【役得】医療研修でペアの女の子の彼氏でも見ないような恥態を堪能させてもらった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

kuchikase

俺は内視鏡検査室などにいる医療職。

何か知りたかったら自分で調べてくれ。
新人は男はおれ1人、女3人だった。
最初の一週間はガイダンスみたいなもんで2人組でペアを変えずに一週間すごした。

その一週間の話をするわ。
就職後1番最初に触れた医療機器は人工呼吸器だった。

呼吸モードの説明を受け、実際にマスクをお互いに付けて会って体験した。

モードによっては結構苦しくて同じマスクを付け同じ呼吸モードで辛そうに呼吸している彼女見て俺は興奮した。

特に経鼻マスクをお互いに装着するときは何つうプレイだよ思うほどだった。

どう表現すればいいかわからんが、鼻に管を入れるとき、自然と開いていく彼女の口を見て俺はテントを貼った。

くしゃみが出そうで出ない姿をイメージしてくれるといい。
目があったときに、お互い経鼻マスクを付けた滑稽な姿に二人とも笑ってしまった。


機器の説明をしてくれる人は同じ職種ではないので、昼飯は食堂で基本2人で食べた。
そんなこんなで彼女とはかなり仲良くなった。

 

次に興奮することがあったのは、高気圧酸素療法だった。
あまり聞いたことがないと思うのです説明するが、だいたいは酸素カプセルをイメージして欲しい。

多人数用もあるらしいが、うちは個人ようでカプセルには小窓が一つついているだけ。
この機器は酸素でカプセルを加圧して気圧を2気圧にあげるというもの。

講習をしてくれたのは初めて女性だったので俺はわくわくしていた。
そして実際に入って見ることとなった。

酸素100%ため、金属などはNG。
他にもいろいろあるがそれは調べてみて。
俺らは患者が実際に着るものと同じものに着替えさせられた。

着替えさせられる前に俺はパンツの素材を確認された。
たまたま綿100%だった。これが幸運だった。

先に部屋を出て着替えに行った。
先に着替え終わり、彼女が来たらまず君が先に入るよと言われた。
彼女はなかなか戻って来なかった。
20分ほど待った。

持ち物確認後、俺が先に入る。
高気圧による頭痛と閉所恐怖症の俺は1.4気圧でリタイアした。

 

次に彼女の番なのだが、ここで驚愕の事実を知ることとなった。
ちゃんとブラ外してきたかと聞かれている彼女。

恥ずかしそうに頷く彼女。
3秒でテントを張る俺に追撃が迫る。
オムツちゃんと履いたよね?と聞かれている。
何と彼女はノーブラ、オムツの姿で俺の隣に立っていたのだ。

俺は興奮しすぎてやばかった。
カプセル内に入った彼女を、小窓から乳首が見えないかずっと見つめていた。

先輩は確実に俺の怪しい行動に気づいていたと思うが、嬉しいことに彼女は2気圧まで耐えたので眺めている時間は長った。

あとで聞いたのだが、ニップレスを付けていたそうだ。
着替えに時間がかかったのはオムツを履くのが嫌だったかららしい、
オムツが嫌ならT字帯になるよと言われ泣く泣くオムツを履いたそうだ。

 

最後は内視鏡。胃カメラね。
診療終了後にドクターの方のご好意で自分らに対して行ってくれることになった。

ちなみに内視鏡には種類がある。
経口と経鼻。経口に比べ経鼻は苦しくない。
しかし予約が2ヶ月待ち。この時は経口を使うことになった。

最初は俺から受けたが聞いてもつまらないと思うのではしょる。
彼女は内視鏡前の麻酔を終える。

口が小さいからと、バンド付きのマウスピースを付けさせられる。
これ絶対にどういうものか検索してほしい!

ただのマウスピースあるのに、なぜかバンド付きを使ったんだよ。
ほぼ口枷みたいなやつを。

マウスピースを付けた彼女見て、俺は最高潮に興奮した。
下半身は200%になった。

口をあけさられたまま、ベットに横たわり内視鏡を挿入させらる。
もうね無理やりフェラさせられてるようにしか見えんかった。

苦しいとこに内視鏡が通ると、彼女はえづいて口から鼻から液体を出してしまう。
苦しそうにする彼女。

俺はそっとティシュで拭き取ってあげる。
正直キリがなかった。
彼女は目からは、涙口、鼻から液体を出していた。

俺は大量にティシュを出し、吹きまくった。
背中もさすって上げた。

内視鏡が苦しいところを通り過ぎると、えづくのは止んだ。
多少口と鼻からはダラダラと出てくるけどね。
これは今だからわかるけど口からのはマウスピースのせいね。
口閉じられないから唾液とか全部出ちゃうの。

彼女のこんな姿見たことがあるのは、今ここにいる医師と俺だけだろうと思うと、すごい征服感を感じた。

彼女は目を真っ赤にさせながら涙を流し、鼻水たらして、口から唾液をたらしている。
興奮しないやつなんていないだろ。

胃にカメラが到着すると、ここが何でと説明をしだす医師。
カメラの映像は彼女にも見えるようになっている。

「これが○○なのわかる?」とか彼女に聞いたりしてた。
彼女はとりあえず頷いてたわw

胃カメラの先端を曲げることができるのだが、俺にそれをやらせてくれた。

とりあえず彼女の背中をさするの辞めてやらせてもらった。
正面から内視鏡挿入されている彼女を見るのも新鮮だった。

彼女に挿入している先端を曲げさせてもらうだけで俺は支配感でいっぱいだった。

内視鏡を出す時も苦しい所通るので、彼女は、えづいた。
こんな姿を見られて彼女はどう思ってんだと凄い気になった。
同期に唾液や鼻水をたらした姿を見られて、しかもその処理までされている。

俺の鼓動はこれでもかというくらいに速く鳴っていた。
内視鏡を口から取り外し医師はあとはお願いねと一言残して、内視鏡を手に隣の部屋に行った。

俺は最後に彼女の口周り、鼻周りを丁寧にティシュで拭いてあげた。

だがどうしてもマウスピースはすぐにはずしたくなくて。
今まで使ったティシュと医療用ゴム手袋の片付けを優先した。

その間彼女は全く動かなかった。
片付けが終わり彼女の元に戻ると、また口から唾液がたれ、目から涙を流してた。

俺はもう一度そっと拭いてあげ、マウスピースという口枷を外してあげた。
わざとじゃないけどゴム手はずしてた。

あとは言わなくてもわかるよな?

とりあえずこんなもんかな。
時間も時間だし寝るわ

なんか聞きたいことあったら書いてくれれば明日またくると思うので答えられる範囲で答える。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
>あとは言わなくてもわかるよな?
ごめん、分からない・・・。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    うん、俺も分からない・・・

  2. 2. 名無しさん  

    チェンジして男が内視鏡されたのかな

  3. 3. 名無しさん  

    俺も分かんない

コメントを書く