかけに遺産である家や土地を処分して、このマンションに引っ越して来たとの事。

「ところで山本さんは何階ですか?」
「2階の203号室ですけど・・・」
「僕、201号室なんですよ‼奇遇ですね‼」
「えっ⁉本当ですか‼」

山本さんが俺と同じ階に引っ越してきたことが判明。
互いに驚きながらもなにかの縁だと思い喜び合ったが、まさかこの時、彼女と肉体関係に発展するとは思いもしなかった。

山本さんとはしばらくの間、出勤前に挨拶をしたり、たまに彼女がお裾分けを持って来たりする等、ごく普通の近所関係だったが、あの日の夜を境に関係が変わる。

その日は会社の飲み会で、夜遅くに泥酔しながらマンションに帰り、ドアを開けようとしたらカギがないことに気付く。

どうやらどこかで紛失してしまったらしく、管理人もとっくに帰っているため、翌朝まで待とうとドアにもたれ掛かって寝てしまった。

「どうしたんですか⁉大丈夫ですか、和田さん?」
偶然にも遅いご帰宅だった山本さんに出くわし、彼女に頬を軽く叩かれて目を覚ました。

「よかった‼無事だったんですね・・・それにしてもなんでドアの前で寝てたんですか?」
「はいぃ・・・部屋の鍵を失くしましてね・・・」
「あら、そうだったの‼・・・よかったら家に泊まらない?」
「いいんですか?」
「ええ、困った時はお互い様でしょ‼」

山本さんの優しさに甘え、泊めてもらうことになったが、一人で起き上がることができず、肩を借りて起こしてもらい、その足で彼女の部屋に向かった。

「・・・」
その途中、担がれている腕の前方にある胸の膨らみに目が行く。
見れば見るほどその乳房が気になり、部屋に入った途端、思い切って触ってしまった。

コメントを書く