【 衝 撃 】 酔 っ た 彼 女 と 彼 女 の 友 達 と ワ イ で 川 の 字 で 寝 た 結 果 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

kawanoji

昨日なんだが彼女と彼女の友達が俺の働いてる居酒屋に来た。 

んで二人とも結構酔ってったんで店が終わってから自分ちで飲むことに。 
最初ははしゃいでたんだが友達の子のほうが寝そうになってたんで 
「寝るならベット使っていいからそっちでねなよ。」 
と俺が言うもうーんとか言ってグタグタ。 

とりあえず起こすフリして抱えるときにDカップはあろう乳にタッチしまくりw 
んでとりあえずベットに運んだんだが・・・・

で友達も寝ちゃったし俺らもそろそろ寝るか 
てな話になったんだがうちのベットはセミダブルなんで3人はさすがに無理だろうと思い俺がソファで寝ようとしていたら彼女が
「つめたらいけるからおいで」 
何て言うもんだから俺は飛び込みましたよ。
ええ。全力で! 
二人のおっぱいとおっぱいの間にダイブですよ!

でもさすがにそれは許してもらえず。 
友達・彼女・自分で川の字ですよ・・・orz 

しかもその時点で3時とか過ぎてて眠たさも限界なわけですよ。 
あぁ今日はもうダメやし寝ちゃおうかな。。。。 
とか思いながらウトウトしてたら・・・・・

彼女が盛り出して触ってキタんですよ。 
俺もうねる気満々だったんですねていたずらの気持ちだったらしいですが。 

こっちも何とかおきて彼女の体に腕をまわそうとすると・・・ 
彼女の背中のすぐ後ろに友達が寝てておなかに手が乗っちゃったんですよ。


なんかその瞬間根拠もないのに 
「こいつなにしてもおきねーんじゃないの!?」 
って考えちゃってですね。 

彼女を抱き寄せるふりしてまずはおなかを撫で回し、スベスベの肌を堪能したあとにちょっとづつ手を上に上にもって行ったわけですよ。

そしたらブラにやっと指が到着www 
なんかいろんな意味で興奮しちゃってブラの布に興奮しちゃってしばらく布の上を行ったりきたりしてたんですが我慢できなくなっててぃくびのほうへ進みだしたわけです。
でもうわけわかんなくなっちゃてたんでたぶんガッツリもんでたと思います。

 

そんな事してる間に彼女がトイレいったんで服めくってブラを拝みましたよ。 
かわいい水色でしたw 
んですぐにブラをずらしててぃくびを拝見w 
ちょっとおおきめのエロいてぃくびが現れた。 

そりゃ吸いましたよ。ええ吸いました。 
そりゃころがしましたよ。ええもうころころとw 
今思えばあれでよく起きなかったな・・・・ 
酒コワス。

そんな感じで彼女のトイレも終わりそうだったんですかさず自分が真ん中のポジションをキープ! 
そして寝たフリ。。。。。 
トイレから戻ってきた彼女が真ん中に入ろうとするも断念。 
自然と自分が真ん中にwしばらくすると彼女も寝息をたてだして。。。。

 

彼女も寝たあとさっきほどの大胆さもなくなって静かな部屋でちょっとでも触れば起きてしまいそうな恐怖に駆られながらもちょっとづつ太ももにタッチしてみる。 

返事がない。ただの酔っ払いのようだ。 
そして徐々に太ももの上の手を置きさすってみる。 

返事がない。ただの酔っ払いのようだ。 
そこからうちもものほうに手を持っていく

マムコに手の甲があたる。しばらく硬直。。。 
返事がない。ただの酔っ払いのようだ。

どきどきしながらも手をひっくり返して手のひらで触ってみた。 
もちろんズボンの上からなんだがスベスベしてて気持ちいい。 

そんな事してるうちに俺のてぃむこもえらいことに。 
そこで友達の手をとって俺のてぃむこに添えてこすってみる。 

もちろん握ってないんでさすってるような状態だが 
気持ちいい。。。なんか気持ちいいよ。。。。

そんなたいした事はないだろと思うかもしれないが 
隣で寝てる彼女への背徳感やら寝てる友達への申し訳なさなどいろんな感情がまみえて興奮してたんだろうな。

そして俺も我慢できなくなってきてマムコに直に触りたいと思った。 
だが冷静になればそんな事してもし起きたら・・・・ 
逃げようもない現実が。。。 
とか考えちゃってビビった。

けど触りたい。でも怖い。けど触りたい。でも・・・・・ 
ちょっとだけならいけるでしょwww 
あほだな。俺。。。 
ってことでゆっくりズボンのなかに手を入れた。

ズボンのなかに手を入れるとレースのヒラヒラがあたって 
指をくすぐった。だがそんな事にも負けず奥へ。 
そしてマムコのあたりに到着。 

手のひらでゆっくりと円を書くようにドテを撫で回す。
ところどころ毛がチクチクするがお構いなしに撫で続けた。 
そして次に指をクロッチの上に・・・・

ゆっくりと指を真ん中に這わせていってスジを這っていく。 
ちょっと湿っているような気もしたがよくわからんかったのでしばらくそのままさすっていた。 

そしてそろそろパンツのなかに指入れてもいいかなw 
とか思ったそのとき。 
俺の右腕がつかまれた。。。。

俺はハッとなり青ざめた・・・・ 
人生オワタ・・・・orz 

 

こわごわ後ろをみてみると彼女が寝ぼけて寝返りで腕があたっただけだった・・・・ 
そのときはパニくりすぎて叫びそうだった。

でそのあとも彼女は寝続けたのでどうしようかと思ったんだが
びびっちゃったのでもう触れずだったので二人の間で悲しくシコシコしてましたよ。。。 

でもそれでは満足できなっかたので終わった後にせー氏を友達の唇とズボンの上からマムコに擦り付けて寝ました。

こんなとこです。 
しょぼくてすいません。 
読んでくれてありがとでしたw

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ヘタレすぎる・・・。
でも現実なんてこんなもんだよねぇ。

コメントを書く