【衝撃】俺が小6の時に体験した人生で最もエロかった出来事・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】猥談からとんでもない事態に発展する・・・

投稿者男性が小6の時の放課後、女子二人とHな話をしていた。女子二人が胸の話をしだして見せあっているのを横目に勃起してしまうのだが・・・。

kyousitu

20年前のこと。

放課後になってもいつまでも帰らずに、用もなく残ってる奴っているよね。
小学生の頃の俺がそうだったんだが、俺の他に女の子が二人、いつも教室に残ってた。

それまで特に話をするわけでもない俺達だったが、6年の2学期あたりから俺とJちゃんとMちゃんで猥談をするようになって、そのうちに異性の性器が見てみたいという話をするようになっていた。

はじめは絵に描いて図説するだけだったが、俺はそれでも十分に興奮して、いつもティムポを勃たせていたが、当然、それとバレないようにしていた。

ところがある日、いつもはただ話を聞くのみで、自分からはあまり話をしないMちゃんが、「生理が近づくと、ムズムズするよね」と言い出した。

おとなしいMちゃんから「生理」という言葉が出ただけでかなり衝撃的だったが、「毎回、生理が近づくとシャツで乳首が擦れて、すごく感じちゃって困るんだ」と続けたのを皮切りに、JちゃんとMちゃんのオッパイ談義が始まってしまった。

J「じゃあ、もうMもブラしなきゃ」
M「でも、まだそんなに膨らんでないし・・・」
J「ちょっと見せて・・・ああ、でも乳首もちゃんと成長してるじゃん」
M「あ!やぁっ!・・・もう!敏感なんだって言ってるじゃん!」

J「膨らんでなくても、乳首はもう大人の形になってるじゃん。ちょっとつまんだだけでそんなに感じるなら、やっぱブラつけたほうがいいよ」
M「どんな感じのつけてるの?見ていい?・・・あ、こういうかわいいのならいいな・・・それにしてもJは胸でかいよね。桃くらいあるよね」

完全に置いてけぼりにされてる上、お互い襟元から覗き込んでいるので俺には見えなかったが、服の上からMちゃんの乳首を指先で転がすJちゃんと、それに感じて息を荒げるMちゃんの姿は、はっきり言ってそれまで見たこともないエロい光景だった。

迂闊なことにその日俺は、掃除の時間にジャージに着替えたままのカッコでいた上、そんな光景を目にしてしまったので、充血した股間を隠すことなど到底無理な話だった。

そんな俺に、ついにJちゃんが気付いてしまった。
J「あ・・・勃起してる・・・」
M「え・・・?やだ!あたしたち見てそうなっちゃったの?」
J「ねぇ、見せてよ。いいでしょ?他に誰もいないし」

俺は焦った。
当時俺は仮性包茎で、勃起するとちゃんと亀頭が顔を出していた。
その姿は自分で見てもとても醜いものに感じていたので、これを女の子に見せるなど、とんでもないと思っていた。
でも、その一方でこれはチャンスかもしれないとも思っていた。
俺は「これは賭けだ」と思いながら、「じゃぁ、お前らのマ○コも見せてくれるか?」と聞いてみた。

コメントを書く