【黒歴史】先生考案の「大根引っ張りゲーム」中、ある女子に起きた悲劇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

小学校の頃に担任の先生が考えたゲームがあった。その名も「大根引っ張りゲーム」。横一列に並んだ生徒を無理やり引っ張って引っこ抜くという少々荒っぽいゲームだ。悲劇はそのゲーム中に起き、二度とそのゲームが行われることはなくなったという・・・。

kurorekishi

小学生だった頃の担任が体育大好きな先生で、学級活動の時間とかは
ドッジボールをしたり先生が考えたスポーツゲームとかでよく体を動かしてた俺のクラス。

ある日の学活の時間、体育館が授業で使われていなかったので、
俺のクラスはそこでとあるゲームをやることになったんだ。

「よ~し、今日は大根やるぞ~!」

大根…正式名称は「大根引っ張りゲーム」。
もちろん先生が考案したゲームで、当時俺のクラスではわりとメジャーな遊びになっていた。

ゲームのルールを簡単に説明すると、まずクラス全員で一列に並んで座って背中を壁に付ける。
それから隣同士でガッチリ腕を組んでほどけないようにするんだ。

んで、最初は先生が適当な生徒一人の両足を引っ張って列から引っこ抜こうとする。
隣の奴らは生徒が抜かれないように必死に腕を組む。

まぁ大人の力には勝てないからわりとすぐに抜かれちゃうんだけどね。

それから抜かれた奴は先生の仲間になって他の生徒をどんどん引っこ抜いていくんだ。

これを10分間やって最後まで生き残った奴が勝ちってルール。

生徒を大根に見立てて引っこ抜くから大根引っ張りゲームって名前なわけだ。

今考えると意味わかんないゲームだったけど、当時はこれでめっちゃ白熱してた。


んで、話は体育館に戻る。

俺たちはいつものように一列に並んで座って腕を組み、ゲームがスタート。
「ど・れ・に・し・よ・う・か・な~」なんて言いながら先生が引っこ抜く生徒を選ぶ。

最初に選ばれたのは俺だった。

俺は当時クラスのお調子者キャラだったので、
こういうときはだいたいネタで最初に選ばれたりしてたんだ。

先生がすごい力で俺の両足を引っ張る。

残念なことに俺の両隣はクラスの中でもかなり貧弱な奴らで、
俺はあっという間に引っこ抜かれてしまった。

「あとはお前が頑張れ!」と言って俺に引っ張り役を任せる先生。

先生はいつもこんな風に最初の一人を引っこ抜くと自分は傍観に回っていた。
まぁ大の大人が本気出したらこのゲームすぐ終わっちゃうしね。

 

それから俺は両隣が貧弱そうな奴を適当に選んで引っ張り始めた。
このゲームは引っ張られる本人よりも、両隣の奴の力の強さが重要なのだ。

俺のときみたいに両隣が貧弱ならすぐ引っこ抜かれてしまうし、
逆に両隣の力が強ければ自分は貧弱でも最後まで生き残れたりする。

俺はこのシステムをよく理解していたので、
両隣が弱い奴を狙っては次々と引っこ抜いていった。

残る大根はあと3人。
左からケイタ、マユミ、タクヤの順で並んでいた。(もちろん仮名ね)

ここでルール説明の補足。
このゲーム、両端にいる二人は狙っちゃいけないことになっているんだ。
隣が片方しかいないと簡単に抜かれちゃうからね。
だから大根が最後の2人になった時点でゲームは終了。

となると俺が狙えるのは真ん中のマユミだけ。
俺はマユミの足首を掴んで思いっきり引っ張った。

しかし、マユミはなかなか抜けなかった。
両隣のケイタとタクヤが必死になってマユミを押さえていたのだ。

苦戦した俺はさっき引っこ抜いた奴ら(主に男子)を呼んで、
一緒になってマユミを引っ張ることにしたんだ。

「よっしゃみんな! いっせーので引っこ抜くぞ!」

俺たちは合図を出して一気にマユミを引っ張った。

 

スポーンと、抜けた。マユミの体操着が。

 

勢いよく抜けて尻もちをつく俺たち。
そして俺たちに体操着の下を引っこ抜かれ、パンツが丸見えになったマユミ。

マユミが泣き出すまでそう時間はかからなかった。

「お前ら何やってんだ!!」

ここで先生が激怒して俺たちを叱りつけた。
ゲームはそのまま終了。
俺たちはチャイムが鳴るまで先生からお説教を食らったのだった。

その後大根引っ張りゲームが行われることは二度となかった。
その名前が出されることも・・・。

あれからもう10年以上が経ったけど、
俺は今でもあの時見たマユミのピンク色のパンツを鮮明に覚えている。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
普通に脱臼とかしそうで怖い・・・。

コメントを書く