バイトのキャンギャルに職権でエロマッサージ → 抵抗しないのでマソコを弄り続けてたら・・・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

パチンコ関連のイベント会社勤務の男性。メインの仕事はキャンギャルについて営業先を回る世話役でそれなりにおいしい思いもしている。ある日、オキニの女の子と泊まりで営業に行くことに。疲れた様子の女の子に冗談で「ホテルでマッサージしてあげようか?」と言うと、まさかの「お願いします」。そして・・・。

massaji

パチンコ関連の雑誌、イベント企画会社に勤めてます。

と言っても、俺のメインの仕事は、パチ屋で見かけるキャンギャルの送迎係、お世話係。
就職してしばらくは
「女の世話やるために就職したわけじゃねー」
とか思ってましたが、それなりに役得はありますw

送迎だからキャンギャルの子と車で二人っきりになることもあるし、無防備な子なんかは、
「なるべく見ないで下さいね」
とか言うだけで、平気で後部座席で着替えたり。

あと、車の中に伝線して履き替えたストッキングを忘れていったりとかもあるので、ネタに使わせてもらったり。

逆に、女の子同士で「さっきの写真撮ってきた男の人、本気でキモかったんだけど」とか、「店員がじろじろ見てきて、ホントやだ」とか、仕事に文句つけたり、一日中女の子同士で彼氏の悪口言ってたりとか、女の子に対する幻想は打ち砕かれることもw

その中でも、いい子も3割くらいいて、特に気に入ってたのが、千紗って子です。
普段は大学生、土日だけバイトでキャンギャル。
スタイルいいけど、恥ずかしがり屋なのか、写真撮られてるときにものすごくはにかんだ笑顔するような、初々しいのが逆にたまらん、って感じの女の子です。

身長・スリーサイズは、167cm、80-61-88の、長身貧乳で細いけど割と下半身はむっちり。
特にむっちりした太ももがたまらないw

店回るためのマナーとか、仕事に関していろいろ相談乗ってたりするうちに、完全に俺のことは信頼してくれてるっぽくて。

ある時、千紗と泊りがけで、二日連続で他県のパチ屋でのイベントがありました。
一日中の会員勧誘とかは重労働で、それが二日連続になると、女の子はかなりきつい。
しかも、キャンギャルは二人のはずだったのですが、もう一人は体調不良で、千紗だけで二日間、ひとりで回ることになってもう大変。

一日目が終わって、ホテルに戻る途中、千紗はかなり疲れている様子だったので、
「ホテルに着いたらマッサージしてやろうか」
と聞いてみました。

「え、いいんですか?」
千紗は真面目に受け取りました。

いや、セクハラ半分、冗談半分で言ったつもりなんだが……と思いつつも、俺の部屋に呼んで、千紗をマッサージしてやることにしました。

イベントの女の子について回る社員のことをウチでは「ディレクター」って呼ぶんですけど、実際ディレクターの仕事は、店の関係者に挨拶したら終わりだから、千紗と比べたらぜんぜん疲れてないし、ホテルもつまらんビジネスホテルだから、やることないんですw
まぁ、そのくらいは暇つぶしでやってやってもいいと思いかなと…。

 

しばらくして千紗が俺の部屋にやって来て、言われるままにベッドに横になります。

「じゃあ、お願いします」

信頼しすぎだろ、とか思いながらw
ただ、ストッキング脱ぐ光景とか、横になると若いむっちむちの太ももが強調されて、かなりエロいことにw
ショートパンツの横から、水色のパンツも見えてるしw

そんなこと考えながら、ムラムラしながらふくらはぎから太ももをマッサージ。
ふくらはぎは細いのに、ふとももはむっちりエロい。
しかも、ふともも揉んだら、尻肉まで動く。
やばい、予想外のエロさにマッサージしながら勃起してしまいました。

ちょっと強めに揉むと、
「ん……ん……」
みたいに、千紗から吐息が出ます。

千紗の太もも楽しんだ後、本気でエロい気分になりそうになったので、とりあえず背中マッサージに写ったら……

「すみません、ちょっとブラがずれちゃって……」
とか言って、千紗がもぞもぞしだします。

挑発してるのか、とか思いながら、俺の理性はどんどんなくなっていきます。
次は、千紗の身体を仰向けにします。

「やだ、これ……恥ずかしいです……」

恥ずかしがってる千紗が可愛くて、今更恥ずかしがられようと、止めるつもりもなく…。

仰向けの千紗は、背が高いこともあって、足が長くて結構な迫力です。
というか、小さいと思ってたおっぱいは、ブラの形がくっきり浮いててエロい。
さわりたくなってきます。

