寝取られ願望が強すぎた夫婦の末路→酷過ぎてワロタ・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

寝取られ願望が強い夫が妻を友人や元カレに抱かせたりしていたのだが、だんだんと刺激が足らなくなり、妻をスナックで働かせることに。妻もノリノリで気に入った客と寝まくっていた。しかしそんな妻の行動をスナックのマスターに気付かれ、マスターと付き合うことに。それが転落の始まりだとも知らずに・・・。

私も寝取られ願望を持つ亭主です。

四年ほど前、妻は私の説得で私の友人や元彼と数回寝ました。

だがこんなアブノーマルなセックスを一度経験すると、
夫婦の気持ちは段々とエスカレートし、
より強い刺激と興奮を求め始めましたが、
妻が遊ぶ男なんてそんなに簡単に見つかる訳がありません。

妻がそんな遊びを初めて一年ほどしたある日、
喫茶店に置いていた求人誌を見たのです。

風俗関係と水商売の求人誌で、
中から「カウンター譲募集・素人歓迎・アルバイト可」と

求人を出していたスナックを選び、妻を説得し、
週一回、金曜日の夜だけアルバイトに行かせました。

スナックで男を誘惑させようと考えたからです。
妻だって私の考えを知っていて、そのスナックに勤め始めたのです。

それでも夜が遅くちょっと嫌がっていた妻ですが、
男達からチヤホヤされる水商売が肌に合ったのでしょう。

昼間のパートの仕事を辞め、
週一回のアルバイトを四回に増やし本格的にスナックで勤め始めました。

私達夫婦にとってこんな最適な妻の職場は有りません。
男達から常に誘惑される職場ですから
『気に入った客が居れば寝る。』
そんなパターンになり、
半年ほどで三~四人の男と寝ました。

そんな妻の行為を周囲の者に直ぐに気づかれ、
そのスナックのマスターから『男遊びをするなら!』と説得をされ、
妻はマスターと付き合い始めたのです。

だが、それが間違いの元だったのです。

そのマスターと付き合い始めて二か月ほどしたある日の朝、
朝帰りをした妻は目の周りに青い痣を作り、
顔を少し腫れせて帰って来たのです。

一目みれば顔を殴られ、
只事では無い様子が直ぐに分かりました。

妻は泣くだけでなかなか詳細を語ろうとしませんでしたが、
少しずつ話し始めました。

そのマスターはヤクザの使い走りだったらしく、
妻はヤクザに上納されたのです。

コメントを書く