姉が俺の肛門舐めたがって困るwwwwwww

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

※この記事は↓の続きです。
 姉ちゃんにセフレのマ○コ舐めてるとこ見られた・・・orz

39:2011/08/10(水) 13:32:11.74 ID:

さて誰も待ってないと思うけど、うちの姉(においフェチ)の話の続きをば。
姉のフェラーリを無免許で運転してしまったものの、それに味をしめて連日のように暴走ドライブしちゃうほどサルでもなかった俺達2人。
俺としては姉のフェラーリの運転技術が意外に巧みだったもので、それまで気にしたことも無かった姉の男性関係が気になり始めた程度。
姉をエロ目線で初めてロックオンしてしまった自分を戒める意味でオナ禁の刑を自分に課し、このまま人生初の夢精までイってみよう!などと目論んでた。
全く反省の無いバカな弟で本当にごめんなさい。今回の話も感動などとは程遠いエロ姉弟なんで、そこんとこ何卒よろしく。

40:2011/08/10(水) 13:33:40.68 ID:

帰宅部だった姉は、俺よりも帰宅時間が断然早い。俺が部活を終えて帰ってくると、俺のベッドで姉が仮眠しているなんてことが当時はよくあった。
ここで眠りから起してしまうと、姉のにおい嗅がせろ攻撃は免れない。なぜか自分の部屋なのにコッソリと着替えたり、足音を忍ばせシャワーを浴びに行くなんてことも日常茶飯事。
前のエピソードでも書いた通り、汗臭いときに嗅がれるのは正直嫌いだった。でもにおいを嗅がれるという行為自体にそれほど嫌悪感は感じることはなく、俺のにおいが好きだと言ってベッドを占有する姉は正直好きだった。
同じシャンプー同じリンスを使っているのになぜこうもにおいが違うのか?と、俺も姉の髪の毛を嗅いだりしてたので、そのへんはお互い様。

41:2011/08/10(水) 13:34:38.17 ID:

だから姉が俺のベッドで寝る、というのもほぼ黙認状態。たまに部活がオフで俺の帰宅が早いときなどは俺も姉の隣に潜り込み、そのまま夕飯まで2人で爆睡してしまうなんてこともあった。
俺はいつも口を半開きなんで、よだれで枕を濡らすことが多々あった。それを「ブサイクすぎる」と評する姉に「いやオマエも同じだから」と何度もツッコんだことがある。
寝顔とか見ても、ほぼ同じ顔しているわけで、何も感じなかった。そう、感じなかったはずなのに、姉のフェラーリを運転した後からは、さすがに一緒のベッドに入るってのはやめるようになった。
姉の寝顔がちょっと可愛く見えちゃったりすることもあったので、知らず知らずのうちに意識してたのかも。

42:2011/08/10(水) 13:35:01.75 ID:

俺がミカにフラれて2ヶ月~くらい過ぎた頃だろうか。姉が「お姉ちゃん…生理こないんだけど…」と突然言い出した。聞いてもいないのに「生理おわたー」とか「生理きたー」とか
俺に報告してくるトボけたところのある姉だった。
弟にとってはまったく不必要とも思えるその情報も(生理時期はイライラしてっから近寄ってくんな)っていう威嚇みたいなものだと、当時の俺は解釈していたんだ。
そんな俺も「生理が遅れている」との報告は初めて受けたものでちょっと気になった。おまけに前回の「生理おわたー」時はいつもとくらべて違和感があったらしい。

43:2011/08/10(水) 13:35:46.86 ID:

姉の男性関係に興味を持ち始めていた俺。この機に乗じて、ちょっと話題を深く掘り下げてみよう。
「最後にエッチしたのいつよ?まさかまさかのオメデタですか?」言ってみてハッとした。
ひょっとしてマジだったらどうしようって、心配になった。無神経な自分の発言をちょっと恥じた。
「最後ぉ? んー…弟くんとしたのが最後だけど…?」
「し、してねーし…」
俺の心配を返してくれ。無神経な発言を恥じた優しい弟の心遣いも返せ。
そのあと姉から「したでしょー」とか「やられましたー」とか言われ続けた。

44:2011/08/10(水) 13:36:11.70 ID:

つか肝心なとこをスルーされる気配が濃厚だったので、ちょっと真剣さを醸し出してもう一度聞いてみる。
「いやいやまじで、最後はいつなの?それによっては緊急事態だろう?」
「えー言わないとダメなのー」
「イヤなら別に、俺には無関係だし?」
「ちょっとそんな言い方無いじゃん、お姉ちゃんだぞ!」
いやあんたが俺のお姉ちゃんなのは知ってるけど。なんでもオープンなように見せかけて、実は肝心なとこ秘密主義か?
「3~4ヶ月くらい…まえ…」
やっと話す気になったらしい、が、なぜか口が重い。姉の雰囲気も暗くなった。

45:2011/08/10(水) 13:42:25.61 ID:

あらら?もしかしてあんまり触れないほうが良かった話題?って、いやーな気配にちょっと身構える。
「レイプされた…」
まっ、まじかっ!? って軽々しく口には出来ずに心の中でつぶやいた。俺が予測していたパターンの中で一番困るこの展開。
それだけは勘弁って一瞬心によぎってた最悪のストーリー。まさか姉がそんな過去を背負っているとは思ってもみなかった俺。
普段の底抜けな明るさはもしかしてそんな傷を隠し持ってた裏返し?
「うっそぴょん!」
おまえくそこのばか、俺ちょっと涙出そうになってたじゃねーか。

46:2011/08/10(水) 13:43:57.37 ID:

俺がこの場で犯してやろうか、こんちくしょう。とりあえず歯ぁ食いしばれ!
「いや、ほんとに、ちょっと無理矢理っぽくされて、それで別れたの」
別れたってことは、どうやら相手は元彼氏…ってことか。んーまぁ話を聞こうか。ってことで、姉の回想シーンの女台マリ。
姉には年上の彼氏がいたらしかった。相手は高校の先輩でそれなりに男女の関係になったと。しかし相手が大学生になり、受験戦争から解放されたこともあってか性欲の権化と化す。
一人暮らしになったのも手伝い、会う度にセクースセクースセクースで愛想が尽きたそうな。んであまり乗り気じゃないときに乱暴にヤラれそうになってビンタして別れて帰ってきた。
ってことで、姉の回想シーンの糸冬ワリ。

47:2011/08/10(水) 13:44:39.11 ID:

鼻っ面をかすめた平泳ぎキックを思い出し、ビンタは200%真実だろうと心の底から思った。
姉が言うには「エッチってものはお互いがこれ以上ないくらいに昂ぶってこそアアーン」になるらしい。
まぁ理想を言えばそうでしょうけど、男はそうも言ってられない。俺から言わせりゃ「エッチってものはどちらか一方が勝手に昂ぶってもしまってもアアーン」である。
そりゃ学校行ったフリして舞い戻ってシックスナインもするっつーの。

48:2011/08/10(水) 13:45:24.38 ID:

はいはい、ならばもうこの話は終わりでよかろう。
「んじゃ3~4ヶ月前ってことで妊娠とかはまず無いよね?」
「たぶん…。生理っぽいのが1回きたし」
「っぽいの? ああ、おわたーって言ってたもんね」
「でも病院いくから弟くん付き合ってよ」
ってか、なんで俺が付き添わなくちゃいけないのよ。
「一人で病院行くの恥ずかしーよ、一緒に来てよ」
「2人で行ったほうが恥ずかしいだろ、姉弟で産婦人科とかありえませ…」
「べつに弟だって名乗る必要は無いじゃないかっ」
「それならそれで高校生が2人で産婦人科とかありえませ…」
「妊娠検査とかじゃなくて生理不順ってことでいくのっ」
ってか、それでもなんで俺が付き添わなくちゃいけないのよ。が、病院のすぐそばに美味しいたこ焼き屋があるとノセられ快諾。

49:2011/08/10(水) 13:45:51.14 ID:

まぁたこ焼きに釣られたのもあるが、一緒に行ってもいいかなって思うようなことがあったんだ。
ワザワザ弟だなんて名乗る必要は無い、って姉に言われたときに、顔がそっくりだから姉弟だってすぐにバレるよね、って話になった。
んじゃちょっと変装していこうとか、メンドクサイことを言い出す姉がメンドクサイので俺は「思い切って整形してくれ」なんて言ってみた。
そしたら「やだよこの顔気に入ってるもん」とか言われて。ちょw ナルシストw とか口では小馬鹿にしながら、顔がそっくりな俺としてもそれほど嫌な気分ではない。
なんとなく姉から俺の顔も好きだと言われた気がしたんだ。嬉しかった。んで、まんまと病院に付き合うことになった。

51:2011/08/10(水) 13:51:37.48 ID:

ふむふむ

52:2011/08/10(水) 13:52:54.05 ID:

土曜日でも午前中は診療しているらしく、姉と病院へ行く週末を迎える。当日、なぜか朝からはしゃぎまくってる姉。
その隣に姉チョイスで全身コーディネイトされた俺。「あらあらデートですか?」とかなんとか言ってる母親このやろう。
「お、珍しいなオマエがお洒落してるなんて」とか父親ばかやろう。聞いて驚けっ、今から俺達は産婦人科デートなんだよ。まぁ言えなかったけど。
とか思ってたらなぜか、産婦人科まで両親が送迎。おまえら家族揃ってグルか!
なんとなく気まずくて内緒なんだろうとか思ってた俺がバカみたいじゃないか!「映画を見に行く」と去っていく仲良し夫婦を呆然と見送りいざ病院へ。

53:2011/08/10(水) 13:54:34.96 ID:

外観は「○○レディースクリニック」とか爽やかな感じ。思ったほど重苦しくなく、ちょっと緊張もほぐれて、院内へ突入。待合室でおなかが大きい妊婦さんと旦那さんを数名見かけて再び緊張マックス。
誰がどう見ても俺達は「避妊に失敗して出来ちゃった婚目前の2人」だよ…。騙されたと思いながらも「弟なんです、姉の付き添いでエヘエヘエヘヘ」なんて聞かれてもいないのに不自然な笑顔を浮かべて自己紹介を何度か繰り返す。
でもなんか周りはみんな幸せそう。俺もちょっと嬉しくなってきてた。

54:2011/08/10(水) 13:55:09.83 ID:

病院帰りにたこ焼き頬張りながら「単なる生理不順だった」と姉。
「でもすごいイヤらしい目つきの先生だった」と衝撃告白され、一瞬にしてたこ焼きの味がわからなくなってしまった俺。
「ウソウソ、女の先生だってば、ビックリした?」なんか姉の一言一言に踊らせられまくりの今日この頃。
しかもこれはほんの序の口。数日後の姉の言葉に俺はさらに踊りまくる。
姉の話では、中○生の時に不正出血で血が止まらなくなり、母親と何度か同病院に来ていたらしい。生理不順でもすでに何度も来てると。
そんで先生をはじめ受付窓口の女性の方々ともみーんな顔見知りだとも。それ早く言って欲しかった。挙動不審な弟が自己紹介しまくる前に。

55:2011/08/10(水) 13:57:41.82 ID:

余談だが、いつも母親と病院に来ていたんだけど、その日は両親が映画を見に行く予定だと知っていたので、姉は俺を連れてきたらしい。つか、今度からは一人で行ってください、お願いしますた。
んでもまぁ悪い気はしない、こうしてデートみたいなのも満更でもないな。ミカとはSEXばかりでデートみたいなものはさっぱりだったなって思った。
付き合ってはいなかったと認識していたのでデートするはずも無いのだが。欲しいものがあるという姉の買い物に2~3件付き合い、両親と合流して帰った。
姉と両親が「どうだったの?」「いつも通り」なんて会話をしていた。
さりげない簡単な会話に大人の雰囲気を感じ、俺だけガキだなって思った。またミカのことを思い出し、なんか申し訳なかったなって反省したのを今でも覚えているよ。

56:2011/08/10(水) 14:01:14.29 ID:

いやいやいや、俺のしんみり回想シーンなんてイラネェなコレ。んでもまぁ性描写オンリーならAV見たほうが早いよね。
いくら感動なしのエロ姉弟の単なるアホエロ話でも、ちょっとは俺なりに姉を可愛らしく語ってみたかった。広い心で許して欲しい。
それにこの生理エピソードに触れておかないとエロがこないんだ。エロが。

59:2011/08/10(水) 18:45:25.89 ID:

数日後、夕飯食べてからはもう寝ようかとベッドでボケッとしてた。
ちょっとウトウトし始めた頃に姉がやってきて、ハッと意識が戻って姉の姿を確認するも、眠気が勝りまた目を閉じる。ベッドの端に姉が腰掛けて、俺の体も一瞬フワリ。
「なんか生理きそう…」またちょっとだけ目を開けて、下っ腹あたりをさすってる姉を確認。
まぶたが重いし、意識も朦朧とするなかで、どうでもいいやって思った。正直俺には無関係。女の人は大変ですね、くらいにしか思ってなかった。
姉としては俺を病院にも付き合わせたし報告するのは当然なのかもしれない。けど、俺の睡眠を妨げてまでそんな報告いらねって感じだった。

60:2011/08/10(水) 18:46:27.79 ID:

姉の顔が俺の首元あたりに近付いてきた気配がした。十中八九、においを嗅がれるのだろうとは思ったけど、嗅ぎ終わったら出て行け、とにかく俺は眠いんだって思ってたんだ。
実際ににおいを嗅いでいたかどうかはわかんなかったけど、不意に耳元で囁かれた姉の言葉に俺の意識は一瞬にして戻ってきた。
「えっちする?」って、確かに言った。
そのあとに小さく「生理前だし…」とも言った。俺はいきなりムクッと起きたよ。姉がちょっと身構えてた。

61:2011/08/10(水) 18:47:18.87 ID:

俺が無言で姉に向き直ると、「あ、うそ、ごめん、冗談でしたっ」って言って身をひるがえし、逃げようとする。
俺は追いかけて行って、姉を後ろから羽交い絞め。圧倒的な体格差と体力差を活かし、バタつく獲物をベッドまで連れ戻す。
そして後ろからおっぱい揉み揉み。ノーブラだったので姉の乳首が硬くなるのをすぐに手のひらに感じた。
「わーごめん、冗談だから、って、ちょっと、まじでごめ…」
乳首をキュッとつまんだら、姉の体が一瞬弾けて大人しくなった。

62:2011/08/10(水) 18:49:10.05 ID:

それからちょっと間を置いて「ご、めん、ちょw っとからかっ、てみた、ごw めw んーw」と、体を震わせながら姉が声を絞り出す。
俺が乳首をつまむのに合わせて、最後の謝罪の言葉はなぜか半笑いだった。ここまで俺は一切の言葉を発せず、終始無言。
姉の挑発的な言葉に我を失っていたわけではない。むしろその逆、極めて冷静。羽交い絞めの時だって姉が痛くないように細心の注意を払った。
ベッドに連れ戻すのに後ろ向きでバックオーライ、後方確認を怠らなかった。そしてさらには、たいした経験も無いくせに、生理前はおっぱいが張ってて痛いだろうからと、乳房には極上のソフトタッチ、乳首をつまむのにも指先の微妙なコントロールを心掛けていたほどだった。
獲物を狩る冷静なハンターは、今日こそコイツを懲らしめねばなるまいと思っていたんだ。

63:2011/08/10(水) 18:50:39.93 ID:

正直に言うと、俺は姉とえっちしようなんて微塵も思っちゃいなかった。フェラしてもらったあとに、一度だけ姉フェラをネタに思い出しオナニーしようかと思ったんだけど全然イケなかった。まともに勃起すらしやがらない。
これはおそらく姉が相手じゃダメですよ、って本能的に体が拒否してるんだろうと俺は思った。そして、産婦人科で仲睦まじい夫婦の姿と膨らんだおなかを見て俺の中で何かが変わった。
同時にミカに優しくなかった自分に腹が立ってしかたがなかった。肉体的には十分に大人の領域に踏み込んでいた俺が、精神的にももうワンステップ上のステージに上がりかけていたのだと思う。
そんな矢先にからかい半分で俺に近付いてきた姉が腹立たしかった。だからおっぱいを揉んだ。
いや、このくらいなら許されるかなって、思ってたんだ…アホ姉弟なんで。

64:2011/08/10(水) 18:52:25.90 ID:

「弟くんの触り方、好き…」
そんなつもりで触ってるんじゃねーし。エロいこと言うなってば。あれ?なんか全然抵抗しなくなってない?大人しくなっちゃって。逃げようとする姉を逃がすまいと、俺が押さえ付けている感じがまるでなくなってた。
むしろリラックスムードの姉が俺に体を預けて、それを俺が後ろから優しく抱っこ状態。姉が顔だけ振り向く。目が合ってすぐに俺は顔を背けた。
やばいやばい。前回もその表情に俺は吸い込まれるようにキスしたんだ。あの時は姉から誘われたのを俺から迎撃したつもりだった。
でも違うな、俺がキスしたかったんだな、って今気付いた。頭の中で色々考えてはいたけど、両手だけは別の命令系統で動いていたみたいで姉のおっぱいを優しく刺激してた。
俺に包まれた姉の体がピクピク小刻みに震えてて、俺は止め時がわからなくなった。

65:2011/08/10(水) 19:02:09.70 ID:

懲らしめるって思ってたんで、急ストップでお説教するつもりだった。
「テメェからかってんじゃねーよ、マジで犯すぞゴルァ!」くらいの勢いで。実際のところはメチャメチャ優しく愛撫を継続中。
しかも我慢できなくて、おっぱいを見ようとシャツをめくった。前回はここでストップがかかり、チラッと見えた程度で終了。でも今回は抵抗もされることなく、現れたふくらみを後ろから見おろしてた。
綺麗な乳首だなって思った。ピンクなんて大袈裟なことを書くつもりはないけど、姉の唇の色に近い感じ。
それほど大きくは無い乳房を弟であるはずの俺の手のひらが包んでて不思議。また姉が顔だけ振り向いた。
俺は顔こそ背けなかったけど、恥ずかしくて目は合わせられなかった。

67:2011/08/10(水) 19:20:17.19 ID:

下手なエロ本よりすげーよ。
文字だけで俺のアソコはレッドゾーンだ。

68:2011/08/10(水) 20:15:39.26 ID:

>>66
仲が良くて互いを思いやる姉弟の姿が眩しい、羨ましいよ。
支援!

69:2011/08/10(水) 20:50:49.02 ID:

ほのぼのしながらも割とエロくて好きだw
ってなわけで四円。

70:2011/08/10(水) 20:55:19.15 ID:

これまとめて本にしたら売れるぞ

78:2011/08/11(木) 21:15:56.91 ID:

「チューは?」
すごい優しい問いかけ。なんかムカつくくらいの甘い声。待て待て。おかしいだろ。どうして俺達チューするの。おっぱい揉んでる俺が言うのがさらにおかしいけど。
「してもいいの?」
「この前もしたくせに」
やっと目を合わせることが出来て、そのまま唇も合わせた。ほんのちょっと触れただけで姉は満足そうに微笑み、また前に向き直る。フワッと髪の毛からイイにおいが漂う。俺はその香りごと姉を強く抱きしめた。

79:2011/08/11(木) 21:16:34.01 ID:

「えっちしてもいいの?」
けっこう本気でドッキドキしながら確認してた。
「マジなのかよっ!」
えー。さっき自分から言い出したくせにー。なにその態度ー。おかしい。こんなはずじゃない。俺が姉を懲らしめるはずが、完全に俺が手玉に取られてる。
そうなんだよな、前回もこんな感じ。最初は俺がからかってるつもりなのに、いつの間にか俺が本気にさせられてんの。
合気道の達人に投げ飛ばされるってのは、おそらくこんな気持ちか?

