【露出狂】女ですが、試着室のカーテンの隙間から外の男性にアナル見せした結果・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】彼氏が所在なさげに彼女の着替えを待っている・・・

投稿者女性は普段は真面目なOL。しかし時には誰もが羽目を外したくなるもの。彼女にとってそれは”露出”という行為なだけであった・・・。(7966文字)

roshutukyo

先週末、ちょっと街に買い物に行きました。

秋っぽいリップが欲しくて、デパートに行ったのです。
店員さんの説明を聞きながら、いろいろ試してみます。

そのときに対応してくれた店員さんなのですが・・・
化粧品売場の店員さんですから当たり前ですが、メイクは完璧です。
女の私から見てもとても綺麗で、素敵な印象の女性でした。

気に入ったリップを買ってデパートを出ました。
歩きながら意味もなく考えていました。
(あんなに外見を整えていたけれど、仕事とはいえ大変だろうな。。。)
(ずっと微笑みを浮かべていたけど、疲れるだろうな。。。)
仕事用に本当の自分を偽って、あるべき姿を装う・・・
社会人であれば誰しも当り前のことです。

私もそうです。
他の人が皆そうであるのと同じように、仕事の場では自分の感情を押し殺さざるをえません。
本当はいやなことでも、やるべきことは笑顔でやらなければなりません。

たとえ疲れていても、会社ではそれを表面に出すこともできません。
自分を偽り、自分を装って自らの務めを果たす・・・
こんなこと、繰り返して書くまでもなく社会人なら当然のことです。

ただ、ときどき虚しくなることがあります。
それは、きっと私の性格によるところが大きいんだと思っています。
自分で言うのもおこがましいですが、私は根がまじめで几帳面な性格の人間です。

職場でまじめな分、プライベートではだらしなくできればいいのに、なかなかそれができません。
良く言えば『おとなしくて慎重派』ですが、言い換えれば『自分の殻を打ち破ることのできない臆病な性格』でもあるのです。

ちゃらちゃらした子を見ては、
(私もああいうふうにできたらいいのに)
と、羨ましく思ってしまいます。

けっきょく私は『私』であって、他の何者でもありません。
几帳面な私が、まじめな自分自身を裏切ることはできないのです。

 

そんな私にも、地味な日常から抜け出して興奮する瞬間があります。
思いっきり恥ずかしい思いをすることで、他に代え難い興奮を得ることがあるのです。
日常のまじめな『私』に恥をかかせて、そのギャップに自分自身で快感を覚えるような経験を、過去に何度となく体験してきています。

(あの人も、仕事が終われば何かで発散するのかな?)
あの店員さんのことを思いだします。
とりとめないことを『ぼーっ』と考えながら、街を歩いていました。

(やっちゃおうかな。。。)
そんな感じの気分でした。
そして、一度そんなふうに思いはじめると、もう抑えられなくなりました。
久しぶりにあの興奮に身を焦がしたくなってきます。

とは言っても、街中を歩いている今の私には、何の計画もイメージもありません。

アーケード街の最後のところに、そのジーンズショップはありました。
ただ目についたというだけで、足の向くままに入っていました。

チェーン店のカジュアルなジーンズショップです。
ひと通り店内を一周します。
試着室の様子を確認しようと思ったのです。

奥に細長いつくりのお店です。
そのお店のいちばん奥のほうに、試着室が並んでいました。
それぞれの個室の入口はカーテン式のタイプです。
店員さんに断ることなく、完全セルフサービス(?)で勝手に使っていいようです。

目に留まった限りでは、店員さんは2人しかいないようでした。
2人とも店の中ほどにあるレジブース(?)の中で何か作業をしています。

女性用のジーンズのコーナーに行きます。
適当にひとつ選んで、手に取りました。
試着室に向かいます。

思いたってこの店に入ってからここまで、ほとんど何も考えていませんでした。
なんとかシチュエーションをつくろうと『行き当たりばったり』で行動していた感じです。

試着室の個室は、壁の形に沿うようにデコボコと3つ並んでいます。
真ん中の個室だけ使用中でした。

その前には女性用のサンダルが揃えて置かれていて、大学生ぐらいの男の子が所在無い感じで立っています。
・・・きっとカップルなのでしょう。

商品の棚がたくさん置かれている店ですので、試着室の前とはいってもそれほどのスペースはありません。
通してもらおうと、赤いネルシャツにチノパン姿のその男の子にちょっと会釈します。

