【驚愕】潔癖症で処女の私(24)がどうしても我慢できずに彼氏の車でオシッコした結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女子アナ系で綺麗なのに、潔癖症で24歳まで付き合ったこともなかった投稿者。しかも彼氏はできてもまだ処女。そんな彼女にとんでもない性癖があることが発覚。きっかけは彼氏とのドライブ中に催し、我慢できずに車の中で用を足したことだった・・・。

幼い頃から、「綺麗」とか、「可愛い」と、外見を褒められることが多く(女子アナ系だといわれます)、ただ、自分を表現したり、異性と話したりするのは苦手です。

ですから、男性から告白されても、「外見しか見てないの?」や、「身体目当て?」といった感情を抱くことが多く、潔癖気味なのかもしれません。

初めて男性と付き合ったのは、24歳の時、就職してからの、上司でした。
十歳近く年上でしたがいつも若々しく、気遣いが出来、大人の雰囲気で、今まで同世代しか知らなかった私は、気付いたら彼と付き合っていました。

が、身体の関係は、ありませんでした。
私自身、潔癖気味で、また、それまで抱いていた男性への恐怖や嫌悪感があって、、、
それを彼に告白したら、「いいよ、無理しなくて」と言ってくれました。

そんな彼とのデートですが、たまたま遠出し、高速道路に乗った私は、車の中なのに催してしまいました。
ですが、休憩所は通り過ぎて、次の休憩所まで距離があり、どうすることも出来ません。

「どうしたの?」と彼が気遣ってくれて、このままでは漏らしてしまう私は、正直に彼に言いました。
彼は優しく、
「大丈夫だよ、嫌いにならないから。後ろでして大丈夫」
と、包み込むように言ってくれて、仕方なく、後部座席に移動して、車内にあった紙コップで、用を足すことにしました。

この年齢になってこんなことになるなんて、自分が、恥ずかしくて、情けない。
私の性格から、そう考えると思ってました。
だけど……違いました。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

彼の車の中で、ショーツを脱いで用を足すとき、みっともない格好をして、みっともない行為を人前でさらしている自分自身に、どきどきしてしまいました。
音を立てて、用を足しながら……恥ずかしさとは違う、心臓の鼓動。

そして、次の休憩所に停車して、紙コップを処分して、トイレで自分の下半身を確認すると、ショーツが濡れていました。

人生で初めて、性的な興奮を覚えたのは、その時でした。

 

それからは、人前で用を足したい、男性の前で用を足したいという願望が、心の中に芽生えてしまいました。

最初に選んだのは、男女別れていない居酒屋で、用を足す行為です。
わざと鍵を開けて、洋式の便座に座って……ドキドキしながら誰かが入ってくるのを待って、用を足します。
その時の興奮が、やみつきになってしまいました。

ほとんどの人が、私が鍵を閉め忘れたと思って、開いても、慌てて閉めてくれます。
男性だと、その後、席に戻る私を注視している人が多くて、その視線にドキドキしてしまいます。

 

でも、それだけじゃ足りなくなりました。
人前で、見られながら、用を足したい、みっともない姿を見せたい、そう思うようになりました。

我慢できなくなった私は、少し遠くの、私生活で使うことがあまりない駅で、実行することにしました。
その駅は、利用者が少なく、ホームにあまり人がいませんし、防犯カメラのようなものもありません。

そして、高校生だと思います。
その時、私が25歳でしたから、十歳近く年下の男の子が、日曜日の夕方、ホームには私とその男の子しか居ない状況で、男子トイレに入っていきました。

そして、しばらく時間を置いた後、その後をつけるようにして、私も男子トイレに入りました。

男の子は用を足していて、その最中、いきなり男子トイレに入ってきた私に、とても驚いたみたいです。
そんな反応が、私の興奮を高めてくれます。

私は、その子のことを見ないようにしながら、男子用の便器の前に立って、スカートをめくって、ショーツを下ろして……大事な場所を露にします。

「うぉっ……」
と、声を出して驚いて、その子は私を見ていました。
私も、彼の視線と自分の行為に興奮しながら、おしっこをしようとしました。

だけど、緊張と興奮で、なかなか出ません。
その間も、その子は私のことをじっと見ていて……そして、どきどきが止まらなくなりながら、私のおしっこは、やっと出てくれました。

人前で、しかも高校生の男の子の前で、立ったままおしっこをしてる。
男性経験もないのに、他人から見れば頭がおかしいとしか思えない行為。
みっともない、変態行為。

そして、いわゆる「立ちション」を見られながら……私は、人生初めての絶頂に達しました。

絶頂が終わる頃、気付いたら男の子は男子トイレからいなくなっていて……後悔や興奮、羞恥や満足感、様々な感情を感じながら、私はその場から離れました。

……それっきりにしようと思いました、だけど、また、人前でする欲求が、最近、我慢できなくなりそうです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
一気に飛躍しすぎだろ・・・。

コメントを書く