【衝撃体験】小学生の頃、女子大生の従姉がエロい恰好で寝てる姿をじっと見ていたら・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が小学生の頃に従姉の女子大生の部屋に遊びに行った。巨乳の従姉にいつも興奮していた彼は、ソファーで眠りだした従姉の身体をじっと見ていると体に異変が・・・

itoko

俺が11歳の頃、20歳の従姉の女子大生(仮名・アキ姉)がいた。

アキ姉はアパートに1人暮らししていて、近所だったのもあってたまに遊びに行っていた。

アキ姉はデブって言うほどじゃないけど肉つきが大分よくて、おっぱいはデカかったし
太もものムチムチ具合が半端なかった。

ブラの付け具合にもよるのか、たまに歩くだけで乳が揺れる。顔も割と可愛かったし、
その豊満な体を見てたびたび興奮して勃起してた。

ある日、いつものようにアキ姉の所へ遊びに行ったら、勉強の徹夜明けで相当眠かったらしく、 俺が家に入るなりすぐソファーで寝てしまった。

俺は1人でゲームする事にしたが、無防備に寝るアキ姉の事が気になってそれどころじゃなかった。
今までじっくり見たくてもあまり見れなかったアキ姉の体が、今はじっくり見られる。
こんなチャンスは今までなかったし、この先もうないかもと考えて、思い切ってアキ姉の体を至近距離で眺めることにした。

最初に小声で3回ほど、間隔をあけてアキ姉を呼んだ。
でも全く反応はなく、寝息を立てている。
完全に寝ているのが分かってさらに興奮した。

いつもなら身なりはきちんとしてるけど、夏場な上に眠かったせいか、今回アキ姉はタンクトップにショートパンツというラフな格好だった。
ソファーで横になっているから、アキ姉のデカいおっぱいが横に垂れてタンクトップがぴっちり張り付いて、ブラの模様が浮かんでいる。
ブラをしてても服からこぼれ落ちそうだった。

さらに、ソファーで座った状態からそのまま横に倒れたような形で寝ていたからか、足を曲げて尻を突き出すような体勢になっている。
ショートパンツが引っ張られてお尻に張り付いて、パンティのラインがくっきり浮かんでいた。

コメントを書く