かわいいと思っていた新人女子社員が俺をバカにする電話を聞いてしまう→しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

田舎の営業所で働く投稿者の男性。ある日、会社の裏でタバコを吸っていると、開いている窓から新人の女子社員が電話する声が。しかもその内容は普段かわいいと思っていた彼女への感情が「ムカツク」に変わるものだった・・・。

当時俺28歳のある日。

会社のウラ側の窓から、女の声が聞こえてきたんだ。

いつも閉まってるけど、夏だからかな、ブラインドも窓も開いてた。

昼休み、俺はウラ手に広がる田んぼ見ながら、タバコぷかぷかしてた。

社員約20名の田舎の営業所。

喫煙者はなんと俺だけなんで、いつも外で吸ってる。

ここは人が来ないからのんびりリラックス出来る。

壁にもたれてさ、窓側からは身を乗り出さないと見えない位置。

窓の向こうは物置みたいなもんで、普段は人の出入りはないんだけどさ。

ただ新人のヒヨリが入社してから、時々そこで電話してるのは知ってたよ。

よく昼休みに遠距離の彼氏と話してるらしい。

どっちかっていうと地味だけど、肌つやつやで可愛い女子なんだ。

彼女は日余里ヒヨリ(仮)22歳。

うちの営業所に配属されて、俺が主な教育係。

ちょっとフシギちゃん?オタク?入ってるが、愛想は悪くないし真面目な頑張り屋だと思った。

礼儀正しくて素朴な色気があってさ、目で追っちゃう事もあったな。

ヒヨリは子供っぽいトコもあるが気が利くし、先輩後輩としてはいい感じでやれると思ったよ。

素直に言う事聞いて頑張ってくれるから、俺も気を引き締めようって気になれたんだ。

彼氏いるから、口説こうって気は起こさず、昼休みの電話に聞き耳立てた事もなかった。

でもま、その時は窓が開いてて。

聞くでもなく聞こえてしまったわけね。

「もしもし、うん。

・・昼休みだからいいけど。

・・うーん仕事、3カ月だけど、まだ慣れないよ。

・・先輩がね、うん?そう、前にも言ったでしょ、男だよ。

・・5歳くらい上カナ」

どうも俺の事話してるな、気になるよ?この状況でも盗み聞きっていうのかな。

ゆったりとした、舌足らずな喋り方。

仕事ではもどかしい事もあるが、こうやって聞いてると可愛いもんだなあ・・。

「えー?浮気とかまだソンナ心配してるの?会社では地味にしてるカラ、大丈夫だってば。

・・その人?カッコよくないって、だってサルだモン」

・・遠距離の彼が浮気の心配するのはいいとして、俺のサル顔をバカにするとは何事か!

「比べたらモンちゃんに失礼ダよ、あんなサル。

要領悪いし、タバコくっさいしね」

こいつ!オモテじゃほんわかニコニコして、ウラでは俺をバカにしてたわけか。

無性に腹がたってきたんだぜ!・・と同時にとても悲しい!いやしかし、誰にだって愚痴や本音なんてのはある。

偶然とは言え聞いてる俺も悪い。

どうする?悩んでたら、こんな事が聞こえてきた。

「イツモ電話でしてるじゃない。

昨日だって3回も・・恥ずかしかったよ」

電話でって何、してるって何、3回って何!あれか、やらしい事か!可愛い細い声して、普段からは想像つかない事ばかり話してる!

「え?やだ今?いくら何でも会社でHな事するわけナイでしょ・・!もう切るからね?じゃね。

・・・・今日も?うーん・・8時頃?・・うーん・・うん、ワカッタ・・じゃ」

・・エロい事聞いちゃったな・・。

あの声でどんな風に喘ぐんだろ?テレHか、今日もするのかな。

昔彼女とやって盛り上がった事あったなあ・・。

イイなあ・・。

やばい、意識しちゃうじゃねーか、こんなムカつく女に、チキショー。

でもまあ・・・・俺の悪口言ってたのはムカつくが、直接言ってきたわけじゃない。

悔しいがここは、聞かなかった事にして立ち去るべきだな。

それが大人というもんだ。

ところが突然、ヒヨリが窓から上半身を出した。

「あーもう~!すーハー、ウーん!・・ん?・・おぅふ!」

大きなため息と深呼吸と背伸び。

そこまでしてやっと俺に気づいた。

「あー!サル野さんお疲れ様です!あの、ココで何・・」

驚いてはいるが、今俺が来たと思ってるんだろう。

話を聞かれたとは思ってないようだ。

「昼休みにタバコ吸う時は、俺ここ来るんだ」

「あー、そうなんですか、中は禁煙でスね」

ホントは俺をバカにしてるくせにニコニコ笑いやがって。

でも可愛いな、可愛いなあーチキショ。

コメントを書く