【体験談】「クリトリス」という言葉を知らなかった中学生の私の受難・・・・・・・・・・・・・・・

スケベ男子「クリトリスって言ってみ?」田舎女子「栗とリス?」

田舎で育った投稿者は、になっても性的な知識はゼロ。なのに男女入り混じって遊ぶような子たちばかりだった。しかしある日、ちょっとスケベな男子に「クリトリス」という言葉を教えられるが意味は教えてくれない。そこで意地になった彼女は職員室に居る先生のところへ聞きに行ってしまうが・・・。

言葉の意味を知らなくて恥をかいたことがあるっていう人、どのくらいいるんでしょうか。

けっこう多いんじゃないかなぁとは思うけれど、それってたいていが
「常識的な言葉なのに、意味を知らなかった」
とか、そういうパターンなんじゃないかなって思います。

私は「性的な」言葉の意味を知らなくって、恥をかいた経験があります。
とはいっても、のころなんですけどね。

私の地元は、すっごく田舎。学校の数が少ないから、必然的に、中学校のクラスメイトは幼稚園のころから知っている顔ばかり。
数人は転校生とかもいましたけどね。

小さいときから一緒にいると、男女の差っていうか……ふつうならくらいになると、女子は女子、男子は男子でグループを作って遊んだりするようになるものだと思うのですが、私たちはそうじゃなかったんですよね。

男女の入り混じったグループがいくつかでクラスが成り立っていて、私のいたグループは、頭はいいけれどちょっとスケベな男子が2人と、そんなにスケベではないテニス部の男子が2人、女子が私を含めて3人でした。

女子3人のうちの1人、Fちゃんは中学に入ってから転校してきた子で、あかぬけているっていうか、ちょっと都会っぽい雰囲気を持った子でした。

ある日の昼休みのことです。
同じグループのOくんがいきなり、
「なぁ、私ちゃん。ク・リ・ト・リ・スって言ってみ?」
って言ってきたんです。

特に何も思わずに、
「クリトリス(栗とリス)がどうしたの? 何それ?」
って普通に声に出して言いました。
そうしたら、テニス部の男子と話していたFちゃんが、
「ちょっと私ちゃん! そんな言葉、言ったらダメだって!」
って、真っ赤になって止めてきました。

そんな言葉って、もしかして悪口とか、よくない言葉の類だったのかもしれない。そう思って、
「ごめん…いけない言葉だった?」
って聞いたら、FちゃんだけじゃなくってOくんたち男子もみんなそろって顔見合わせて、
「私ちゃん、ほんとうにその言葉の意味知らない?」
って聞いてくるんです。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

「うん、知らない……どういう意味?」
そう聞いても、Fちゃんは黙ってしまって。もう一人の女子も、きまりがわるそうに、目をそらすんです。

私にその言葉を言わせたOくん本人も、
「なんかごめん。知らないなら、まだ知らないままでいいと思う」
そういって、はぐらかすんですよね。

私はむきになって、
「いいよ! じゃあ先生に聞いてくるから!」
そういって、みんなが止めるのも聞かずに、職員室へ。

当時の担任の先生はまだ25歳くらいの若い男の先生で、先生たちの中ではまだ下っ端だったからか、お昼休みでも忙しく何かの資料を作っていました。

入口で
「失礼します。○○先生にご用があって来ました」
と言うと、すぐに先生が顔を上げて、立ち上がろうとしてくれました。

忙しそうなのに、時間をとらせてしまってはいけないと思って、小走りで先生の机まで行って、
「先生、クリトリスって、どういう意味ですか? みんな教えてくれないんです」
って聞いたら、近くでお茶を飲んでいた先生がゴボゴボと噎せてました。

私の発言に、先生も思わず顔を赤くして、しばらく考えこんでいます。

今思うと、あの頃の私はとても幼かったんですよね。
ほかの子たちがどんどん大人びていくのに、私はなぜか顔から幼さが抜けず、あどけない顔だちをしていたと思います。
アルバムを見ても、「なんでこんなに童顔なんだろう」って思うくらいに。

そんないたいけな生徒がいきなり、職員室で「クリトリス」なんて発したものだから、大変ですよね。
周りの先生は聞いてないふりをして、なのに、シーンと静まりかえっていて聞き耳をたてているのがわかります。

先生が私に、どうこたえるのかが気になったのでしょう。
「えーっと……私さん、辞書とかで調べてみなかったのかな?」
「あ! そういえば忘れてました! 調べたら出てきますか?」
「うん、多分出てくると思うよ」
「わかりました。ありがとうございました」

目の前がぱっと開けたような気分で、軽い足取りで教室へ戻りました。
さっそく自分の机の中から電子辞書を取り出して、「クリトリス」と調べてみます。

クリトリス【clitoris】 陰核

陰核ってなんだろう?? よくわからなかったので、今度は「陰核」と調べてみました。
それでやっと、エッチな言葉だったのかもしれない! ってことがわかって、もう恥ずかしくて恥ずかしくて!!

