【衝撃】学校の校舎で夏合宿。夜トイレに行くと教室に明かりが→行ってみると・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

学生の頃のクラブの夏合宿で学校に泊まった時のこと。夜、トイレに行きたくて起きると友達がいない。仕方なく一人でトイレに。すると使っていないはずの教室に明かりが・・・。行ってみると衝撃の光景が・・・。

yorukyousitu

私が学生だったころの話。

私は陸上部に入っていて、夏休みには毎年、2泊3日で学校に泊まる夏合宿があった。
部活の合宿だけど、学校の校舎を借りてやる。

午前中早くから走ったりトレーニングしたあと昼食を食べて、お昼の一番暑い時間帯には熱中症にならないように室内で夏休みの課題。
少し暑さが緩んできたら、また外でいっぱい走って……疲れきって食事をモリモリ食べて、夜のプールのシャワーで体を洗って、就寝。

私はその日、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めてしまって。
というのも、夕食がカレーだったんだけど、私は辛いのが苦手で甘口しか食べられない。
でも出てきたのは中辛くらいのカレーで、私にはすっごく辛くって、たくさんお茶を飲んだんだ。

朝まで我慢できる自信もないし、でも夜の学校って、正直かなり怖い。
隣で寝ていた、割と仲良しのアヤナって子に、着いてきてもらおうと思って、隣を見てみたら……アヤナがいない。

でも確か、アヤナは今日の練習で少し足に違和感があったとかで、途中からは見学していて……夕食のときも一緒に食べたし、シャワーもいっしょに浴びた。
急に帰ったなんてことはないだろうし……。

考えていても仕方ないし、怖いけど、がんばって一人で行くことにして、教室を出た。
なんとかトイレにたどり着き、おしっこをして……また教室まで、廊下を歩いて戻っていたら、少し先の教室から明かりが漏れているのに気が付いた。

うちの部の男子はけっこう速い子が多いから、夏合宿はもっとちゃんとした施設で行っている。
つまり、今この学校にいるのは、私たち陸上部員と、その先生たちだけ。
寝る部屋は学年ごとに1教室ずつで、しかも3室隣同士だから、少し間のあいた教室に明かりがついているなんておかしい。

怖かったけど好奇心には勝てなくって、明かりがついている教室へ。
ドアが少し開いていたから、隙間から覗いてみたら、アヤナと、コーチがいた。


コーチは私たちの学校の卒業生で、今は体育大学にいっているんだけど、夏休みにはコーチとして部活に顔を出してくれていた。

顧問の先生も、コーチのことはすごく信用しているみたいで、私たちも
「若くてかっこいいし、優しいし、このまま顧問になってくれたらいいのにね」
っていうくらい人気だった。

で、アヤナは実は、
「私、コーチのこと好きかも」
って私に話してくれていたんだよね。

「コーチ……ほんとにばれない?」
「大丈夫、みんな寝てるから。それに俺は昨日からもうアヤナの恋人でしょ? まぁ、コーチでもいいけど……」
「で、でもっ……やっぱりまだ、付き合って1日しかたってないのに、こんなの、よくないと思う……怖い、し……」
「わかった。じゃあ、気持ちのいいことだけしかしないから」

アヤナとコーチが付き合い始めたってことにもびっくりだったけど、机の上に寝かされているアヤナは全裸に上靴しか履いていなくって。そのことにもびっくりしちゃって。

声も出せずに見ていたら、コーチがアヤナの胸とかおなかとかおへそとか……太もも、膝の裏、上靴脱がせて足の指も舐めはじめた。

そんなところも舐めるんだ!って思ってたら、コーチがアヤナの日焼けしてて引き締まってる太ももを左右に開かせて、その間に顔をもってって……。しばらくして、アヤナがひっきりなしに声を上げ始めた。

「あっあっ……そ、そこぉっ…んんっう、ぅん…っ」

声を押さえようとして、自分の指を噛むアヤナ。
そのままずっとコーチはアヤナの足の間を舐めていて、アヤナがしばらくして、
「ふっ…うぅ、う……!も、なんか変……やだやだぁっ」
ってビクビク震えはじめた。

アヤナどうしちゃったの?って思って心配していたら、コーチがアヤナの足を強く机に押さえつけて、さらに激しく、こっちまで音が聞こえるくらいにアヤナのあそこを舐め回して……。

