【鬼畜】地方からライブに前乗りしてる純粋そうなJオタの子を発見 → 騙して持ち帰った結果・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

投稿在住の投稿者が、ある日ファミレスに行ったら一人で携帯を弄ってる女の子が。バッグに某Jグループのストラップを付けているところからライブに前乗りしている子だと判断。隙を見て話しかけ、あっけなく持ち帰ることに成功・・・。

jani

東京のある街に住んでる25歳。

ただ、25歳にしては、自慢じゃないけど女を抱いた人数は、割と多いと思う。

別に俺自身、格好いい訳でも、金持ってるわけでもなくて、ただ、人よりちょっと度胸があって、行動できて、人の弱みとか困ってる女への嗅覚が強いだけ。

で、狙い目なのが、「ライブとかコンサートとかで上京してる若い女」。

ただこれだけ狙って、ひたすら声掛けた。
そういう女って、あんまり金持ってる子って少なくて、ファミレスとかネカフェで夜過ごす子が多い。

この間は、たまたま腹減ってファミレス行ったら、明らかに何時間も居座ってる子がいた。
しかも、一人携帯を弄ってる。

バッグには、某Jグループのメンバーのグッズのストラップ。
軽く観察して、スマホでライブ日程検索したら、明日らしい。
前乗りしてるんだろう。

大学生くらい、垢抜けてない感じだけど、なかなか可愛い。
大人しい雰囲気、押しが弱そうな雰囲気も、なかなかそそる。

そして、その子がドリンクバー取りに行くの見計らって、声掛けた。

「○○(某Jグループの顔)好きなんだ?」

「え?」

「あ、ごめん、突然声掛けて。いや、俺も男だけど、○○好きで、ストラップ目に入ったからさ。明日ライブだよね? 俺、チケット取れなくて」

「そうなんですか? わ、残念ですね?」

「んー、まぁ、ファンクラブ入ってないから、しょうがないけどさ」

それからしばらく、Jのグループの話で女の子と会話する。

名前は七海で、年齢は十九歳の短大生、今日は石川からコンサートのために上京したらしい。

で、お決まりのパターンで、ファミレスで夜明かす→翌日ライブで速攻帰る。

擦れてない感じで、Jのグループ、アイドルの話をすると、本当に好きなのか、目を輝かせるのもいい。

 

「でも、女の子ひとりでファミレスって、明日疲れない?」

「はい、疲れます。でも、あんまりお金ないから……」

「そっか、あ、よかったらうち来る? っていいたいけど、さすがにそれは不味いか」

この言葉で、相手の反応を見た。

苦笑い、若干引き気味だったらトラブル避けるために素直に引き下がるし、女の子が食いつき気味だったら、確実に家に連れ込める。

 

七海は、食いつき気味だった。

「いや、女の子ひとりで、ファミレスって言ってもさすがに危ないし、明日に疲れが残ると思っていったんだけど、ごめんね、変なこと言って」

「あの……できれば、お願いしていいですか?」

「あ、俺はいいけど、七海ちゃんは大丈夫?」

「はい、信頼できそうな人ですし、やっぱり一晩寝ないのは、ちょっと疲れますから」

Jグループのライブを楽しむ>変な男の家に泊まる、らしい。
こんな感じで、アイドル好きすぎて価値観とか判断基準が鈍ってる子は、大抵やれる。

 

家に帰って、簡単に飯作ってあげると、完璧に警戒心が解けた。

そして、お互いシャワー浴びた後……ベッドがひとつしかないって言って、無理矢理一緒のベッドに入る。

「あ、あの……そうですね……ベッド、ひとつしかないなら……」

七海は、かなり困った顔しながら、先にベッドに入った。

その後に入って、軽く身体に触れる。
七海は、びくって震えた。

もう、ここまで来たら、俺が別にJファンじゃないことも、ヤリ目的で七海に声掛けたことも理解しただろう。後は強引にして、本気で抵抗されたらやめればいいだけ。

ただ、七海みたいな子は、本気で抵抗することはない。

 

Tシャツに短パン、普段の寝るときの格好なんだろう。
その下の水色のブラが透けてて、さっきから興奮してた。

そのブラを、Tシャツの下から手を入れて揉む。

「んんっ……ぁっ……」

七海の、緊張した、ちょっと嫌がった声も可愛いし、小さめだけど、しっかり柔らかい。
興奮が高まって、短パンも強引に脱がせると、ブラとおそろいのパンツ。

「だ、だめですっ……そういうつもりじゃっ……」

「そっか、でも、ここまで来たら、俺、とまんないからさ」

世間知らずの女の子は、こんな風に男に強引に迫られた経験ないんだろう。
それをいいことに、パンツも脱がせて、強引に足開かせる。

緊張と興奮、驚きとかで、七海はどうすればいいかわからない、パニック状態。
アソコを舐めると、シャワー浴びた後だからか、ちょっと湿ってた。

そこを、滑りをよくするように、唾を垂らすようにして舐めまくる。

「んんんっ! ぁっ……はぁっ……」

そして、ある程度滑りがよくなったパニック状態の七海に、遠慮なしに挿入した。
もちろん、生。

やばいくらいに暖かくて柔らかくてキツくて、バージンじゃないけど、それほど経験がないアソコは、気持ちいい。

動くたびに、

「んんんんんっ! んんんんんっ!」

って、泣きそうな顔して耐える顔が、かなりそそる。

 

いじめてやりたくなったので、七海の耳元で囁いてやる。

「○○くんのために来たのに、ほかの男にセックスされちゃってるね?」

「ぁっ……だ、だってっ……これっ」

無理矢理、とでも言いたいんだろう。
だけど、それを言わせず、俺は七海を攻める。

「○○くんに悪いと思わないの? ほら、ちゃんと謝らないと」

七海は、言われるまま、泣きそうな顔して、

「ごめん、なさいっ……○○くんっ……わたしっ……○○くん以外の男の人にっ、抱かれてますっ……」

って、素直に言った。
泣きながら。
かなり興奮した。

夢見がちな年頃だから、何回も○○とデートするところとか、エッチするところとか想像したんだろう。
だけど、現実は行きずりの男にやられてる。

七海みたいに、世間知らずで夢見がち、それなりに可愛い子に現実を突きつけてやる興奮で、その時はすぐに一発目、大量に七海の腹に射精した。

 

それからは、泣きじゃくる七海相手に2回戦、結局その晩は、3回楽しんだ。

 

こういうことするときって、その時は楽しくて興奮するけど、翌日、顔を合わせた時に気まずかったり、罪悪感を覚えたりする。

七海のときもそうで、次の日は気まずいし、七海は何も喋らないしで、本気で気まずかった。

 

ただ、押しが弱く、世間知らず、なのにJとかアイドルとか好きで価値観がおかしくなってる子は、こんな風にやれる子は多い。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
コナンかよw

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    前乗りは比較的に金を持っている。
    使いどころが違うだけ。
    本当に金が無いオタやバンギャは、1日で多く稼ぎたいから石川だった確実に当日入りするさぁ〜
    この種の地方組って、何げにしたたかだから注意が必要。
    盗撮されていて、わざと強引にヤラセて後で怖い人と共に現れて追込みかけられたりするからね〜
    ご丁寧に自宅迄教えてあげちゃうところが経験値低いよね〜

コメントを書く