私を奥へ通そうと1歩下がってくれた『ネルシャツ君』の前をすり抜けて、隣の個室の前に行きます。
パンプスを脱いで、中に入りました。
カーテンを中からきちんと閉めます。

気持ちだけが急いていました。
『何かしなきゃ』と焦ります。
行き当たりばったりですから、多くを望める状況ではありません。
今のシチュエーションでできることを考えるしかありません。

(あの男の子に見せる?)

カップルで来ている男の子ですから、ちょっと難しい気がします。
いっしょにいる『彼女サン』に申し訳ない気持ちもあります。

(次のチャンスを待つ?)

いずれにしても怪しまれないようにと、とりあえず持ってきたジーンズを手に取ります。
買う気もないジーンズの試着をしながら、
(どうしよう)
(何ができる?)
(やり過ごす?)
考えていました。

「シャッ、シャーッ」
隣の個室のカーテンが開く音が聞こえました。
「どう?」
「さっきのほうがいい」
ふたりのそんな会話が聞こえてきます。

「シャーッ」
・・・私もカーテンを開けました。

『ネル君』が反射的に、チラッと私のほうを見ました。
カーテンを開ききった瞬間に、私と一瞬目が合いましたが、お互いにすぐそらします。

「後ろ向いてみ」
「うん」
彼らの会話を耳にしながら、私は自分のパンプスに足を入れます。
個室の外に出ました。

個室の外に立ったまま、個室内の鏡に向かって自分の姿を映します。
靴をはいた状態のシルエットを確認しているような演技をしたのです。

前を向いたり後ろを向いたりして、いろいろな角度から自分の姿を鏡に映します。
ジーンズはテーパードのスキニーで、あまり私の好みではありませんでした。

「シャ、シャッ」
彼女サンの個室のカーテンが閉じられます。
ネル君が、そこから離れるように3~4歩後ろに下がりました。

小物の棚(?)のところを背にして立っています。
またも所在無さげです。

私は、その斜め横でまだ自分の姿のチェックを続けていました。
試着室前の狭いスペースです。

ネル君は、見るともなく『ぼーっ』と、目の前にいる私を眺める感じになっています。
(チャンスだ。。。)
直感的にそう思いました。

自然な感じで『ふっ』とネル君のほうに顔を向けてみます。
私と目線が合うことを避けるように、彼が『さっ』と目をそらすのがわかります。

(今だ。。。)
(ぜったい今しかない。。。)

まさに『行き当たりばったり』でしたが、ためらいはありませんでした。
それよりもはるかに、強い焦りがありました。
『私に与えられた時間は短い』と感じていたからです。

(ああ、やっちゃえ。。。)

演技を始めていました。

(文章にすると長くなってしまいますが、ここからは全部あっという間のことですので、そのつもりで読んでくださいね)

 

パンプスを脱ぎます。
試着室に上がりました。
上半身だけ振り返って、カーテンの取っ手(?)を持ちます。

斜め後ろにいるネル君とは2mぐらいしか距離がありません。
近すぎて本当に『すぐそこ』という感じです。

(急がなきゃ)
わきあがる気持ちが溢れて、胸苦しくなります。
ここでわざと、カーテンをきちんと閉め損ねる『ドジな女』を演じるのです。

顔は正面の鏡のほうを見たままで、
「シャッ」
後ろ手にカーテンを閉めます。
腕の感覚だけが頼りでした。

最後までちゃんと閉めきらずに、さりげなく、微妙に隙間を残します。
幅は2~3cmといったところでしょうか。
いい感じです。

ネル君がぼんやり見ている前での出来事です。
私の個室のカーテンに、『偶然にも隙間ができてしまった』ことに、彼が気づかないはずがありません。
きっと、『あっ!』という思いで、事態を見守っていることでしょう。

