職場の営業の女の子が接待の居酒屋でオヤジ達に精液飲まされた話・・・・・・・・・・・・・

タグ:
カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

職場の同期で営業の女の子と接待で居酒屋に行った時のこと。おっさんたちに囲まれて軽いセクハラを受けていた彼女だったが、偶然入って来た彼女の大学時代のサークル仲間だと言う男たちと会った途端、空気が変わった。その男たちは店の中でいきなり彼女の豊満な胸をグリグリしたり鷲掴みしたり、やりたい放題。彼女も抵抗しない。一体何があったのか聞いてみると・・・。

3年くらい前、同期の女の子が、中年オヤジのオモチャにされたときの話をする。

その子は優子っていうんだけど、

自分も優子も入社3年目の同期で、部品メーカーの営業だった。

取引先は結構な大企業もいたりして接待が毎週1回はある職場だった。

優子は割と身長もあるし(165cmくらい)、胸も尻も気持ち大きめの肉付きのいい子だった。

でも決してデブじゃない、要はエロい体をしてた。

顔はロリという程ではないが、目がぱっちりしてて顔がまるい。

本人もよく冗談で「私アゴないんだー」とか言っていた。

年上との会話が上手で、営業成績もよかった。

甘え上手で抜けてるようでいて、実際は若くして職場のエースな子。

一方俺は、必要に応じて営業に同行するいわゆる技術営業だった。

優子と同行して技術的な質問に答えたりすることが多かった。

まぁ見た目の冴えない、ごく普通の25歳。

・・・まぁ俺のことはいいかw

事が起こったのは、ある大手取引先との飲み会だった。

いつもは必ず上司も出席しているんだが、奥さんが突如入院することになり俺と優子の2人のみで対応することになった。

とはいえ、前から面識のある相手だし、飲むのも4,5回目なので、普通に楽しく飲んでいれば問題はないはずだった。

-------

場所は、ごく普通の居酒屋で一応個室。

相手は50歳くらいの中年5人。

50歳とはいえ非管理職であって偉いわけではない、普通のおっさん。

優子は唯一の女子メンバーだけあって真ん中に座らせられた。

俺は一番端っこでモロ脇役。

途中までは、優子の髪をなでたり、肘で小突いたり、多少のボディタッチはありつつも、

優子も「やだもーw」みたいな感じでまんざらでもなさそうで、飲み会は楽しく過ぎていった。

変化のきっかけは、優子の学生時代の友人(後から知った)が店に入ってきたことだった。

男A「あれ、優子じゃん?」

優子「え、A君?」

男B「本当だ、優子じゃん。ひさしぶり。」

結構チャラめで、会社勤めには見えない男2人だった。

形式的な挨拶をしているうちに、さらに2人追加。今お店に入ってきたとこらしい。

4人はズカズカと気にせず優子のそばに立ち寄ってきた。

男C「本当に優子だ、久しぶりじゃん。」

男はそう言いながら、いきなり優子の胸にグーにしたこぶしを当ててぐにぐにし始めた。

優子もフリーズしてされるがままにおっぱいを触らせていた。

良く知っている女性が知らん男に胸を触られているという非日常的な光景が目の前にあって、みんなフリーズ。

・・・中年オヤジはポカンとしながらやり取りを眺めてた。

真面目そうな優子と彼らが一体どういう関係なのか、全くつかめない様子だった。

(もちろん俺も)

優子「ちょっ、ちょっと、やだ」

10秒くらいして、ようやく優子がまともな反応をした。

男C「いやいやいや、だって久しぶりじゃん」

そう言いながらやっぱり胸をグーでうりうりと感触を楽しんでいて、優子は身をのけぞらせて躱そうとしてた。

男C「いや相変わらず柔らかいわ」 と言いつつ男は今度手のひらで胸をわしっとつかみだした。

優子「ちょっと・・・本当に!」

男C「おぉぉやわらけー」

優子「だめ、やめて」

優子が少し声を張ったせいか、胸からは手が離れたんだが、はっきりと胸を揉みしだかれたのを全員がはっきりと見てて、みな唖然だった。

コメントを書く