すぐにOくんたちのところへ行って、
「ちょっとOくん!!! 先生に、さっきの言葉の意味聞いちゃったじゃない!!」
って怒ったら、
「えっ? ほんとに聞きにいってたの?!」
「マジで?! 私ちゃん勇気ありすぎ!」
そう言ってみんな大笑い。

もうすっごく恥ずかしいしむかついて、その日は「体調が悪い」といって部活を休んで家に帰りました。
父の部屋にはインターネットにつながったパソコンがあったので、それでもう一度さっきの「クリトリス」について調べてみることにしました。

母には「お父さんのパソコンで調べものしてもいい?」と了承を得たし、父はたいてい19時ころに帰宅するので、まだまだ時間はあります。

画像とかも出てきて、「クリトリスを触ると気持ちがいい」とかも書いてあったので、いろいろメモして自分の部屋に戻りました。

 

その夜、食事とお風呂を済ませて自分の部屋で、こっそりとパジャマのズボンと下着を脱ぎました。
ベッドの上に座って脚をM字に開き、脚の間に鏡を置いて、あそこを見てみました。

初めて見るアソコは、なんだかちょっとグロくって、少しだけショックを受けました。
でも、触ると気持ちがいいって書いてあったから……ちょっとだけ、そう思って、あそこに手を伸ばしました。

鏡越しに確認して、クリトリスを指先できゅうっと押してみます。
すると、腰の奥がむずむずするような気持ち良さが。

私は夢中になって、しばらくずっとクリトリスをいじっていました。……父が階段を上がってくる足音に気が付かないくらいに。

「開けるぞ~」
うちの父はノックをして返事を待たずにドアを開けるので、大股開きであそこをいじってる私と父の目がばっちり合いました。

「わ、悪かった。これ、お前あての郵便、ここに置いておくからな」
そういって、封筒を机に置いて、さっさと部屋を出ていきました。

それからしばらくは、とってもぎくしゃくしちゃって。
私はもちろん見られてしまったことがショックだったけれど、父も、娘がそんなことに興味を持ち始める年齢になったってことに少なからずショックを受けたに違いありません。

 

つい先日、結婚したいと思っている彼を紹介するために、家に連れていって、いっしょに夕食を食べました。
私は一人っ子ですから、父としてはすごく寂しかったのでしょう。
やけになってお酒を飲んでいたのですが、酔っぱらってしまったようで、いきなり、
「この子はちょっと性欲が強いだろうから、苦労するかもしれないぞ。のころから、オナニーしてたくらいだからなぁ~」
なんて笑いながら話し始めて。

母も真っ赤になって、父の頬を軽くはたいて、
「もう、あなたってば夢でも見てるんじゃないの? 何、おかしなこといってるんですか。ごめんね、○○くん、この人酔うとおかしくなっちゃうの」
「あ、いえ……」
彼は笑って流してくれたけど……帰りに、いっしょに駅まで歩いていたら、人通りが少なくなったところで強く引き寄せてきて。耳元で、
「ねぇ、のころからオナニーしてたってほんと? 今度、してるところ見せてね」
って、約束させられちゃいました。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
おやじ、クレイジーすぎだろ。
ていうかクリトリスってちゃんと調べたら「男性の陰茎(ペニス)に相当する」って書いてて驚いたw

コメント
  1. 1. 名無しさん  

    ♪大きな栗と栗鼠の唄

  2. 2. 名無しさん  

    ♪おおきなクリのきくの下でぃー♪
    ♪あなぁるとたわぁしぃ〰♪
    ♪ぱぁかぁぱぁかぁ、たいそぉだぁ〰♪

    ・・・って、
    (^_^)-c<^_^;) 何歌わせるねん

コメントを書く