80:2011/08/11(木) 21:16:49.52 ID:

「とりあえずシャワー浴びてくるよ」
えっちするとも、しないとも言われないまま。姉が去ったあとの微妙な空気が漂う部屋で一人考える。シャワー浴びてくるって、もう一度ここに来るって意味だよね?つか、えっちするためにシャワー浴びに行ったってことだよね?
色々なことが頭に浮かんだけど、最終的に辿り着いた結論はこれ。
「おそらく俺はまたからかわれているのだろう」
発想や思考回路がカブりまくりの俺と姉なので、シャワー浴びに行ったきりたぶんこのまま戻ってこないのではないかと俺は思っていた。

81:2011/08/11(木) 21:17:05.73 ID:

先日のフェラの前も、俺がシャワー浴びに行くフリをして戻って来ない、ってのが俺の作戦の全貌だった。においフェチの姉にシャワーは浴びないで、って言われて作戦失敗に終わったが。
たぶん姉もこのまま戻ってこないのではないかと結論付けたら、急に全ての辻褄が合った気がして、しっくりきた。安心したというと変だけど、俺は心のモヤモヤも晴れてしまい、そのまま寝た。
さっきまで眠くて眠くてしかたがなかったってこともあり、すぐに眠りに落ちていった。

85:2011/08/11(木) 21:55:44.37 ID:

どのくらい時間が経過していたのかわからない。何かの気配に目を覚ましたら目の前に顔があって、超ビビッてしまい恐怖の絶叫…をあげる一歩前に手で口を塞がれる。あまりの怖さに魂が抜け出していった気がした。
「しー! しー! しー!だってば! 騒いじゃだめっ」
姉だった。風呂上りで頭にターバンみたいにタオルが巻いてある。暗闇の中で見たその姿は、幼い頃に見た女の幽霊にちょっと似ていて俺は激しく動揺しまくり。現状を把握するのに時間を要した。
「ちょっとなんで寝てるの、体ゴシゴシ洗ってきた私がバカみたいじゃん」

86:2011/08/11(木) 22:03:55.86 ID:

その言葉に抜け出た魂が戻ってくる。同時に暗闇に目が慣れてきて姉がTシャツにパンツ一丁という姿であるのを認識した。家に居るときでも、けっこうしっかりとした服装で過ごすことが多かった姉だったので、あまり目にしたコトが無いパンツ姿。
しかも目の前に股間が迫っている。しっかりとマウントポジションを取られ、頭を一発グーで殴られる。
「ご、ごめん…」
何で謝らなくちゃいけないのかと思いつつ、本当に来やがったコイツって思ってた。しかも体をゴシゴシ洗ってきたとか言っている。
これはもう夢でもなんでもない。からかわれているわけでもなさそうだ。

87:2011/08/11(木) 22:16:30.88 ID:

「私の部屋に行こう」意味がわからないまま姉に先導されて、部屋を出る。
「枕だけ持ってきて」またもや意味がわからないまま、枕だけ取りに戻る。姉の部屋に入るのは非常に久しぶり。なんか俺の部屋とはにおいが違う。
「ベッドに入ってて」と言われ、素直にベッドに横になる。あ、姉のにおいがする、って思った。姉がふくらはぎとか、体のあちこちになんかクリームを塗ったくってた。
スキンケアってやつですか?そんなことやってたんだね、って結構冷静にその姿を眺めている余裕があった。

88:2011/08/11(木) 22:19:17.90 ID:

「よしオッケー」姉がベッドに乗っかってきた。俺は端っこに身を寄せて、姉の入るスペースを作ってやった。
「こっちがお姉ちゃんの枕だってば」と、いきなり俺の頭の下から枕を抜き取られ、フガっとなる。
「はいこれ」と姉がいつも使ってる枕を差し出してきた。姉が枕に顔を埋めてスーハーやってる。こいつアホだと思った。
「とりあえず一緒に寝てみる」姉が枕に顔を埋めたまま話し出す。
「んでも、えっちするかどうかは、よぉく考えて」人生で一番長い夜の始まりだった。

91:2011/08/11(木) 22:31:25.21 ID:

「質問!」
「はいどうぞ」
「考えた結果、やる、って思ったらやっていいのですか?」
「その質問には答えられません」
ちょっとなにこのアホ2人。とてもじゃないけどえっちする雰囲気にはなりそうもない。まぁ楽しいからいっか、って最初は思ってた。
「質問!」
「俺の意思だけが、反映されるのですか?」
「質問の意味がわかりません」
「姉ちゃんの意思は確認する必要は無いのですか?」
「なかなか鋭い質問ですね」
「はい」
「このあいだヒントは与えたつもりです」

92:2011/08/11(木) 22:38:35.03 ID:

なにそれ?ヒント?俺も意味が分からない。完全に遊ばれている悪寒がするけど、先生と生徒って感じは萌え。
「もう少しヒントをください」
「ヒントをあげてもいいですが、制限時間内に答えを出してくださいね」
「制限時間とは?」
「私が寝るまでです」
「眠い?」
「ちょっと眠くなってきた。弟くんの枕ならグッスリ眠れそう」
お返しとばかりに、枕を抜き取る。
「返して、お姉ちゃんの枕返してよ」
いや俺のだし。そう簡単に寝せてたまるか。

93:2011/08/11(木) 22:43:22.84 ID:

生理前だし、中出しか?

94:2011/08/11(木) 22:44:36.61 ID:

中出しなんかするかっ! したいけど

95:2011/08/11(木) 22:45:29.92 ID:

つか、生理前だし、の言葉に引っかかったな!俺もだけど!

96:2011/08/11(木) 22:51:30.79 ID:

枕を奪い取った姉が勝ち誇ったように続ける。
「第2ヒント」
「はい、お願いします」
「なんでコッチの部屋に移動してきたのでしょう?」
それはなんとなくわかってた。俺の部屋は両親の寝室の真上だったからね。
「しー!だってば! 騒いじゃだめっ」って姉の言葉からも、なんとなくだが、えっちするなら姉の部屋で、ってのは読み取れてた。
俺もバカじゃないので、俺がやろうと思えばやれるのはこの時点で気付いてた。そして、それは姉も同様なんだろう。
だから、「えっちするかどうかは、よぉく考えて」って俺に言ってるんだ。

98:2011/08/11(木) 23:10:11.97 ID:

第2ヒントを与えてくれた姉が俺のワキをフガフガし始める。アホっぽい表情だけど、可愛らしくもある。
夕飯前に俺もシャワー浴びてたし、先日のフェラの前に「嗅ぎまくっていいからw 今後いくらでもどうぞww 御自由にwww」とか許可していた手前、断ることも出来ない。
断るつもりもなかったし。俺も姉のおっぱいに手を伸ばす。「ダメだってば、まだ答えだしてないでしょーやだー」とか何度も手を払われる。
けっこう本気で抵抗されるので、第1ヒントの意味に気付いた。最終的に姉に未確認なんで俺の予想でしかないけど、無理矢理っぽいのはイヤってことなのかな、って思った。

99:2011/08/11(木) 23:20:52.94 ID:

「質問です」
「はい」
「エッチってものはお互いがこれ以上ないくらいに昂ぶってこそアアーンなんだよね?」
「そうですね」
「んじゃ俺だけが昂ぶってもダメですね」
「…そうですね」
「…んじゃ諦めます」
ワザとらしくしょんぼりを演出してみた。あくまで演出。俺としてはもうヤル気満々だったけど、なんか俺ばっかりヤリたがってるみたいなのが悔しくて悔しくて。

100:2011/08/11(木) 23:26:31.65 ID:

俺も悔しいぞw

101:2011/08/11(木) 23:28:23.75 ID:

フェラのときもそうだった。最初に服を脱いだのも俺。キスしたのも俺から。全裸になったのも俺。へんてこりんな格好で恥ずかしい姿を披露したのも俺だけ。今日だってそうさ。
ちょっかいかけてきたのは姉なのに。いつのまにか俺がやりたくなって。ベッドに一緒に寝てるのに、私はこのまま寝ても別に構わないみたいなスタンス。ずるい。むかつく。オマエもやりたいって言え。
頼むから俺だけがやりたがってるみたいな、そんな風に俺を追い詰めないで。

102:2011/08/11(木) 23:33:19.45 ID:

いいねいいねー!

103:2011/08/11(木) 23:38:30.17 ID:

なので俺が今度は出題者。
「さて問題です」
「やだ、クイズ出すのはお姉ちゃんだけ」
無視。
「制限時間以内にお答えください」
「やです」
さらに無視。
「ヒントはありません」
「ずるい」
ずるいのはおまえだ。
「問題、俺はスゴく昂ぶってしまっているのですが」
「・・・。」
「相手の方は果たして昂ぶっているのでしょうか?」
「・・・。」
ちょっとムカついてる風を装って、捲くし立ててみた。無言になった姉を見て、なんか勝ったと思った。

104:2011/08/11(木) 23:52:52.50 ID:

わかるぞ
その気持ち

105:2011/08/11(木) 23:53:10.58 ID:

「答えを発表しますw」
なぜ半笑いなの?そういうとこが俺はイヤなのに。
「答え、言うよ?w」
だから、ふざけ半分で笑いながら答えられても嬉しくないってば。
「言うぞ!」
「はいはい」
「さっきスゴく濡れてました…」
ちょ、予想外の答えw おまえ、なんてこと言い出しやがる。

106:2011/08/12(金) 00:02:16.38 ID:

「生理きたー」とか「生理おわたー」とか。なんでもかんでも俺に報告してくる変な奴だとは思ってた。そんな情報いらね、とは思いつつも、なんて無邪気で可愛い奴なんだろうと密かに思ってはいた。それは認める。可愛いのも認めるしかない。
んでも、濡れてましたっ、ておい。それは隠しとけ、女として。 仮にも姉として。百歩譲って「濡れたのがバレるとき」が来るとしても、それはアレだろ?
それこそ「お互いがこれ以上ないくらいに昂ぶってこそアアーン」のときだろ?
「パンツに手ぇ突っ込んで、濡れてるじゃん、いやん恥ずかしい言わないで」的な、そんな嬉し恥ずかし大冒険の末の秘密の大放出だろう?
ぶっちゃけすぎでしょ!?

107:2011/08/12(金) 00:04:47.63 ID:

な、ネタっぽいだろ。ストック書き溜めて放出してるときだと気にならないんだけど、こうやって書いては貼って書いては貼ってを繰り返してると、自分で思うんだ。 すっげネタっぽいって。
そして、イヤになるのさ…。

108:2011/08/12(金) 00:15:15.94 ID:

というわけで、気が 向いたら 書き溜 め てく るよ…

110:2011/08/12(金) 00:20:47.82 ID:

乙かれ~
でもネタっぽくないよ
正座して待ってるぞーまた書いてね

113:2011/08/12(金) 01:22:00.04 ID:

前スレで見たときはすごくチャラい感じで始まったと思ったのに。フェチ姉話にまさかこんなに萌える俺がいるとは。圧倒的に支援だこのやろう。

116:2011/08/12(金) 05:48:17.98 ID:

パンツ脱いでんねんけど…

119:2011/08/12(金) 17:34:32.61 ID:

フェチ姉は誰で脳内変換してるの、教えてエロい人!
深津絵里なんかどう?