彼の場所からは2mぐらいの距離があります。
隙間に顔を近づけるように覗かれているわけではありません。
遠目からですので、彼から見えるのは、私の後ろ姿のほんの一部にすぎないはずです。

それでもきっと、そのわずかな隙間にちらつく試着室内の私に注目しているにちがいありません。
『このままジーンズを脱ぎ始めたら』と、一抹の期待を込めながら・・・

急いでジーンズのフロントジップを外します。
やるなら早くしなければなりません。
とにかく気持ちばかりがはやります。

隣の彼女サンが着替えを終えて個室を出れば、その時点でこのシチュエーションを手放さなければならないでしょう。
『時間との勝負だ』という強い焦燥感に襲われていました。

フロントを開き、ウエストの両サイドに手をかけます。
わずかなカーテンの隙間ですが、ネル君には私がジーンズを脱ごうとしている様子がチラチラ目に入っているはずです。

おそらく私の『パンツまる出し』を期待していることでしょう。

ジーンズの内側に挿し入れた親指を、わざと下着のパンツの縁にも引っ掛けます。
躊躇はありませんでした。
ジーンズをパンツごと一気にひざのあたりまで下ろします。

ネル君にも『ジーンズを脱いだら、パンツまでいっしょに脱げちゃった』のが見えたはずです。
期待していた以上の展開に、ますます隙間を注視しているはずです。

斜め後ろの姿とはいえ、私は今、下半身まる出しです。
心臓がどきどきしました。

(あ、ああ。。。)
(見られちゃうよ。。。)

脚を肩幅ぐらいに開きながら、さりげなく立ち位置をずらします。
カーテンの隙間に、お尻の中央を向けました。
胸の中で、どきどきが加速します。

両脚をもぞもぞさせながら、脱ぎかけのジーンズを『ずるずる』と、ふくらはぎまで落とします。

『いま、見知らぬ男の子の前で下半身を出している』
もうその事実だけで、ものすごく興奮してきます。

彼は絶対に見てるはずです。
顔を前に向けさえすれば、いやでも隙間が目に入ってくるのです。
見ていないはずがありません。

(ああん。。。気持ちいい。。。)

ひとりの男の子の視線を独占している私・・・
恥ずかしげもなくお尻をまる出しにして・・・

さすがに、いつまでもお尻まる出しのこのままでは不自然です。
手でパンツを引っ張り上げました。
でも、ちゃんと履き直しはしません。
お尻の下のほうだけが半分かぶさる程度にずり上げただけです。

時間がありません。
足踏みするみたいにして、脱ぎかけのジーンズから足を抜きます。
もう少しだけ見られやすくなるように、
(もうちょっと体をカーテンに近づけようかな)
そう思ったそのとき・・・

「おい、●●美」
男性の声が聞こえました。
ネル君です。

私は『どきっ』としながらも、外の様子に聞き耳を立てます。

「おまえさ、・・・●●の●●●(よく聞こえません)?」
彼女サンに話しかける声の気配が、すぐそこまで近づいて来ました。

(もしかして)
直感が働きます。
(ああ、きっとそう。。。)
いま脱いだばかりのジーンズを拾おうと、前かがみになりながら床に手を伸ばします。
拾い上げるときに、自分の股の間から背後のカーテンの隙間を見ました。

(いる。。。)

姿勢を戻しました。
・・・真後ろに立っています。
下のほうがちらっと目に入っただけでしたが、隙間に彼のチノパンのカーキ色が見えたのです。

(やっぱり。。。)
直感が、確信へと変わります。
本人はさりげないつもりなのでしょう。

でも、私は彼の意図を完全に読み切っていました。
「フレアが、●●・・・」
「●●、●●●じゃないし・・・」

彼女サンに話しかけているのは口実です。
この隙間を覗きこむために、わざわざ近づいてきたのです。

全身の血液が、すーっと引くような感覚に襲われて、その直後に今度は『かーっ』と頭に血が上ります。
拾い上げようと前かがみになったとき、すでにネル君には見えていたかもしれません。

