社員旅行でキチガイ専務がコンパニオンの人格を破壊するほど酷いレイプを・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

会社の親睦旅行で起きたレイプ事件。酔うと無茶をする専務のせいで1日目はコンパニオンに逃げられ、旅館に迷惑をかけた。2日目の旅館では大人しくしていたように見えた専務だったが、宴会のあと、仲居さんをうまくまるめこんでコンパニオンを部屋に連れ込むことに成功するが・・・。

会社の親睦旅行。

初日、二日目と名所旧跡や記念館とかを巡ってきた。初日の旅館では専務が酔って、コンパニオンや仲居さんを触ったり追いかけたりして、コンパニオンには逃げられ、旅館からは注意され大変だった。

二日目の旅館は少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も静かだった。この旅館は本館と別館に分かれ、本館は家族向けや少人数の客用で、我々の別館は各部屋の外に専用の露天風呂が付いていた。

さて問題の宴会が始まるが、専務(33才)と取り巻きグループが9名、年配の管理職グループが5名、そして俺たち若手グループの8名に自然と分かれて座った。若手はもっと多いのだが、親睦旅行には出てこない。特に女子は全く参加する気配すら無かった。

午後6時からの宴会が、早く旅館に到着したのもあり、温泉に浸かりゆっくりしてから無理を言って早く始めてもらった。しかし肝心のコンパニオンは6時には 来ずに遅刻してきた。また残念なことに、この温泉にはピンクコンパニオンの派遣はない。しかも20代は2人だけで、30代半ばが2人、もう1人は40代半 ばの5名だった。

昨日の旅館のことがあって、専務は多少騒いではいたが比較的大人しく飲んでいた。宴会も半ばも過ぎた頃に、なぜか20代半のコンパニオンのひとりが俺の前に座るようになり、いろいろ話をしてくれた。

まだお座敷には7、8回ほどしか出ていない新人で普段はコンビニでアルバイトをしているそうだ。上半身はほっそりしているが、お尻が大きく太ももは、はちきれんばかりだった。少し蒸し暑い季節だからか、白くて薄いブラウスに同じく白の薄いミニスカート。

20代の彼女ともう1人は生脚だった。薄いブラウスはブラが透けて見えるし、パンティラインもはっきりわかる。どうも彼女は薄いブルー系の下着のようだっ た。彼女は元ヤンで28歳のバツイチ。休祭日に3歳の女の子を両親に預け、ひとりで旅館の寮に入っている。本当はこんな接客の仕事は苦手だし、酔っ払い相 手も苦手、中にはハメを外すスケベな客もいるので嫌なんだが、時給が良いので辞められない。

コメントを書く