「このま整体するから、身体の力抜いて、腕上げるから」

千紗の右腕を俺の左手で握って、もう片手で身体を支えるフリして、おっぱいをさわりまくりました。
……ブラの感触しかしなかったけど、それはそれで興奮w

おっぱい小さい上に仰向けになってるから、完全にブラとおっぱいの隙間が空いてるのだと思います。
少し強めに、おっぱいを揉んでやりました。

「んっ………んっ……」

完璧に俺がおっぱいさわってるのはわかってると思います。
顔は真っ赤、目も伏せてましたw

右胸を揉んだ後は、左胸も同じようにして揉んであげます。
目を閉じて、耳まで真っ赤になってる千紗。

そして次は、また足に戻って、仰向け状態で千紗の太ももを楽しみます。
白くてもちもちいでヤバい。
しかも、隙間から見える青いパンツは……濡れてました。
興奮してるのか、それとも腰押したりしたときに、ちょっと漏らしたのか。

「リラックスできるように、ショートパンツも脱がせるから」
「ぁ………………は、はい…………お願いします…………」

断られたら、
「いや、冗談だって、本気にするなってw」
みたいにごまかすつもりでした。

だけど、千紗はお願いします、とか言ってるし、俺はさっきからやばいくらいに興奮して勃起して……結局、脱がせることに

 

千紗のショーツの股の部分は、しっかり染みが出来てた。
それ見て、これはもうOKだよな、とか思って、パンツも脱がせようとすると……

「だめです……」って抵抗されましたw

最後まではダメらしい…。
だったら、ショーツの上から愛撫はOKなのか、と思って、濡れてる部分を中心に、パンツの上から愛撫します。

千紗は、抵抗しません。
ただ、ショーツの中に手を潜り込ませようとすると、
「それは……だめ、です……」
みたいに抵抗されます。

それでも、長身の可愛いキャンギャルが、ショーツ濡らして目の前でショーツ越しにマンコさわってOK、そんな状況で興奮しない奴はいないでしょう。
俺も夢中になって千紗のマンコを弄りまくります。

柔らかい、しかも濡れてる感触とか、マン毛の感触とかがはっきりわかって、大興奮w
今すぐ脱がせて挿れてやりたい、目の前の女を無茶苦茶にしたい!

でも、仕事で来てるのにそういうことしてるのがバレたら、マジでアウトなので、出来ません…。
生殺し状態、だけど、その状況に興奮して、ひたすら千紗のアソコを弄りまくってやりました。

もうマッサージとか関係ない!
足をM字に開かせて、アソコ中心にひたすら愛撫。
千紗も完璧に感じまくってる。
M字に開いた長い足がせつなそうに動いてるのがエロい…。

そして、そのまま
「んんんんんんんんっ!」
って、口元に手を当てながら、エビみたいに腰びくんびくんさせながら、千紗はイきました。

……エロい、エロ過ぎる。
本気で感じまくってたことが伝わってくるイき方に、正直興奮しました。
股間はもうビンビンでしたw

このままこの部屋にいたら、マジで千紗を襲いそうだったので、据え膳だけど、ここで我慢して……
「俺、ちょっと売店行って飲み物買って来る」
みたいに誤魔化して部屋を出ました。

 

二十分くらいして部屋に戻ると、
「マッサージ、ありがとうございました!」
って、いつもの様子の千紗がお礼言って来ました。

お互い気まずくならないように、気を使ってくれたようです。
少し寂しいし、まだ千紗のエロい、イクシーンが頭に残っててムラムラしてましたが、まぁ、仕方ないな、と思いグっとこらえました。

 

その夜、自分の手で三回くらい射精しました。
その後は、千紗と関係が進展することもなく、ただ仕事で一緒になるキャンギャルとディレクターの関係。

でも、もうちょっと上手く振る舞えたら、千紗とやれたかもと思うと、心残りだったりしますw

 

管理人の戯言(´・ω・`)
「ダメです!」『そうか・・』(「えっ・・・?」)
って感じだったんだろうねw

 

 

コメントを書く