彼氏に言われて書いてた私の「オシッコブログ」を勝手に公開されてた・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】彼氏に排尿管理されていた理由が・・・

大好きな彼氏が毎日のオシッコの回数と食事の内容を記録するように言って来た。最初は嫌だったが、彼氏が心配してくれてると思うと嬉しくなって続けてた。すると次はノートじゃなくて毎日ブログに載せるように言って来た。誰にも公開していないということだったので続けていたのだが、ある日、ブログの設定画面を見ようとすると、たくさんのコメントが・・・。

osikko

あたしの彼はちょっと…いや、かなり変態。

ネットで探したら、同じような人もいるのかもしれないけど…少なくともあたしの周りに、彼みたいな人はいないんだ。
変態なのが嫌なら、別れたらいいじゃんって言われそうだから、先に言っておくけど…変態なところも大好きだったりする。だって、それも彼の一部だもんね。

いろいろと変態エピソードはあるけれど、たぶん最強ランクのエピソードとしては、彼があたしにおしっこのことをいろいろと記録させていること。

いきなり、あたしの大好きなクマのキャラクターのかわいいノートを持ってきたと思ったら、
「ここに毎日、その日何回トイレに行ったかとか、何を食べたかを記録すること」
って言ってきたんだ。

意味わかんなかったし、どうせじょうだんでしょ? って思ってノート開いてみたら、ボールペンかなにかで罫線が引いてあって。

ぱらぱらってめくってみたけど、最後のページまでしっかり引いてあった。
あ、本気なんだ。本気でこんなことさせるつもりなんだ。
そう思って、ちょっとげんなりしながら彼のこと見たら、
「お前は少し食べ物の好き嫌いもあるし、水分もあまりとらないから、心配なんだ」
って言われて。…そんなこと言われたら、やるしかないじゃんね?

最初はすごく嫌だったけど……まず一日に何回おしっこしたのかとか、朝・昼・夜の食事と間食したらその内容とかを書いた。
だんだん記録するのが楽しくなってきたから、途中からはノートの使い方を少し変えて、おしっこの度に時間を記入して、その日の最後に一日の合計トイレ回数を記入した。

食べ物もすごく細かく記入するようにした。
次のデートは新しくできたパンケーキ屋さんって決めてて、当日、パンケーキを注文して待っている間に、彼にノートを提出するように言われて。

渡したら彼、すごい真剣に読み始めたんだよね。
パンケーキが届いてもまだ読んでて、
「冷めちゃうよ?」
って言ったら、
「糖分少し控えめの食事だったんだな。それ、全部食べていいよ」
って言ってくれて。
甘いもの大好きだったから、うれしくって、ぺろっと食べちゃったw

ちゃんと記録したらほめてもらえるんだ!
っていうのがうれしくて、なんでも細かく記入するようにしていたら、ノートの1冊目がすぐに終わっちゃった。

彼からメールでURLとかパスワードとかが来て、
「今度から、このブログに記録していって。パスかけてあって、俺しか見てないから」
って。

彼のことは信用していたから、言うとおりに、そのブログに今までと同じように記録していった。
あるとき、風邪を引いちゃったあたしに、
「尿の色とかはどう? 異常があったら、すぐに言うんだよ」
って心配してくれて。

大丈夫だよって返信したら、
「次におしっこに行くとき、尿の色がわかる写メを添付しなさい」
って。ちょっとさすがに嫌だなって思ったけど、彼はほんとに心配してくれてるんだって思って、素直におしっこをした便器の中を写メで撮って送った。

「少し色が濃いな。水分しっかり取ってな。心配だから、これからはブログにも朝一番の尿の写メをのせるようにして」
って。
心配しすぎだと思ったけど、彼の言うとおりにすることに。

それも数か月続いて、ブログはあたしのおしっこの写メと、そのおしっこに含まれているであろう…その日食べたごはんとかの記録が、たくさんたまってきた。

ブログの編集画面を直接ブックマークしているから、いつもはそこからブログとか写真だけ投稿して閉じちゃうんだけど、ふと、ブログの背景も変えてみようかなって思ったんだ。
季節の変わり目っていうこともあったし、なんか季節感のあるものにしようって思って。

それで今はどんな背景だったのか確認しようと思って、ブログ画面を見てみたら……コメントが、たくさんついてるの。

もしかして、彼からのコメントかな? わざわざコメントなんてしなくても、直接連絡してくれたらいいのに~なんて思いながら開いたら、
「今日は少し塩分多めの食事内容ですね~。でもやっぱり若いから、内臓も健康なんだろうなぁ。すごくいい色のおしっこ♪」
「いいなぁ、○○さんのおしっこなら買いたいです」
「この日は栄養満点な食事だね! この日のおしっこ飲んだら、俺もそれだけで栄養補給できそうwなんかいろいろエネルギーも補給できそうだし!」
とかなんとか……。

とにかくいっぱいあったんだけど、どれも別々のユーザーさんからのコメント。
怖くなって編集画面に戻って、設定の部分を見てみたら、コメントが来ても通知しない設定になっていた。

アクセス数を見てみたら、一日に100以上のアクセスがあって……。
いったいどれだけの人に、私のおしっこ写真とか見られちゃったんだろう……って思って怖くなって、その日は少しだけ泣いちゃった。
この日、初めてブログの投稿をさぼっちゃったんだ。

 

翌日、案の定彼からメールがきてさ。
「昨日は更新されてなかったけど、どうかした?」
どうかした? なんてもんじゃない。どんだけ恥ずかしくって、悲しかったのかわからないの?
イライラしたけど、怒ったってしょうがない。正直に、
「あのブログが公開されてるって知らなかったから、ショックだった」
って返事したんだ。

そしたら、いいコメントばかり抜粋してスクショ送ってくれて。
「俺の彼女がこんなに従順で、健康的ないい子だって、自慢したかったんだ。でも大丈夫、リアルな知り合いには本当に教えていない。ネットだけだから。ほら、この人なんて、お前の尿を買いたいっていってくれてるぞ」
だって。

なんかそんな風に言われて、嫌な気しなくってさ。
「あたしなんかのでいいなら、いくらでも売るよ~」
ってじょうだんで言ったつもりだったのに……その日の夜ブログ見てみたら、ブログの上の方に大きな文字で、
「☆おしっこ、週に1度、限定で1名様に販売します☆」
って文字がスクロールしてた……。

どうやってその部分を編集するのかわからなくて迷っている間に、いっぱいコメントきちゃって引っこみつかなくなっちゃって……。

今度、初めておしっこを売ってきます。
もちろん、彼もいっしょに着いてきてくれるんだけどね。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
彼氏は何がしたいんだ?金儲け?

コメントを書く