「や、や、ぁっ! あぁぁっん、んぅぅう!!」
びくびくっとアヤナが震えて、すぐに脱力。
何があったのか理解できなかったけど、なんか見ていたら私もあそこのあたりがムズムズしてきて……。

アヤナとコーチが出てくる前に、教室に戻らなきゃ!って思って、ドアから体を離したら、ガタッて音が鳴っちゃって。

「誰?!」
アヤナの鋭い声がして、すぐにコーチがドアを開けて、私は見つかってしまって……。

 

誰にも言わない、内緒にするって言ったんだけど。
アヤナが、
「私ちゃんのことは信じてる。でも、一応……」
って、コーチになんかヒソヒソ話してて。

コーチも、アヤナの言っていることにうなずいているみたいだった。
何を話しているんだろう?って思っていたら、アヤナが私の両手をぎゅっと抑えてきて、
「私ちゃんも、コーチに舐めてもらおう。そしたら、私ちゃんにも秘密ができるでしょ」
って。

アヤナがあんなにビクビクしてたのを思い出して怖くなったんだけど、大声を出すのもはずかしい。
それに、アヤナは別に痛がっていたわけではなかったし……そう思って、されるがままに机の上に寝転んで、コーチにジャージと下着を脱がせられて。

「私さんは、アヤナよりも少し幼い感じだね」
って言いながら、私のあそこを指で左右に開いてきた。

男の人にそんなところを触られるのも、見られるのも初めてだったし、それに今からそこを舐められるんだって思ったら……怖いし、なんかいろいろドキドキして。
大声出さないようにしなくちゃって唇かみしめてたんだけど、正解だった。

コーチの舌がぬるぬると私の割れ目を下から上へ舐め上げてきて……
クリトリスの皮の上から唇ではむはむされたって思ったら、舌の先っぽで皮をむくようにくすぐってきて……。

私の中から出てきたトロトロの液体を指にたっぷりつけたコーチが、クリトリスの皮を?いてきて、直に舌で舐められて。

腰がビクン!って跳ね上がるくらいの衝撃。
声を押さえるのに必死で、両手で口をふさいでる私のことなんて構わずに、コーチは夢中になってクリトリスを舐めてくる。

おなかの奥の方からムズムズしたのが上がってきて、おしっこが出そうな感覚になって……漏らしちゃったらまずいと思って、
「あ、アヤナ、コーチとめて。おしっこ、でちゃうかも……っ!」
って、アヤナにお願いしたんだけど、アヤナがぎゅって手握ってくれて、
「大丈夫だよ。さっき私もそうなったから。そのまま、楽にしてて大丈夫」
アヤナがそういうなら……って、体の力抜いてたら、頭がまっしろになって、おなかの中がキュンキュンって収縮してるのがわかった。

 

そのまましばらく息整えて、コーチに教室まで送ってもらって……。
アヤナと隣同士の布団に入って、
「なんかもう、私たち恋人みたい」
って、アヤナが私のおでこにキスしてきた。

はずかしいのに、アヤナの唇が柔らかくって、全然嫌な気持ちにならなくって。
「恋人ではないけど……秘密を共有する仲間だね」
って、私もアヤナのおでこにちゅってキスして、就寝。

 

あれからもう数年たつけど、アヤナは今はふつうに同じ大学の人と付き合ってる。
実家に帰省したりすると、だいたいどこかでお茶したりするんだけど……

あの夏の話したら、
「もう、ぜったいほかの子に話しちゃだめだからね~」
って照れるのがすっごい面白い。

実はあの合宿のあと、コーチに舐められた感触が忘れられなくって、舌で舐められてるみたいに感じられるっていう大人のおもちゃを通販でこっそり買ってみたんだ。

でも、ぜんぜんそれっぽくなくて気持ち良くないうえに、すぐに壊れちゃった。
舐められる感触を再現してるおもちゃってのは、いまだにいいものがなくてさ。

だから今は、舐め犬を飼ってます。
週に1度、餌やり?っていうか、舐めさせてあげるだけなんだけどねw

 

管理人の戯言(´・ω・`)
舐め犬=人間だわな?

コメントを書く