124:2011/08/12(金) 18:55:41.67 ID:

ぶっちゃけると俺はルーキーズの人に似ていると言われるよ
俺は似てないと思うんだけどもw

125:2011/08/12(金) 19:02:36.92 ID:

ググった、佐藤隆太、天パな髪型と眉毛、目は似ているぜぃwさらに「佐藤隆太 そっくり」でググったら柳沢慎吾と田原俊彦が出たwww
そして蒼井優、これはやばい姉に似ていた、姉はもっと凛としているが。

126:2011/08/12(金) 19:05:43.55 ID:

俺は姉を「蒼井そら」で脳内変換することにしたぜぇwww

127:2011/08/12(金) 19:08:48.07 ID:

「濡れてました」発言で姉の言質はとった気がした。口でなんだかんだ言っても下のお口は濡れてんじゃん、はエロの王道である。
「それは、つまり、お互い昂ぶってます、ってこと?」
「わかんない、とりあえずチューしたい」
「…よく真顔でそんなこと言えんね、弟相手に」
「ね、自分でも思う。でも相手が弟くんだから言えるっていうか」
「普通は弟相手に言わないでしょw」
「いいよ、したくないならしなくていいもん」
姉がいじけた。おそらくワザとしょんぼり演出のリベンジ。

128:2011/08/12(金) 19:09:31.42 ID:

こういう演出は普段から姉のほうが得意分野。俺が敵う相手じゃない。
「いや、したくなくはないんだけど」
「したくなくはないんだけど?」
「チューで終わりにする自信が無い…w」
「おっと、昂ぶったかw」
「ぶっちゃけ、昂ぶったw」
「んじゃアアーンだなw」
「だなw」
マジでこんな始まり方。まるでこれから2人で散歩でも行きますか?みたいな。そこらへん一周してまた元通りの場所に戻って来れるんじゃね、くらいに思ってた。

129:2011/08/12(金) 19:39:16.78 ID:

すでに濃厚なキスは経験済みなんですんなり舌が絡む。照れくさいのでなるべく顔は見ないように心掛けてたけど、姉がワザとらしくチュパって音を出して唇を吸うので目を開ける。
犬っコロの甘噛みみたいに甘えるような仕草で俺を見てる姉。なんだよ目を閉じてたのは俺だけか、と思いそれが逆に照れくさかった。すごくドキドキするキスだった。
姉は可愛らしく「チュー」なんて表現してたけど、濃淡織り交ぜたそれはまだ経験の少ない俺を夢中にさせた。
姉のペースで事が進むのを嫌った俺は、何かきっかけはないかと頭を巡らせる。

130:2011/08/12(金) 20:31:38.96 ID:

駆け引きがいいね

132:2011/08/12(金) 21:52:51.22 ID:

かんばれ弟~

134:2011/08/12(金) 23:07:51.19 ID:

俺はさっと上を脱ぐ。そして姉のTシャツにも手を掛ける。俺が先に脱いだのに安心したのか、姉も抵抗もせず両腕を上に。
脱がせやすいようにしてくれたつもりだろうが、それが命取り。なんと書いて表現したらいいのか難しいのだけど、脱がせ切らずに腕と顔がTシャツに引っ掛かったとこで両手首をロック。
おっぱい丸出し、けれど顔は隠れてる無残な姿の姉が万歳したままの状態。作戦大成功と思いつつも、あまりにも惨めな姉の姿に、内心ごめんと思った。
しかしこのくらいやらないと主導権は握れないと心を鬼にする。乳首に吸い付き、今度は俺がワザとらしくチュパっと音をたてる。
プリプリの乳首の弾力が俺の舌を跳ね返してくるも、負けじと舌で転がす。姉はフガフガ言いつつも、ビクッと背筋を逸らせたり、逆に丸めたり大忙し。

136:2011/08/12(金) 23:36:28.90 ID:

Tシャツで隠れて表情は見えないけど、たぶん顔を真っ赤にしているだろう。そんなに力任せに押さえつけてるつもりは無い。
姉もここまでは許容範囲だったのか、そう極端に暴れたりもしていない。ここでいったん落ち着きを取り戻した俺は、あらためて姉の姿を眺める。
病気がちなイメージから、もっと貧相な体を想像してた。しかし、なかなかにバランスの取れた適度に引き締まった体つき。
色が白いのもあってか、胸の先端だけがほのかに色づき、俺の唾液でテカテカと光っているのがやけにエロい。
脇腹辺りにツツツと繰り返し指を這わせると、姉が身をよじってくびれが余計に際立つ。骨盤からウエストに掛けての秀逸なラインに満足しつつ、その延長上にあるワキの下へと俺の目が注がれた。

137:2011/08/12(金) 23:37:45.24 ID:

名残惜しくぺロっと乳首をひと舐めしたあと、そのままの勢いでワキに顔を埋める。そして、掟破りのワキの下フガフガの刑を繰り出す。
ボディソープの甘い香りと、俺には無いツルツルの感触に心惹かれ、思わず舌を這わせた。
「ちょっ!何やってりゅにょほほ!?」
弟主導の元に粛々と行われていた秘め事は、背泳ぎのバサロを思わせる姉の熱く激しい抵抗により幕を閉じた。俺はどうやら姉の許容範囲外に足を踏み入れてしまったらしい。
「変態っ、カバっ、このっもうっやっほろー!?」
これ以上ワケのわからぬ叫び声をあげさせるわけにもいかない。姉の許容範囲外は実は俺にとっては想定内。こうなることも予想していたさ。

138:2011/08/13(土) 00:02:14.39 ID:

予め決めておいたセリフを、姉の耳元、と思われるあたりで囁く。
「しー!しー!しー!だってば! 騒いじゃだめっ」
ふふふ、決まったな。俺ニンマリ。そっくりそのまま姉に言われたセリフを返してやったぜ。しかし、Tシャツが一瞬膨らんだかと思ったら、その瞬間、何かが飛んできた。
あっはーん☆ 強烈な姉の頭突き。 これは想定外。 マジ痛い。
姉も痛かったらしく「イタタタ」と聞こえた。それでも準備していたセリフの効果はあったらしく、ピタリとバサロも止んだ。
懲りずにまたワキフガフガを繰り返す。いつも俺にやってることなのに、自分がやられるのには悶絶する姉。

140:2011/08/13(土) 00:13:42.80 ID:

だんだん可哀想な気がしてきてたけど、今やめたら絶対にキックかビンタが待っていそうな気がして、なかなか解放できずに、そのままフガフガを繰り返す。
愛撫しているつもりは毛頭無いのに「やめっ」とか「だめっ」なんて小さく抵抗している姉の口から「アッ」なんて声も出始める。
まともに聞くのは初めてな姉の喘ぎ声に、そろそろ顔が見たいとTシャツを少しずつずらしてあげた。
その気配に姉も気付いたのか、首をひねって位置を調整。ポンっと顔を出す。
「ほんっと最悪だった…」
汗ばんだ額にちょっと髪の毛がひっついてるので、耳に掛けてあげた。優しくしておかないと何をされるわかったもんじゃない。

144:2011/08/13(土) 00:52:01.93 ID:

「弟くんとはもう絶交」ほら出た姉の必殺技、絶交宣言。幼い頃はこのセリフが怖かった。
でも今は全然平気。なぜなら俺達が向かう先は絶交どころか性交だから?むしろ今このタイミングで絶交なんて言ってくるのはノッてきたってことだ。ふくれっ面はしているが、姉の機嫌は悪くない。
キックもビンタも頭突きもないっぽい。ここで一応念を押しておく。
「俺、まじでしたいんだけど、いいの?」と言いながら、まだ姉の片腕に絡んでるTシャツを抜き取る。
もしダメならば、その抜き取ったTシャツをすぐ着てしまうなど、何かしらのアクションがあるだろう。でも何も無い。
「ひとつ条件がある」
ふ~っと大きく姉が息を吐き出した。

146:2011/08/13(土) 01:09:49.17 ID:

楽しみ過ぎる

147:2011/08/13(土) 01:22:48.04 ID:

「もしお姉ちゃんが、やっぱダメだなーって思ったら…」姉が何を言い出すのか俺は全く予想できなくて次の言葉を待つ間呆けたように姉の顔を見ていた。
「ダメだなーって思ったら、そのときはそこで終わりでもいい?」
「うん、終わりにする」
「今みたいなの、イヤだったよぅ…」
あら、結構嫌がられてたのか…。調子こいちゃった悪寒…。
「えー、ごめん」
「でもいっぱい濡れちゃったーw」
ギョッとしてなんとなく姉パンツに目をやる。その向こう側で姉の足先が内股でモジモジしている様子が可愛かった。

150:2011/08/13(土) 01:39:53.67 ID:

「気持ちよかったってこと?」
さりげなく姉を近くに抱き寄せ、スルリと右手をパンツに忍び込ませる。我ながらスムーズな手の動き、次の瞬間、あらやだ本当にびしょ濡れ。
「うーんワキはイヤだったよ?」
ちょっと考え込むような仕草をした後、姉が続ける。
「でも目隠しプレーっぽいのは、ちょっと興奮しオちゃったかも…ってオイ!」
「はい?」
すっトボケてマンコ弄りはじめてた俺。姉がちょっと睨んできたけど、くちゅくちゅ音をたてる自分のマンコにすぐ苦笑い。

151:2011/08/13(土) 01:58:16.27 ID:

「ちょっとアンやだ、わざと…ンッ…音出すのやめっぃてょ」
「いや、全然? 普通に触ってるだけだけど?」
「うー!っそだぁ…ンンンムゥ…絶対にぃひぃーわざとだ、はぁ…」
なんか面白い反応の姉、わかり易いようなわかり難いような。
「チューぅう?」
語尾上がりでキスをせがまれる。近くまで顔を寄せたらパクッて姉のほうから唇を含んできた。
すぐに顔を引き離して意地悪したら、「んー、んー」って唇を尖らせて甘えてくる。基本的に俺はMなのだが、俺がそうなら姉もそうだと確信めいたモノがある。
ここは迷わずイジメてみる。

153:2011/08/13(土) 02:07:25.89 ID:

「チューして欲しい?」
「うん…してぇ」
「いっぱいして欲しい?」
「いっぱいしてぇ…」
ちょっと唇を合わせて、すぐまた離す。
「んあぁぁん」
姉が拗ねた子供みたいな表情になった。これは楽しい。正直、こんな無防備な姉の姿初めて見た。いつもどこか正体不明な得体の知れない不気味な…イヤ言い過ぎた。
ミステリアスな妖しい魅力に満ちている姉の雰囲気が変わる。これは育て甲斐がありそうだと、年下のくせに俺は思ってた。

154:2011/08/13(土) 02:35:21.25 ID:

「気持ちぃ?」
「ンンンぁ…気持ちぃぃい」
「どこが?どこが気持ちぃの?教えて?」
ザッツAV!って感じのセリフを用いて、姉にオマンコって言わせてやろう。
「やぁだぁ、なんか弟くんっぽくないぃぃーアンっアアッ」
「いいじゃん、教えてよ、ここ?このくちゅくちゅ音でてるとこ?」
「えろぃょー、やだってばぁ」
「ココなんていうの、言ってみて、お、ま?」
「言うかっ!ボケェ」素に戻られた。
これはむしろ俺のほうが辱めを受けた気分。何てこと言わせるんだ。

155:2011/08/13(土) 02:37:51.41 ID:

「普通にしてw」
「ごめん」
「今もうちょっとで、イヤになるとこだったぞ」
「すいませんでした!」
素直に謝って許してもらって、チューしろと言われて、はいと言った。姉に求められるがままキスを繰り返し、指を1本から2本に増やした。
中指と薬指にうねうねしたものがまとわりついてきて圧迫感も感じた。ミカとはまるで違う感触に、女性によってこんなに違うんだなって感想。
2人を較べるつもりも無かったけど、やっぱそのへんはガキだったもので。姉が俺の腕をつかんできた。アッ、アッって言いながら。たまんない表情をしてた。

198:2011/08/16(火) 04:41:16.32 ID:

俺の腕をつかんでいる姉の手を取り、俺のティンポへと誘導。ギンギンにいきりたつ俺の股間をまさぐる、ちょっと強引だよ、痛いってば。
相手がミカなら迷わずティンポ咥えさせるとこだが果たして?下を脱いで様子をうかがう。姉はぐったりしている。
その口元にティンポを近づけてみる。姉がチラッと俺を見る。そして、ゆっくりと姉の口がアーンと開いた。
亀頭が温もりに包まれる。魅入られるようにその様子を俺は見ていた。先日も味わったはずのその行為だが、こうして目の前で見るとコレは凄い。片手を添えて姉がチュパジュバやり始めた。
音を伴うことで、よりいっそうエロさが増していった気がした。

199:2011/08/16(火) 04:43:52.41 ID:

「姉ちゃんも脱いでよ」
俺が脱がせようか迷ったが、姉に自分で脱ぐよう促した。思ったよりも素直に、姉がパンツに両手を掛け、腰を浮かせる。口での行為をいったん中断した姉の頬に手を添え、その顔を俺のティンポ引き寄せる。
「フェラはやめないで、舐めながら」
甘ったれた声でお願いする。ちょっと恥ずかしい。また思ったよりも素直に、再び姉がフェラを始める。
パンツを脱ぐのに両手はふさがっているので、口だけで俺のモノを求める姿にエロさが倍増。どう考えても姉弟でする行為ではないが、もはや血の繋がりなどどうでもよかった。
ただただ、目の前で繰り広げられる光景に圧倒されていた。

200:2011/08/16(火) 04:44:11.20 ID:

「脱げない…よぅ…」
我に返る。姉はその短い言葉を発したあとちょっと恥ずかしそうに俺を見ていた。脱ぎかけのパンツが姉の膝辺りで引っ掛かっていた。
そして、姉の恥ずかしがる理由である陰毛を視界に捉えた。俺も全体的に体毛が薄いし、さっきパンツに手を入れているときの手応えからおそらく薄いだろうとは思っていた。
しかし、それは生えている意味を問いたくなるような薄さで、ちょっと嬉しくなった。俺の興味は姉の下半身まっしぐら。
姉もそれに気付いたらしく少し体を丸めて隠す素振りを見せた。今すぐむしゃぶりつきたい衝動に駆られたけど、そこはグッとこらえた。
胸からへそ周り、わき腹へと舌を這わせていき、一番舐めたいところを通り過ぎ太ももへ。ひざ裏あたりにも優しくキスを繰り返し、くすぐったがる姉の様子を伺う。
息をハァハァいわせ、胸も小刻みに上下してた。その姿を見届けて、パンツを片足から抜き取る。なんかもったいない気がしたので、そのままパンツはもう片方の足に引っ掛けたままにした。

201:2011/08/16(火) 04:46:08.84 ID:

これでようやく2人とも全裸。
「ジロジロ見てもいい?」
ワザとらしく羞恥心を煽る言葉を姉に投げ掛け、ひざ裏に手を回す。
「いやだっ…けど暗いもん。見えないもん」
脚を閉じようとちょっとだけ姉の体が強張る。
「そうだね、全然見えないよ」って言葉を、安心させるつもりで言ったのだけど、姉には皮肉に聞こえたのか
「うそつき…」って言いながら半ば諦めたかのように脚から力が抜けていった。
ちょっと邪魔だと思えるくらいの長い脚を両脇に大きく広げ、俺は大胆なファーストタッチを選択した。

202:2011/08/16(火) 04:47:58.94 ID:

いきなりの肛門舐め。一体なぜそれを最初にチョイスしたのか俺にもわからないw
「ちょっと、いくらな…んでもそこ…は…ウワァアン!」って姉が腰をビクつかせ、なかなか照準が定まらないが舌先で突付く。
「うは、はは、ちょw やめてw まじでなんか、やばいからw」
なんか笑ってるし、やめてとは言いつつも、それほど嫌ではないらしい。俺も生まれて初めてケツの穴なんて舐めているわけだが、なんか嫌じゃないwってゆうか、肛門まで愛液が垂れててべチョべチョ、濡れすぎでしょ。
そしてそれを綺麗に舐め取ろうと全力を注いでいる自分がエロ過ぎて興奮した。
「どんな感じ?」
「変な感じだけど気持ちぃいかも…」
姉のその言葉にますますヒートアップ、舌先を尖らせ侵入を試みる。
「わわわわ、だめっだめっ」
姉の腕が俺の頭を押し返す、と同時に太ももでガッチリ挟まれる。

203:2011/08/16(火) 04:48:54.52 ID:

「なにしてんのよぅ、バカッ」
ちょっと怒ってる風に、姉が頬っぺたを膨らませているのがわかった。それでも肛門を舐められるのは割と気持ち良いらしく、俺がまた舐め始めると「やだっもう」とか言いながらも大人しく身を任せてくれた。
不思議と汚いなんて感じることは無く、ヒクヒクしているその感触を楽しんだ。そして頃合を見計らって、アナル、膣口、クリと、一気に舐め上げた。
舌全体を平らにして、密着させたまま、レーロン、レーロン、レーロンって感じに。それに合わせて「うわぁ」「うわぁ」「うわぁ」って反応する姿が新鮮だった。
リズムを変えて、最後にクリだけを舌先で弾く。姉が体を逸らせて呼応し、一瞬呼吸が止まったかのように「んはっ」って聞こえた。

204:2011/08/16(火) 04:50:12.21 ID:

やがて俺の愛撫はクリに集中し始める。舌先にツンとした感じの突起が心地良い。優しく優しく舐めあげる。
気持ちよくさせようというよりも、俺自身が満足したいがための行為。それでも姉の体が小刻みに震え出し、両の手のひらがきつくシーツを掴んでた。
「気持ちぃいよぉ…」
蚊の鳴くような声が聞こえ、柔らかそうな陰毛越しに姉と目が合う。泣きそうな顔してて、涙目になってるのに気付いた。
やけに色っぽい表情、なんか味わったことがない期待感を感じた。その期待感の正体はすぐに判明することになる。
「なんか…アッ…アア…あっだめっ…だめー!」って姉がガバッと起き上がってきた。大きく息を弾ませ、心ここにあらずな様子。
「どうしたの?」って声をかけたら、「もしかしてイッた?」って俺が聞かれて、返答に困ってしまった。

209:2011/08/16(火) 09:46:24.13 ID:

いよいよ佳境に入ってきたな~
期待してるぞ「フェチ姉」!

210:2011/08/16(火) 13:53:21.65 ID:

読ませる文章だしかもエロいね

212:2011/08/16(火) 19:50:06.12 ID:

正直に言うと俺は女をイカせたことがなかった。ミカとのセクースはお互い自分勝手にしたいことをしている感じで結果的に最後に俺がイクことで行為が終わるというのが常だった。
だから女がイクって姿をAVでしか見たコトが無いし、それだって演出や演技かも知れない。
「イッたのかな?」また同じことを繰り返し聞いてくる、いや自問自答しているって感じの
姉のアホ面から察するに、どうやら姉も初めて味わう感覚に戸惑っているらしい。
「気持ちよかったってこと?」たぶん俺も同じようなアホ面で聞いていたと思う。
「なんか気持ちよいのを通り越して、コワくなって戻ってきた感じ」
「どこからだよ?w」
「わかんないw とにかくどこかにイッてきたw」

213:2011/08/16(火) 19:50:51.76 ID:

お互い顔を見合わせ、妙な間があった。もしかしたら初めて女をイカせたかもしれない達成感など、微塵も感じることはなく、そこにあるのは、もう挿れてもいいのかな、っていう漠然とした不安のみ。
その不安を打ち払ってくれる姉の一言が炸裂。
「におい嗅ぎたいw」
押し倒されるようにして仰向け、姉が俺の股の間に入り込み、意味ありげにニヤニヤ。
「弟くんのお尻の穴も舐めてもいい?」
「いやウンコしたから無理w」
シャワー後に本当にウンコしたかどうかは謎。自分でも思い出せはしなかった。それでも姉の復讐染みた肛門舐めを阻止するには決定的な一言w
「このウンコマン!」とか俺をバカにしながら、姉が玉袋に鼻を寄せクンクンしだす。最初は度肝を抜かれたその性癖も、今ではなぜか悦びに似た気持ちすら感じた。

214:2011/08/16(火) 19:51:46.73 ID:

そして丁寧すぎるほど丁寧なフェラチオが始まる。姉の舌で舐め上げられた睾丸がその位置を変えるのがわかった。
何とも言えない切迫した感覚、そして次に裏筋を電流が駆けめぐる。焦らされるように脚の付け根から太ももに唇が移動する。
熱く猛ったサオの部分にひんやり冷たい手のひらが巻きついてきて心地良い。ゆっくりと上下にしごかれながら、余った亀頭を姉が口に含む。俺が思わず吐息を漏らすと、まるで意地悪するかのように姉が離れていく。
そして一言。
「やっぱりお尻舐めたいー」
「ダメだってばw ウンコついてるw」
「クサくない大丈夫、ウンコついてないー、クサくてもいいー」
ウンコついてないとかオマエが決めるな。せめて俺に決めさせて。こいつはマジで変態かと思うものの、なぜか心臓が跳ね上がり踊り出す。

215:2011/08/16(火) 19:52:08.47 ID:

今更「ケツ洗ってきます」とも言えないので話題を逸らす。
「つか、フェラ上手くね?」
「上手くないもん」
ちょっと気分を害した感じの返事。続けざまにもう一言。
「つか、今までこんなに念入りにしたことありませんー」
姉が不機嫌になった理由が今ならわかる。「フェラチオが上手い」なんてのは決して褒め言葉じゃないもの。男性関係の豊富さ、ややもすればヤリマン指数を表し、失礼なのかも。
「んじゃ見るだけ、いい?」
まだ肛門に執着してんのかよ。いい加減にしてください。

216:2011/08/16(火) 19:55:42.70 ID:

「つか、このまえ見たでしょ?今よりずっと明るいとこで」
そうなんだ、俺は先日、まんぐりがえしの男バージョンみたいなヘンテコりんな格好でにおいを嗅がれまくってる。まず間違いなくそのときに肛門も披露しているはずだった。
「見たーw 毛が生えてたーw」
ちょっと、なにそれ、ケツ毛ってやつですか?持ち主の俺ですら見たことないのに。管轄外のそんなとこ見られてたって、メチャ恥ずかしいんですけど。
姉が俺のひざの裏に手を差し入れる。あ、これはまたしてもまんぐりがえ…。

217:2011/08/16(火) 19:59:03.35 ID:

「ちょっと、マジで勘弁して」
「舐めたいー」
なぜ肛門なんぞ舐めたがる?オマエは俺か。まぁ発想や思考が一緒ならしかたがないのか。それとも舐められてしまった自分の肛門の敵討ちなのかw
「嗅ぎたいー」
ちょ、そっちか。俺はにおい嗅いだりしてないのに。しかしウンコしたかもしれない肛門嗅がれるって…ドキドキが止まらない。
たぶん臭いとかは言われないだろうし、むしろ喜ぶ姉の姿が容易に想像できる。なにはともあれ、コレは完全に言葉攻め。
根はMである俺の性質を見抜いた上での姉の頭脳プレーなのか?それとも単なるにおいフェチの通常プレーなのか、判断がつかない。

218:2011/08/16(火) 20:00:04.71 ID:

「お姉ちゃんもお尻が舐めたいっ!」
何を力強く宣言してるんだ、この真夜中に、素っ裸で。舐めたいのか嗅ぎたいのか見たいのか、いずれにしてもイヤだ。姉はオモチャを買って貰えなかった子供みたいな表情。
なんかたまらなくなって思わず俺は言ってしまう。
「じゃ、今度ね。ちゃんとシャワー浴びたあとでね」
「ホントっ!?(〃’∇’〃)」
顔がパァ~っと明るくなる姉。今度はオモチャを買って貰えると約束された子供みたい。そんなに喜ぶところかよ、と思いつつなぜかちょっと俺も嬉しい。

219:2011/08/16(火) 20:00:50.03 ID:

「絶対だよ、約束ねっ」
「わかったわかったから」
ケツの穴を舐めることを約束させる姉、それを受け入れる弟。姉弟の壁をまたひとつ乗り越えてしまった歴史的快挙w
そしてお盆だというのにそれをネットに発表しようと書き貯めているなんて…御先祖様に合わせる顔がない…。姉がニコニコ顔でフェラを再開する。
笑顔とフェラのコラボレーション、その絶妙なギャップが俺を苦しめる。行為に集中するとすぐにイッてしまいそうなので自然と口数が増えた。

220:2011/08/16(火) 20:03:11.12 ID:

最高

221:2011/08/16(火) 20:12:38.90 ID:

姉ちゃん素直で可愛い!

223:2011/08/16(火) 21:48:35.75 ID:

弟よねいちゃんを幸せにな

224:2011/08/16(火) 23:31:29.01 ID:

素晴らしい

227:2011/08/17(水) 01:31:46.55 ID:

「アッ、そこ気持ちぃい」
「ここ? こう?」
とにかく話しかける。話題は当然フェラ。姉も話しかけられては答えるの繰り返しで、恥ずかしがってる余裕もないのか俺がマジマジと見つめていても嫌がる素振りを見せない。
「ねぇ、俺の目、見ながらしてみて」
ちょっと大胆なことをお願いしてみる。
「バッカみたい」
口ではそう言いながらも、姉は俺と目を合わせたまま離そうとしない。
「ちょっとだけよん」
「加藤茶かよw」
姉がベェーっと舌先を出す。そのまま顔が俺のティンポに近付いてくる。あれ?俺の加藤茶は?スルーですか?

228:2011/08/17(水) 01:45:42.53 ID:

姉の舌先がゆ~っくりと裏筋を這い上がる。頂上に達したその帰り道、今度は先端からすっぽり飲み込む。
そのまま根元まで深く咥え込み、また頂上まで戻ってきてチュポっと離した。終始俺の目を見つめながら。そして笑った。
「えへw ブサイクになってた?」
俺の顔元まで急いで駆け上がってきて、そんな風に聞いてくる。自分で頼んでおいてなんだけど、本当にしてくれるとは思ってなかった。
本当にそんなことやられてみた結果、そのやられた行為よりも、そのあとの笑顔のほうが強烈。ヤバかった。
急に顔が見れなくなって、目の前にいる姉を女として強烈に意識した。

229:2011/08/17(水) 01:56:06.16 ID:

姉は俺に抱っこして離れない。首元に「いいにおいだー」なんて言いながらくっついてる。しばらくそうしてた。放っておいた。コイツに思い切りティンポを突き刺してやりたいって感情に支配されながら。
無邪気な姉を見ていたら、出来ればその感情が消えてなくなって欲しい…とは、まったく思わなかった。
今か今かとその瞬間を待ち侘びる。今、姉はなにやら和んでいるので、ここでその雰囲気は壊したくない。ここからどうやって禁断のラインを越えるのか、俺の思考はその一点に絞られた。獲物を狩る冷静なハンターの復活。
今度こそ姉を懲らしめねばなるまい、ティンポで。

231:2011/08/17(水) 02:06:04.28 ID:

下から姉を揺さぶって様子を伺う。はちきれんばかりに怒張したモノが姉の局部に迫る。挨拶代わりに軽くノックすると、姉が顔を上げる。
「いれたいひと~?」って募集されたので、「はーい」と右手を挙げて立候補。
ちょっと遅れ気味に姉も手を挙げた。おまえくそこのばか、メッチャ可愛いじゃねーか、覚悟しやがれ。入り口付近に先っちょを忍ばせる。
なかなか侵入経路が確保されないので、体勢を入れ替え正上位へ。

232:2011/08/17(水) 02:20:38.17 ID:

上へ上へと天を目指したがる向上心の強いティンポをなだめ、上じゃなくて前方にある目標に向かって狙いを定める。膣口からクリへと先端を擦り付け十分に潤すとともに、早く挿れたくてしかたがない自分を自分でちょっと焦らす。
自虐的とも思えるこの瞬間が俺は好きだ。姉と目が合い、独り善がりな自分の行為がちょっと恥ずかしいと思った。
獲物を狩る冷静なハンターが浮かれているそのとき、
「ゴムは? つけないの?」
冷静さで上回っていた獲物が静かに問いかけてきた。
「ちょ、ちょっとだけよん…」
ハンターに続き、加藤茶も復活。しかし冷静とは程遠い。
「茶化すな、つけないとダメだっ」
強い口調で姉から叱られた。ちょっと険悪なムードが漂う。

233:2011/08/17(水) 02:31:49.63 ID:

今考えると、加藤茶に変身した俺に向かって茶化すなとは、実に上手いこと言うじゃねーか姉よ、恐るべし。
「生理前だし…」って、生でもいいよ、みたいなサインかと思ってた俺。安全日なんてものが生理前にあるってことは小耳に挟んでたから、まさにタイミング的に今がそれなのかと?思ってましたが?違うのか?
もちろん中出しなんて夢物語を思い描いちゃいなかったけど、これでもかってくらいに突きまくってヘソ付近に放出するイメージは描いてた。
「生理前だって言ってたじゃん」
「だから生でいいよなんて言ってないもん」
やばい、挿入目前にしてこんな口論は避けたい。絶対に生で!なんてコレっぽっちも思っちゃいないのですぐさま軌道修正を試みる。

234:2011/08/17(水) 03:12:17.22 ID:

「ごめん、コンドーム持ってく…」
「いいよ、生でも…」
言ってることが全然違うじゃないかっ。でも姉の話には続きがあった。
「生でしてもいいけど、もしかしたらまだ生理遅れるかもだよ?」
「・・・。」
「そしたら絶対に弟くんが苦しむんだよ。もちろん私もだけど」
「・・・。」
どんどん声のトーンが下がってく姉。俺のテンションも急降下。
「その間ず~っと、2人で美味しいの食べても絶対美味しくないよ?」
「・・・。」
「このまえみたいに2人で買い物とか行っても絶対楽しくないよ?」
「・・・。」
「そんなのヤダもん」
説得力ありすぎ。返す言葉が見つからない。謝るしかないって思った。

235:2011/08/17(水) 03:16:27.39 ID:

「ごめん、ごめんなさい…でした」
喧嘩とかまともにしたことなかったので、姉に心から謝罪したのはたぶん初めて。
「ってゆうか、んじゃえっちなんかするなって話なんだけどねw」
暗くなった雰囲気を無理矢理引き戻そうと努めた姉の言葉だった。なんかもう肩身が狭いと言うか居場所がないと言うか消えてしまいたいと言うか。
(ダメだなーって思ったら、そのときはそこで終わりでもいい?)っていう姉の言葉を思い出し「そのとき」が「今」なんだって確信してた。
「こっちきて」って姉から声を掛けられる。
無理。どう接したらいいのかわかんない。強引に引っ張られるようにして姉の隣に寝せられる。またにおいを嗅がれた。
もう全てがどうでもよくなってた。

274:2011/08/22(月) 00:27:46.95 ID:

ちょっとニュアンスが違うかな。(>全てがどうでもよくなってた
どう接したらいいのか一瞬わかんなくなったのは事実だけど、どうでもいいとかじゃない。
相応しい言葉が見つからないが、俺はちょっとビビッてたのかなぁ。
「弟くん、ごめんね」
いやいや謝るとこでもないし、謝ってほしくもないとこ。
においを嗅ぎながら姉が続ける。
「そんなに生でしたいもんなの?」
オマエこそそんなににおい嗅ぎたいものなのかと言ってやりたいところだが、俺はこれでもかってくらいに首を横に振る。
生での挿入にこだわる気など毛頭ないってことを色々と説明したいとも思ったけど、俺の態度で少しは伝わってたのか、姉もこれ以上は咎める気もないようだ。

275:2011/08/22(月) 00:28:59.16 ID:

実際、生でしちゃダメって言われたショックなど全く感じちゃいない。
生理が遅れたら2人とも苦しむよ、って言われたのも納得の言葉。しかし、最も俺の心を揺さぶったのは、その後のセリフだ。
美味しいものを食べても美味しくない、買い物に行っても楽しくないってとこ。
そのセリフの前に「2人で」って言葉がついてて、そこを強調されたのがスゲェ効いた。しかも表情とか言い方がいつものトボけた姉ではなく、女って感じがリアルに滲み出してた。
姉弟として当たり前のように生活を共にしてきた毎日。2人でいることが自然で当然、なんの疑問も抱いたことはない。
そこに特別な意味を見い出すなんてこともなく過ごしてきた。明日も明後日も、その次の日だって俺達は姉弟だし、改めて強調されるまでもなく2人で出かけたりメシも食べたりもするだろって、そう思ってたのになぁ。

