キツメの女上司の夜と昼のギャップがすごかった…

入社して3年。正月明け。俺営業部の平社員。

あまりの部の営業成績の悪さに業を煮やした社長が連れてきた上司。

紺色のスーツに縁無しメガネ。髪は後で結び、化粧は派手じゃない。

天海祐希を彷彿とさせるその容姿と言動は周囲を恐怖に陥れた。



エリート。キャリア。

有名大学を卒業後語学留学。経済学を学び博士号。

めちゃくちゃキツイ。年下の俺には容赦なく命令。

失敗すればイヤミたっぷりの説教。鬱っぽい。

「後藤君(俺ね)!あなたまた間違えてる、しっかしりて頂戴!」

イキナリ怒鳴り調子。



こんなヤツの歓迎会など誰も行きたくないしやりたくも無い。

俺も”いきたくない派”でなるべくなら触らぬ神に祟り無しという意見。

コメントを書く