【フンドシ】子供の頃、新興宗教の祭りで見た上級生の女の子の姿が忘れられない・・・・・・・・・・・

【体験談】ワイが「ふんどしフェチ」になった理由・・・

・幼少期、ハマってた母親に連れられて行っていた新興宗教の会合。
・そこで憧れてた上級生の女の子がいた。その子の母親も綺麗だった。
・その宗教の祭りの時、男も女もふんどし姿で参加させられるのだが・・・。

恥ずかしながら俺は「ふんどしフェチ」というマニアックなフェチ持ってたりする。

自己分析すると幼い頃の出来事が原因だと思う。

小さい頃、俺が小一~小三くらいの年齢のとき、母親が新興宗教にハマってた。

その会合みたいなのに俺を連れて母親は行ってて、そこには俺より三つ上の莉那さんって人が母親と一緒に来てた。母子家庭っぽかった。

莉那さんも俺と同じく母親に連れられてきてるみたいな感じ。

小六だったと思う。

大人びた凄く可愛い人で、高校生からナンパされることもあったり、ストーカーされることもあったって俺の母親が言ってた(莉那さんの母親から聞いたんだと思う)。

莉那さんの母親も綺麗な人で、うちの母親とは大違い。

どっかの女優みたいな美人だったから、宗教の会報誌みたいなのには莉那さん親子が表紙で使われることが多かった。

そんな中、今思うとかなりイっちゃってる祭りだと思うが、教団が普段活動場所にしてる神社で祭りをすることになった。

女性と子供だけが神輿をかついで、神社周辺の地域を練り歩く祭り。

しかも、参加者は全員ふんどし姿。

羞恥心をなくしてどうたらこうたらって建前だが、今考えると絶対幹部の趣味だと思う。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

神輿って言ってもしょぼい感じの奴で、女子供でも四人で抱えられるくらいの神輿。

そして当日は、俺と母親、莉那さん親子の四人で神輿をかつぐことになった。

その時、確か小二くらいで、莉那さんが小六、莉那さんの母親は何歳かは知らない。

莉那さんと、莉那さんの母親もふんどし姿だった。

小六って言ったらもう羞恥心はあるわけで、お尻丸出しにした莉那さんは恥ずかしそうだった。

しかも、ふんどしは教団から配られた薄布を使ってて、前の部分は透け透け。

もう生えてた莉那さんは、ふんどし姿でマン毛が薄っすら透けてた。

恥ずかしそうだけど、年下の俺に気を遣って、

「今日は頑張ろうね?」

みたいに気を遣って言ってくれたとき、ドキドキした。

で、チンポの部分はぎゅうぎゅうにされてて、それがさらに窮屈になって勃起した。

ちなみに、俺の家族は後列で、莉那さんと莉那さんの母親は前列で神輿をかついでた。

俺の目の前で、莉那さんの小ぶりなお尻が、ぷるん、ぷるん、ぷるん、ぷるんって可愛らしく揺れてた。

その光景がなんかいけないもの見てるみたいで視線をそらして、莉那さんの母親のほう見ると、さらにエロかった。

かなり大きめの尻で、ふんどしで強調された尻肉が、ぶるん、ぶるん、ぶるん、ぶるんって揺れてた。

幸いなことに怪しい宗教って思われてて、周辺住民も関わり合いのないようにしてたから、ギャラリーはほぼ皆無。

それでも数少ない通行人、特に男は、莉那さんと莉那さんの母親のふんどし姿見て、驚いててガン見していた。

神輿かつぎ終わっても祭りは終わりじゃなく、出し物とか神事とかちょこちょこあって、有志での炊き出しみたいなのもちょっとあって、俺は莉那さんとずっと行動してた。

ただ、莉那さんのふんどし姿が、ともかくエロい。

俺の目の前で、神社の階段を上り始めて、ぷるぷる小ぶりなお尻が震えてたし、しゃがんだ莉那さんを後ろから見たら、莉那さんのお尻が大きく見えて興奮した。

しかも、莉那さんがこっち向いてるときは、透け透けのマン毛も俺のほう向いてた。

時間が経って、ふんどしが莉那さんの股に食い込み気味になったときは、本気ですごかった。

ハミ毛しまくりで、アソコにふんどしが食い込んでる。

莉那さんが何回直しても、ちょっと歩いたらまたハミ毛、ちょっと歩いたらまたハミ毛ってすさまじい状況だった。

そんな莉那さんと一日中一緒にいて、完璧にふんどし姿とハミ毛が目に焼きついて離れなくて、母親が「この宗教やばい」って気付いて脱会した後も、思春期のオナネタは覚えてる限りの莉那さんのふんどし姿だった。

かなり時間が経った今、莉那さんの家族がどうしてるかは全くわからない。

ただ、幸せな毎日を過ごしてて欲しいと思う。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ふんどし祭りは今でもあるよね。

コメントを書く