276:2011/08/22(月) 00:30:36.61 ID:

ワザワザそこを強調されちゃうと、ちょっと慎重にならざるをえない。今こうしている瞬間が、もしかすると明日からの俺達2人の関係はもとより生き方までをも左右しかねないのではないかと、いくら愚鈍な俺でも察知してた。
その割にはなぜか心は落ち着いてきて、やっぱ俺だけガキなのかなーって痛感してた。ミカと別れたばかりでただでさえナーバスな時期。
恋愛感情云々は考えたくもかったけど、どうやら姉の心の奥底にそれっぽい感情がある
らしいことを俺は知ってしまった。そして、俺の中にも確かに何かが芽生えてきている。
出来れば避けたいその話題ではあったが、なぜか自ら足を踏み入れていく。

277:2011/08/22(月) 00:31:06.99 ID:

「姉ちゃん俺のこと、好きなわけ?」
そんなことをストレートに質問してみる気になったのはもはや確信に近いものがあったから。
「い、いきなりそんなこと言われても…」
姉だってその言葉ほどはビックリするような展開とは思っちゃいないはず。ヘンに茶化されるよりは、答えたくないならそれでも良いですけど。
「いや俺もいきなりすぎるかとは思ったけど…」
「弟くんを困らせたくないんだけど…」
「それって、ほぼ答えじゃん」
「だってもう絶対バレてるじゃん…どうしよう?」
茶化すどころか、結構な勢いで姉なりに真面目に答えてくれた。ほぼ予想通りの反応だし、大筋は俺にとっても満足な内容。だよねー!くらいにしか思わなかったし、さほど動揺も感じない。

278:2011/08/22(月) 00:32:51.77 ID:

「どうしようって、俺に聞かれてもなぁ」
「ほらね…やっぱり困るよね」
「全然困ってないから!俺も好きだし」
うお、やけにアッサリ言っちまった。考えるより先に言葉が出ちゃった感じ。
「知ってるってば」
しかも姉が知ってるとか言ってるし。なんだ偉そうに、俺がいつそんな素振り見せた?つい先日、他の女とシックスナインをしてたくらいですよ?見てたくせに。なんだか激アツなはずの話題なのに、会話の調子が極めてドライ。
今更確認する必要もないか、みたいな雰囲気がありありなんだよね。いや俺はこのとき初めて気付いたんだけどね、姉の気持ちにも自分の気持ちにも。気付いてみたら、すごい好きなんだよ、姉のこと。最初はちょっとビビッてたけど。

279:2011/08/22(月) 00:34:30.53 ID:

好きって言っちゃったら、なんか凄い気が楽になっちまった。
「やっべぇ俺、実の姉のこと好きになっちゃったよどうしよう」なーんて悩む期間もないままに、サラッと言い終えてしまったからなのかな。
「どうしたらいいんだろう?」姉は隠してたつもりの感情がバレたせいで、俺とは逆に焦ってる感じが否めない。
「とりあえず俺はくっつきたいw」俺は姉に抱きついた。そして余裕たっぷりに甘えてみる。
さっきまでエロの対象でしかなかったおっぱいも、母性のかたまりとでもいうのかその柔らかさにスゴく安らぎを覚える。乳首だって、愛撫というよりは、赤ちゃん気分でチューチュー吸う。
「俺は弟だから何したって許される」みたいな感じで、妙に開き直ってた気がする。謝ったり。甘えたり。俺からはあまりしたことがない初めて尽くしの感覚だった。

281:2011/08/22(月) 00:35:50.43 ID:

どちらかと言えば普段は姉の方が甘ったれてた。というよりは、姉が姉である権限を行使し、弟である俺をフル活用しているといった感じだったんだろう。
いつもうまいこと利用されてた。今はたった一歳とはいえ、年下であるという特権を弟の俺が最大限に生かしてる。
新鮮でいい気分。弟で良かったと生まれて初めて感じた。いやただ弟ってだけじゃダメだな、このヒトの弟で良かったって心底感じてた。
「ちょっとぉ、一緒に考えてよー」なんか「一緒に」とか言われると超嬉しい。でも考えるのはパス。難しすぎ。
オマエが考えやがれっ。なぜって、お姉ちゃんなんだから当たり前でしょう。そんなこと考えながら、思い出したように俺は起き上がる。
「すぐ戻る、ちょっと待ってて」風のように去り、暗闇の中それを掴み取り、また舞い戻ってきた。

282:2011/08/22(月) 00:37:16.48 ID:

手のひらにそっと忍ばせ持ってきたコンドーム。たぶんバレバレ。バレバレなのに何も咎めない姉ってのが、逆になんかイイ味出してる感じ。
「考えるだけ無駄だってばぁ」無責任とも思える発言。これも弟の特権か。もうヤルことしか考えてなかった。
「もぉー、弟くんが余計なこと言うからでしょー」
「別に余計なことじゃないでしょ、真剣に聞いたつもりだってば」
テキトーに相槌を打ちながらも包装を破り、いかにも話を聞いてますってフリをしながらティンポにコンドームを装着。ちょっとションボリ気味だけど上手に被せることが出来た。
そして姉に覆い被さり、その上から毛布も被る。すっぽりと包まれた毛布の中でモゾモゾしてたら、ここでようやく姉から「コラっ」って言われた。全然怒ってない。目は笑ってるようにすら見える。

283:2011/08/22(月) 00:38:28.65 ID:

「その気持ちはどの程度なの?いつから?」
さらに質問を重ねつつ、俺も姉に重なり密着した。ふざけ半分でティンポを姉の中に侵入させようと行動を開始。
姉が全くと言っていいほど抵抗しないのは、俺がゴムを装着したことをちゃんと見抜いてるからなんだろう。それがまた俺を興奮させる。
程なくして根元まで埋まった。半勃起状態で柔らかいまま。こんなんでいいのか?って思ってしまうくらいのマッタリとした挿入だった。そのまま会話を続ける。
「どのくらい本気なわけ?いつからそんな気持ちになったの?」
「え? え? ああ、えっと…」
まさかこの状態で質問が続くとは思っていなかったのか、ちょっと躊躇したあとに姉が質問に答え始めた。

284:2011/08/22(月) 00:42:51.26 ID:

なんでこんなに仲良くできるの?
マジうち終わってるわフェチ姉支援

285:2011/08/22(月) 00:47:52.07 ID:

フェチねぇ~イイなぁ~ほすぃ~(*´д`;) ハァハァハァ

288:2011/08/22(月) 01:13:32.70 ID:

二人ともかわいいなあ。
文もとっても好きだよ。支援

291:2011/08/22(月) 10:57:08.58 ID:

「んっとね、アレだよ?四六時中好きで好きでたまらないってワケじゃないんだよ?」
「時々猛烈にうおぉぉってなるの、朝目が覚めると同時にうおぉぉって、発作かな?」
「いつからって言われると…うーんわかんない、だいぶ小さい頃から?」
「気付いたら弟くんに自分のことをなんでもかんでも教えちゃう自分がいたの、気付いてるよね?」
「それからねー彼氏のにおいを嗅いだときにねーコレじゃないって思っちゃったー」
「なんかそれが当たり前になってきてミカちゃんと別れたって聞いたときがトドメだった」
「あれでもうダメだと自覚した… ってゆうか… 弟くんのちんちん大っきくなってきてない?」
うん、だいぶ育ってきてた。自然体で一生懸命に姉が話すので、俺も出来るだけ一生懸命に耳を傾けてたつもり。でも姉が一生懸命に話せば話すほど、実はティンポ挿入されてるくせにコノヤローってギャップが…俺を奮い勃たせるのだった。

292:2011/08/22(月) 10:58:49.87 ID:

「動いてもぃい?」
それは姉に許可を求めたわけではなく、今から腰を振りますっていう俺の自分勝手な宣言。姉の返事を待つまでもなく、前後に腰を揺らす。
「いい…よ…んあっ」って姉が体を強張らせて応えてくれる。
毛布にくるまってモゾモゾ動いているその2人の姿は、スゴく秘密の行為って感じがしてた。誰に見られているわけでもないけど、俺以外の人には絶対にこの姉の姿を見せたくないって、変な独占欲に駆られていた。
ちょっと蒸し暑さを感じるくらいのその中で、汗ばんだ肌が触れ合うたびにお互いに吐息を漏らした。その行為に陶酔していくのが自分でもわかってた。

293:2011/08/22(月) 10:59:32.83 ID:

ミカとのセックスは、とにかく色々と試してみたくて、アレコレ体位を変えた。その度にティンポを抜いてはまた挿れての繰り返しでとても忙しかった印象。でも、姉とのこの行為は、とにかく離れたくなくて、くっついたままで過ごしてた。
薄暗い中で姉の顔を常に捉えておきたくて、結果的にずっと見つめてしまっていたんだ。それに気付かせてくれる姉の言葉。
「見すぎだよぉ、恥ずかしいってばぁ…」
え?って思ったけど確かにそうだ、見惚れてた。照れ隠しでエロネタを仕込む。
「だって見たくなるじゃん、姉ちゃんのティンポ挿れられてる表情とか?」
姉が恥ずかしそうにちょっとはにかみながら答える。
「弟くんってエロいよねw 触り方とかすっごい優しいの、でもエロいのw」
優しく触った覚えはあるが、エロくしようと意識した覚えはない。
「ってゆうか、甘えてたと思ったら急にちんちん挿れてくるのは卑怯だぞw」
いいじゃん、もうズッポシ入ってるじゃん、姉よ完全に手遅れだ。

294:2011/08/22(月) 11:01:42.89 ID:

「お姉ちゃんも入ってるとこ見たいー」
オマエも十分エロいじゃないかよ、と心の中でツッコミを入れながら姉の腰を優しく抱え上げ、脚もVの字みたいに持ち上げる。
興味津々って感じで姉が覗き込み、すぐに恥ずかしそうに目を逸らす。そしてまた怖いもの見たさって感じで頭を持ち上げてきた。
俺はそのタイミングを見逃さずに、前後してた腰の動きを上下に切り替え突き下ろすように腰を沈めては抜けるギリギリまで持ち上げ、さらに突き下ろす。
ブチュっと飛沫が飛んでもおかしくないような音が出て、「もういいってばっ、やんっ、生々しすぎるよぉー」って姉が下唇を噛んでた。
俺は見せつけるように2~3度さらに激しく突き入れ、そして姉を解放した。メッチャ興奮。してやったりと思って、ハァハァと息が乱れ、額に汗がにじんだ。

