【痴漢】主婦ですが、地元の公民館での映画上映会で立ち見してたら後ろから・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

地元の公民館で行われた映画上映会。すでに満席だったので、娘を椅子に座らせて自分は立ってみることに。しかし始まってすぐにお尻に違和感を感じる女。それは男性のアレとしか思えなず・・・。

先日、私は初めて痴漢に会いました。

地元の小さな公民館で映画を上映する企画があって、小学5年生の娘と一緒に公民館へ出掛けました。
前の席はシートが敷いてあり、中央から後ろは椅子が設置されていました。

既に満席だった中、壁際の一番後ろの席が1つ空いていたので娘を座らせ、私は椅子の後ろに立って見る事にしたんです。

館内は照明が消され、上映が始まっても次々と館内へ入って来るお客さんで立ち見席も込み合っていました。
映画が始まって20分程が過ぎた時でしょうか?私の身体に触れる感触に気づきました。

”こんなに込んでいるんだから仕方ないか?”
そう思い、気にしない様にしていたんですが、明らかに触れる場所に違和感を感じたんです。

娘の椅子に寄り掛かる様に、ちょっと前屈みな姿勢だった私のお尻にコツコツと当たる感触。
暗闇で確認は出来ませんが、それは男性の肉棒の様にも感じるんです。

”こんな所で痴漢?”

そう思っていると今度は、明らかに手の平でお尻を撫でて来たんです。
娘の同級生や知り合いも多いこんな場所で、大きな声を出せば痴漢に会った事がバレテしまう。

そう思うと声を出す事も出来ず、痴漢の手から逃げる様にお尻を動かすしかありませんでした。
そんな私の内心を悟った様に、痴漢はスカートの中へ手を這わせて来て、下着の上からアソコに触れて来たんです。

コメントを書く