開きかけたお尻の割れ目の間が・・・

顔が熱くなって、心臓がすごい勢いで鼓動しています。
(だいじょうぶ・・・落ち着いて。。。)
この状況は、私にとって願ったりかなったりのシチュエーションのはずなのです。

ネル君は、彼女サンとちょっと言葉を交わしただけのようでした。
会話はもう終わっています。

立ったまま、拾い上げたジーンズの裏返りを直します。
(やっちゃえ)
(だいじょうぶ)
ここまで、演技が不自然だった部分もないはずです。

理性のブレーキが緩みます。
ハプニングを装っている以上、この1回に賭けるしかありません。

(見たいの?)
(私の恥ずかしい格好見たいの?)

鼻で息をするのがつらくなってきます。
どきどきが爆発しそうです。

裏返りの直ったジーンズを足元の床に置きました。
異常なほど口の中が渇いています。

(ああ見てて、ちゃんと見ててよ)
立った姿勢のまま、前かがみになります。

(はああ、見えちゃう。。。)
パンツが脱げかけたお尻の割れ目が、開きます。

(はぁん、見えちゃう見えちゃう。。。)

床のジーンズに手を伸ばしました。
水泳選手の飛び込み台ポーズと同じです。

ずり落ちたパンツのせいで、私はお尻の割れ目を晒してしまっています。
隠れ場をなくしたお尻の穴が、まる見えになっているはずです。

自分の股の間から、背後のカーテンに目をやります。
隙間を遮るように立っているチノパンが見えました。

(ああ、やっぱりいる。。。)
お尻の割れ目が左右に全開です。

(ああん、見られてる。。。)
(ああ、見て、ああん見てぇ。。。)

隠したいのを耐えながら、床に置いたジーンズをゆっくりたたみます。
立ったままの前屈姿勢です。

お尻の下半分はパンツで隠してあります。
でも、お尻の穴までは、否応もなくまる見えです。

(いやぁん、恥ずかしい。。。)

肛門がいやというほど剥き出しになってしまっているのが自分でわかります。
彼との距離はほとんどないと言っていいでしょう。

(あああ。。。だめぇ。。。)

ネル君は見ているはずです。
私がどれほど恥ずかしさを耐えているかも知らずに。

・・・あっという間に10秒ぐらい経ってしまいました。
もう終わらせなければ、不自然になってきます。

50~60cm後ろにいる男の子に見られている・・・
そのことを強烈に意識します。

(はあん、ああん。。)

脇に置いてあったバッグを引き寄せます。
右手でバッグの中を探りながら、お尻を後ろに突き出しました。
同時に左手をお尻に伸ばします。

『さっきからここにパンツのゴムが当たっていてかゆかった』というような感じで、『ずいっ』とパンツを下にずらしました。
まさに『まる出し』のお尻を、ネル君に突きつけます。

「がりがり・・・」
左手で大胆にお尻を掻いてみせました。
指先でお尻のお肉を引っ張るように広げながら・・・

こんな大胆なことをしている自分に興奮がとまりません。

(見て、見て。。。)

彼には私の秘部のすべてが見えたことでしょう。
恥ずかしすぎる恥ずかしさが、快感でした。

(ああ・・・)
でも、もう時間を稼げません。
前かがみだった上半身を元に戻して、両手でパンツを引っ張りあげました。

興奮も冷めやらぬまま、もともとの自分のジーンズを履きます。
『音』として聞こえたわけでもないのに、ネル君が私のカーテンの前から離れていくのがはっきり気配でわかりました。

身なりを整えているうちに、
「シャッ、シャーッ」
隣の個室のカーテンが開く音がしました。

「お待たせ」
「●●●・・・、●●・・」

ふたりの声が聞こえます。
すぐに遠ざかっていきました。
・・・何事もなかったかのように。

 