299:2011/08/22(月) 12:08:20.48 ID:

姉が言う通り、確かに生々しかった。
陰毛が薄いせいもあってか、2人が繋がっている部分が丸見え。その結合箇所と姉の顔を何度も見比べて「見すぎっ見すぎだってば」って姉に何度も批判されながら、俺は悦に浸った。そして特筆すべきはその挿入感。
締りが良いとか、そんなありきたりな表現では足りない、何かがあった。なんつーか、下手糞な表現だけど、俺のチンポの形にピッタリ。
ジャストフィットなその感覚は、まるで俺専用に計算されたモノであるかのよう。書いてて思ったけど、「俺専用」ってなんかエロいな…。
これは双子説まであるくらいのソックリ姉弟、男女の違いはあれど体の構造がどこか似通っていて、何か遺伝子的な秘密でもあるのではないかと疑いたいくらいのものだった。
言葉にするのがあまりに難しい。しかし、後日、姉にも同じようなことを言われたのでこの感覚は間違っちゃいない。

300:2011/08/22(月) 12:29:49.56 ID:

これが赤の他人との行為なら、相性が良いとか、肌が合うって言葉で片付けられる問題なんだろうと思う。
俺はこのときまで経験も少なく、比較の対象はミカしかいなかったけど、それから先巡り合い体を重ねた数人の女性とのセックスとを較べても姉とのそれはまるで異質。内容は一緒でも、辿りつく先に待っている世界が違う。
桁違いの射精の快感度とか、そういう具体的な感覚を伴うものとも違う。前スレで発想や思考が似ているエピソードとして、同じタイミングで同じ歌を口ずさむとか、母親に同じタイミングでメールしたとか、同じタイミングで虹を撮影してたとか書いたと思う。
考えてみると、この「同じことを同じ時間に同じタイミングでやってる」ってことの顕著な例、そして完成型が俺達2人がセックスしてしまうという行為なのだと思う。

301:2011/08/22(月) 12:30:27.83 ID:

笑っちゃうくらいに、とんでもない一体感なんだよw マジでww ヤバいwwwティンポ溶けちゃうってば。
油断してるとたぶん体ごと吸い込まれる、魂も。なんで禁断の行為なのか、身をもって体験。
そして、なんで禁断の行為なのか、身をもって理解。体験して理解すれば最終的辿り着くのは「でも姉弟なんだよね」という悲しい現実。

302:2011/08/22(月) 12:31:45.80 ID:

棒磁石ってあるじゃん?両端がS極、N極で。本当はくっつきたいのにお互い逆向きで一生くっつくことはない。
でも根元ではしっかりとくっついてるよね、アレって。俺達姉弟もそんな感じだ。違う方向を向いて一生を過ごさないといけないんだ。こういうこと書いちゃうとアレだ。悲しくなる。
アホなスケベ姉弟のまるでギャグみたいな日常を淡々と語るんだ俺は。つーわけで、いつしか俺は「でも姉弟なんだよな」って現実から目を背けた。
考えても考えても無意味。何も生まれてこない。だから考えることを放棄した。

303:2011/08/22(月) 12:45:33.74 ID:

S極、N極の棒磁石の話もなかったことにしてくれ。SでもNでもないよ、俺達。
どっちもMだ。極度のM属性。その時々によって役割分担。ケツの穴舐めてるときの俺はS。におい嗅ぎまくってくるときの姉もS。才能豊かな演技派なんだ。
笑いに変えないとやってられん、実際。

305:2011/08/22(月) 13:24:37.49 ID:

それからはさらにマターリと過ごした。生での挿入を思い浮かべ当初頭に描いていた「これでもかってくらいに突きまくってヘソ付近に放出する」ってイメージとはまるでかけ離れていた。
とにかく射精するのが目的で、必ずと言って良いほど最後はバックで突きまくってたミカとの荒々しいセックスを思い出す。
まぁそれはそれで趣があってよろしいかと思う。若さに任せての全力疾走、そこから導かれる快感も、それはそれで好きだった。
姉に言われた弟くんの触り方はすっごい優しいっていうのを意識して実践していたわけではないけど、そうすることで辛うじて自我を保ってたのかな。

306:2011/08/22(月) 13:33:40.47 ID:

被ってた毛布もいつの間にかずり落ちてた。体を絡めあう2人の姿が浮かび上がり、程好い緊張感が漂い始める。時間が経つにつれ、よりいっそう体が馴染んでくるのを感じた。
やべぇ、絶対やべぇ、これはマズいぞ…ってひたすら思ってた。今すぐにイってしまいそうとか、そういうワケじゃない。
姉とひとつに繋がっているというこの状態そのものがビジュアル的にヤバいんだ。かかえていた太ももから姉のウエストへと両手を移ししっかりと支える。
俺がひと突きするごとに姉からリアルな反応が返ってくる。下唇を噛んで耐え忍ぶかのような表情を浮かべる姉を見てさらに俺は加速した。
でもこれは心情的な加速。腰の動きは逆に急ストップ。
「ちょっといい?」
「な、なに?」
ちょっと怯えたような目で俺を見つめる姉。別にイジメるわけじゃない、安心して。

308:2011/08/22(月) 14:08:58.48 ID:

「好きって言ってよ」
その一言を告げて、またゆっくりと挿入を繰り返す。確認するまでもないんだけど、そう言って欲しくてたまんなかった。
俺は気付いてたんだ。姉は俺に対する好意をアピールはしたけれど、実際に「好き」って言葉を口にしたのは俺だけさ…。またこのパターンさ…。姉はちょっと考え込むような仕草で、挿入のリズムに合わせて小さく喘ぐ。
「言って」
少し語調を強め「言って」の「って」のタイミングでズボっと串刺しにしてやった。

309:2011/08/22(月) 14:10:16.40 ID:

ちょっとビックリ顔の姉が、俺の勢いに負けて口にする。
「すすす好きです…」
なんだその棒読みのセリフは。さっき俺達は才能豊かな演技派って書いたのに。とんだ大根役者じゃねーかwちょっと待て。今さら何を恥ずかしそうにしてる。
その表情やめろ。想いを遂げたって感じの満足そうな微笑み。遂げられてねーよ、噛み噛みだし棒読みだったってば。ややややめろ、ててて照れる。自分で頼んでおいて後悔した。
見つめながらのフェラをお願いしたときと同じ。またこのパターンさ…。強気で喧嘩ふかっけたのにアッサリ負けた気分。恥ずかしいのはコッチだ。

310:2011/08/22(月) 15:04:35.23 ID:

姉が両の手の平で口元を隠した。その隙間から「ダメっ…ああ…ダメっ」って聞こえてきた。
好きって言葉を口にして、気持ちが昂ぶったのだと思われる。けれど、それが今まで聞いていた喘ぎ声とはちょっと違う種類だと直感的に理解。
(ダメだなーって思ったら、そのときはそこで終わりでもいい?)って言葉がまた脳裏をよぎる。今度は俺の勘違いではない。
「弟くん、アッ…これ以上だめっ、もう終わりにしてー」
そして、この夜一番見事な仰け反りっぷりを姉が披露、体が浮いてた。あーここでー終わりかーって思うと同時に、俺の体にも変化が訪れる。
決して満足とは思えない姉の「好き」という一言、その後の笑顔、そして仰け反る姿。それらに刺激されたのか、俺の脳内で色んな物質が放出された。
そして射精というカタチで放たれるのだろう。いきなりそれはやってきた。

311:2011/08/22(月) 15:05:11.28 ID:

「弟くんっ!」って切ない表情の姉に見つめられ、プレッシャーが俺を襲う。
急いでティンポ抜かなきゃ!って重圧とほぼ同時にやってくる射精感。ここで無理に終わりにするとか、カッコつけてる場合じゃない。
こんなときだからこそ、カッコ悪くてもいいんじゃないか?とりあえず正直に伝えよう。今夜の俺は甘えん坊。きっと姉は許してくれるはず。
「ご、ごめん、ってゆうか、ダメだ、イっちゃう… 出ちゃう…」
メチャクチャ恥ずかしかった。姉がダメならそこで終わりって約束と違うし、直前まで偉そうに「好きって言え」とかなんとか。
何よりも、もうすぐイキそうだというそんな気配もなかったのに、姉に終わりと告げられたこのタイミングでイキそうになったことがすごくカッコ悪かった。

312:2011/08/22(月) 15:09:26.70 ID:

四円、近親相姦は蜜の味って言うしな

313:2011/08/22(月) 15:20:54.49 ID:

これぞスローセックス…④

314:2011/08/22(月) 15:36:39.90 ID:

「うっそ?ホントに?え?全然いいよぉイってもいいよっ!」ってヤケに明るい姉の声が聞こえた。表情は見てない。
俺にはそんな余裕なかった。でもたぶん「肛門舐め」を約束したときの(〃’∇’〃)← こんな顔してたんじゃないかな。子供みたいに。姉のその言葉で肩の荷が下りた。正直に言ってよかった。
全身が脱力、その代わりティンポだけが一回り大きくなったように感じた。体中のエネルギーがそこに集中、そして爆発的な解放感が待っていた。射精前のラストスパートのラの字もなかった。
精液が放たれる瞬間をこんなにゆったりと見守るのは初めてだった。俺を導くであろう2人の繋がった部分を見つめながらその時を迎えた。

315:2011/08/22(月) 15:37:22.87 ID:

全身を駆け巡っていた何かが、最後にティンポを通って飛び出してゆく。いつもはピュっ!くらいの感覚なのに、ドヒュっ!ドヒュっ!って音でも聞こえてきそうな勢いだった。
放っておけば暴れまくって精液をビクンビクン撒き散らすはずのモノ。そんなやっかいな代物を姉の中に埋め込んでいる罪悪感は当然あった。
でもそのドス黒い情念も含めて、全てを姉が優しく包み込んでくれてると錯覚してた。コンドーム越しとはいえ、姉の中で果てるって感覚は今まで味わったどんなエロい行為をも軽く凌駕してた。
全てを吐き出し終えたあとも、姉の中でそいつはトクッ、トクッと脈打ってた。姉の体の中に俺の体の一部が入り込んでいるのを一番リアルに感じた瞬間だった。

319:2011/08/22(月) 17:13:52.01 ID:

読ませるなあ。紫煙

320:2011/08/22(月) 19:57:57.92 ID:

アホでスケベ姉弟のまるでギャグのような日常
切ない純愛の物語と解釈して間違いないですね

元スレ:http://kilauea.bbspink.com/hneta/kako/1312/13128/1312847166.html

コメントを書く