【バカ】大学の女装コンテストで優勝した俺、女風呂を覗こうと計画→想定外の結果に・・・・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

学園祭で女装コンテストに出場して優勝した投稿者の男性。女顔で背の低い彼はそれに味を占めて女装して女風呂を除く計画を立てる。しかし潜入しようとした矢先、思いもよらない結果に・・・。

onnnayu

大学の学祭で、ミスコンがあった。

ただのミスコンじゃなく、「男が出場するミスコン」。
要するに、女装して誰がいちばん似合うかって奴。

ガリで背が低くて(161cmしかない)女顔の俺は、サークルの先輩から命令されて出ることになった。
体育会系だから、逆らえないし。

で、女の先輩からメイクしてもらって、服借りてパッドして胸つめて出場すると、優勝。大うけした。
つか、自分で鏡見ても女にしか見えない。

それから、ある考えが思い浮かんだ。

「女装すれば女風呂に堂々と入ってもバレねーんじゃね?」

もちろん、服脱げばバレるが、脱衣所くらいだったら問題なさそうだった。

身長のせいで今までモテなかった俺のエロの力はすごくて、普段は努力とか勉強とか苦手な俺が、メイク道具揃えて、メイク勉強して、自分でも完璧に女装することが出来た。

それで外出してみたら……男にナンパされて、水商売系のスカウトに声掛けられた。

声出せないから、その時は無言で慌てて逃げたが、ナンパされるレベルなら問題なさそうだ。
そう考えて、決行することにした。

向かったのは、スパリゾートみたいな感じの温泉施設。
若い子が好みそうな感じの施設で、女装して、かなり興奮しながら、入り口に入った。

しかし、俺の野望は入り口で終わった。


「あれ、祐樹?」

信じられないことに……サークルの先輩が友達と来てた。
俺は女装してて、しかも温泉施設、言い訳の仕様がない状況。

「へぇ、その格好で温泉に来てるんだ」

ただ、軽蔑の視線じゃなくて、面白がる視線を俺に向けてたのが唯一の救い。

「知り合い? 後輩の子?」
「うん、後輩の子w」
「そうなんだ。はじめましてー、美奈の友達の、泉って言います」

完全に「女の後輩」と思って、美奈先輩の友達の泉さんって人は挨拶する。

当たり前だが、口開けない、というか、ヤバい。
テンパりすぎて、ここでやっと「逃げる」って選択肢を思いついた。

だが、その前に美奈先輩にがっしり掴まれて、
「とりあえず一緒にトイレ行こっか?」

……逃げられない状況で、トイレに連れて行かれた。

中から鍵が閉められるタイプの、障害者用のトイレに連れ込まれて、逃げ場はなかった。

しかも、美奈先輩の友達まで一緒に来てる。

 

「どうしたの? 美奈」
「この子見て、何か気付かない?」
「え? 可愛い子だと思うけど?」
「よかったね、祐樹。可愛いって。でも、その格好でスパ来るって、考えてることエグいよねw」

人生終わったと思った。
ガクガク震えた。

「どうしたの? 大丈夫?」

顔色悪くなってる俺を、泉さんは気遣ってくれてる感じだった。

「そりゃ顔色も悪くなるよね。だって、女装して温泉に来てるのバレちゃったんだから」
「えええっ!?」

泉さんはかなり驚いてた。
そりゃそうだろう、俺だって同じ立場だったら驚く。

一方、美奈先輩はこの状況を楽しんで、面白がってた。

「黙ってて欲しい? だったらとりあえず……脱いでもらおうかな?」

選択肢が残されてない俺は、素直に脱ぐ。
来るときは勃起してたアレも、今はビビりまくって、しんなり状態になってた。

「ちょっと、可哀相だよ」
「でも、気付かなかったら泉、このコに裸見られてたかもしてないよ? こういうことしないように、身体に教えてあげないと」
「そ、そうだけど……」
「ほら、泉も男の子の身体に興味あるでしょ?」
「うん……あるけど……」

ビビって気付かなかったけど、泉さんって人は、かなり美人だった。
顔だけ女装、しかも裸の俺を、泉さんは至近距離で見てて……変に興奮した。

で……勃起してるのを美奈先輩に見つかった。

「勃起してるんだ? 女装して勃起したの? それとも、更衣室に入って女の子の裸見れると思って興奮したの?」
「…………」
「ふーん、だんまりなんだ。じゃあ、大学のみんなに教えてあげよっかな? 祐樹は女装して女風呂覗こうとした変態ですって」

正確には更衣室覗きだが、突っ込める余裕はなく……勃起した理由が泉さんだってこともいわされた。

「そっかぁ、じゃあ、こんなことしないように、泉の手でしてもらったら?」

美奈先輩の言葉に、俺の下半身、アレはびくんびくん震えて返事してた。
顔から火が出るくらい恥ずかしい。

どんだけ俺の下半身、正直ものなんだよって……。

「わたしでいいの? ごめんね、初めてだから、あんまり上手くないかも」

かなり可愛いのに、マジでやってくれるのかって思って、ヤバイ。
そして……お願いしますって言ったら、素直にやってくれる。

「こうでいのかな……?」

少し長い爪が当たって、痛みは感じたけど、それも刺激になって興奮する。
手コキに慣れてない、初々しい感じも興奮する。

「これだったらぜんぜんお仕置きにならないかぁ。別のお仕置き考えたから、お尻こっちに向けて?」

……だけど、泉さんの手コキに夢中になってた俺に、悪魔の声が投げつけられた。

 

かなり嫌だったが、女装して覗き未遂が見つかった以上、どんなに嫌な予感がしても、美奈先輩の言うことに逆らえない。

「それにしても、女装かぁ。女の子の穴がないんだから、こっちの穴に挿れるしかないよね」

意味不明な発言、そう言って、美奈先輩の指が、無理矢理アナルに入ってきた。
ローション使われてて、すんなりと穴の奥まで指、挿入されて、前立腺無理矢理刺激される。

初めての感覚に、声が出てしまう。

「祐樹、めちゃくちゃ情けない声出してるよw」

男の尻に指入れて、嫌悪感ないのか、美奈先輩はノリノリで前立腺を刺激して……あっという間に射精した。

美奈先輩は大ウケ、泉さんは困ったように苦笑いしてた。

 

……それからは女装とかされて、だけど服は女モノのままで、美奈先輩達がスパを楽しんで上がるまで待たされて、口止め料と手コキ+前立腺刺激代ってことで、夕飯おごらされた。

それくらいで済んでよしとするか、それとも男の尊厳をさんざん傷つけられたと考えるか。

ともかく、下らない思いつきで犯罪行為に走るのはやめようと思った…。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
エロ漫画かよw

コメントを書く