私は、まだ余韻でいっぱいでした。
個室から出て、横の返却カゴ(?)に試着したジーンズを戻します。
目で、探していました。
あの男の子の姿を・・・

います。
赤いネルシャツです。
レジブースに近い、棚のあたりからこっちを見ています。
パーカーを見ているらしき女の子といっしょです。
ネル君だけが、試着室から出てきた私のことを見ています。

どきどきしました。
緊張で息苦しくなります。
取り乱すわけにはいきません。

最後まで、何も気づいていないふりを演じるしかありません。
出口に向ってゆっくり歩きます。
彼との距離が近づきます。

(そんなに見ないで)

思わず叫びたくなるぐらいに、私の顔を見つめています。
恥ずかしくてたまりません。
頭の中で、さっきの自分の姿がフラッシュバックしてきます。

たった今、あの子にお尻の穴を見られてしまったのです。
彼の脳裏には、私の肛門の形や色が焼き付いているかもしれません。

(恥ずかしい。。。)

『汚いもの見せやがって』と思われてたらどうしよう・・・
『けつの穴なんか見せて、恥ずかしくねーのかよ』と蔑まれているかもしれません。

本当はけっこう委縮しながらも、平然とした表情をつくったまま、ネル君の前を通り過ぎました。
通り過ぎた背後から、彼の冷やかしが聞こえてくるような気がします。

心の中で、この『ドジな女』を笑っているかもしれません。
それとも、最後に私の『露わになったあそこ』まで目にしたことで、少しは興奮してくれたでしょうか。
(それで帳消しだよね。。。)

店を出て、駅に向かって歩きながら自分の心を静めました。

 

(PS)
他の人たちの投稿のように過激な内容じゃなくてごめんなさい。
刺激的な内容を期待なさる方には物足りないもしれないですよね。
でも、私は自身の体験をありのままにしか書く気はないですし、想像で話をつくりだすつもりもないので・・・。

現実はかなり難しいものです。
特に、あらかじめの計算なく『行き当たりばったり』の場合はそうです。
これでも自分では、あの状況で『よくあそこまでできたものだ』と思っているほどです。

数日たった今でも、思いだすとけっこう興奮します。
本文の中にも書きましたし、あらためて自分で書くのもなんですが、客観的にも『私』って絶対あんなことをするタイプじゃないんです。

もしも私の知り合いがこの投稿を読んで、それが『私』だと聞かされたとしたら・・・
でも、きっと誰もがそれを『私』のことだとは信じないだろうと思います。

そんな『私』が、男の子に、まる出しにしたお尻を向ける・・・
オナニーするときに、自分でもしょっちゅう頭の中で想像するシーンです。

そして、それを想像ではなく『実際に現実で』体験するときの興奮は並大抵のものではありません。
だって、まじめでおしとやかな『私』が、よりによって他人に肛門をお披露目するのですから。

私にとって、見られていちばん恥ずかしいのはお尻の穴です。
『あそこ』ではありません。
でも、最後の最後にはあのネル君に『あそこ』も見せてあげました。

よく見えるように、お尻を掻いて広げながら・・・
私の歪んだ自尊心の表れなのかもしれません。

ああいうときって、その場、その瞬間では、理性が悲鳴をあげて『もう無理』と崖っぷちの気持ちになるのですが、終わってみると精神的な揺り戻しがすごいんです。

こうやって、そのときのことを思い出しながら書いているだけでも興奮がよみがえってきます。
なんだか、またしたくて気持ちを抑えるのが大変です。

その気持ちを抑えるだけの理性は持ち合わせているつもりですが・・・
(いいお店をみつけちゃった)
という気もしちゃうし・・・

・・・でも我慢します。
あまり調子に乗ると危険ですから。

あとがきまで長くなってすみません。
皆さん風邪など引かずにお元気で。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
恭子さんですよね?

コメントを書く